【2022年最新】SEOとは?SEO対策や基礎知識についてわかりやすく解説!

SEO

SEOとは?SEOの意味やメリットをわかりやすく解説!

インターネットが広く普及している現代において、Webサイト制作・運営にあたっては、SEO対策の実施が重要です。SEOの知識を身に付けることで、自社サイトの集客・売上アップにつながります。

ただし、SEO対策はネット上にさまざまな意見があるため、正しい手順やポイントを押さえることが必要です。

この記事では、SEO対策の方法やメリットなどを紹介します。企業ホームページを運営しているWeb担当者・Webに関する専門性を身に付けたい中小企業の経営者などは、ぜひ参考にしてください。

1.【基本】SEOとは?SEOの手順

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略であり、「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジン最適化とは、GoogleYahoo!などの検索エンジンで、ユーザーにとって価値があるサイト・ページが自動的に検索順位の上位に表示される仕組みです。検索結果(SERP)で上位表示させるための取り組みを「SEO対策」と呼びます。

サイト・ページが検索エンジン上に表示される際は、コンテンツの内容や画像設定、リンクの貼り方など、さまざまな要素が複合的に評価されます。SEOは画一的に評価されるわけではないため、対策にあたっては一つひとつの手順を丁寧に踏むことが重要です。

SEOはSEMの一種で、デジタルマーケティングの一部であるWEBマーケティングの手法の1つであり、コンテンツマーケティングの手法の1つでもあります。

検索エンジンは他にもありますが、検索エンジンシェアを占めているGoogleに向けた対策をするのが基本です。

2.SEOを行うメリット

ここからは、SEOを行うことで得られるメリットについて解説します。

SEOの実施により得られるメリットのうち、特に効果が大きい点は集客面です。集客に成功することで、最終的には自社の売上アップにつながります。

SEOを行うことで得られるメリットは、主に以下の2つです。

2-1.広告費を抑えられる

SEOで上位表示されることで、オーガニック検索からの流入を増やすことができます。リスティング広告ディスプレイ広告などのGoogle広告と異なり、クリックされても広告費がかかりません。

SEOとリスティング広告の違いの1つでもありますが、広告費を抑えられることはメリットです。

2-2.コンテンツが資産になる

SEO対策を行いユーザーの役に立つコンテンツを作成することで、長期的にユーザーを集客できる資産となります。

WEBサイトの運営に、WordPressなどのCMSを使用している場合もあるかと思いますが、もしもの時に備えてバックアップを取り復元できるようにしておきましょう。

2-3.ブランディング効果がある

SEOで検索上位に表示されることは、ブランディングにつながります。ブランディングとは、他のサイトと差別化するための取り組みで、これと言ったらこのサイトというイメージを形成できます。

検索上位に表示されることで、ユーザーからの認知を高めたり印象をよくすることができます。結果的にお問い合わせや購入を獲得しやすくなります。

2-4.中長期的に集客できる

SEOは検索上位を獲得することで中長期的に集客できます。アルゴリズムのアップデートなどにより評価基準が変更にならない限り、大幅な順位変動は起こりません。

また、SEO対策で上位を獲得できた場合、関連したキーワードでも上位表示されることがあります。そのため、特定のキーワードで順位が下落したとしても他のキーワードは順位が下落しなかったり、逆に順位が上がることもあります。複数のキーワードで評価されることで中長期的なアクセスを見込むことができるようになります。

3.SEOを行うデメリット

SEO対策を行うことで得られるメリットは多いですが、事前に知っておきたいデメリットも存在します。デメリットについて正しく理解してから、実際にSEO対策を行うかどうかを決めるようにしましょう。

SEO対策を行う時に気を付けたいデメリットは、主に以下の2つです。

3-1.成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策は行ってもすぐに効果が出るわけではありません。

上位表示のためには長期的に施策を行っていく必要があるため、すぐに成果を出したい方にはSEOは不向きです。

3-2.アップデートによる順位下落リスクがある

Googleは、検索結果の表示基準であるアルゴリズムのアップデートを定期的に行っています

Googleアップデートの歴史を見ると、今までにパンダアップデートハミングバードアップデート健康アップデートヴェニスアップデートなど定期的にアップデートが開催されております。

アップデートによって評価基準が変わることで、今まで上位表示できていたとしても順位が下落してしまう可能性もあります

3-3.必ず順位が上がるとは限らない

順位を上げるためにSEO対策を行ったとしても、順位が上がらない可能性もあります。理由として、Googleがどう判断するかは実装してみないと分からないためです。

実装後に初めてGoogleがどう判断するかが分かるようになります。そのため、SEO対策を行ったとしても必ず検索上位に入れるわけではありません。結果が出るまで何度もトライ&エラーを繰り返す必要があります。

3-4.ペナルティリスクがある

Googleからガイドライン違反があると判断された場合、SEOの観点で悪影響がある可能性があります。ペナルティには自動と手動の2種類があります。

SEO対策を行ってもサイトの順位が上がらなかったり、インデックスがされない場合はガイドライン違反をしていないか確認するようにしましょう。。

4.SEOで検索順位が決まる仕組み

SEO対策を行うために、検索順位がどのような仕組みで行われているかを理解しておきましょう。

検索順位は、クローラーがWebページをクロールし、インデックスされた後にアルゴリズムによるランク付けが行われることで検索順位が決まります。

実際にどういった流れなのかを、Googleの場合を例にして説明していきます。

4-1.クロール

クローラーと呼ばれる検索エンジンのロボット(Googlebot)が、Webページを発見、巡回し、コンテンツや画像などのページ情報を取得することをクロールと呼びます。

検索結果に反映されるためには、まず最初に検索エンジンのロボットにWebページを発見、巡回してもらう必要があります。

世界中には膨大な量のコンテンツがあります。検索エンジンがクロールしやすいように、クローラビリティを改善することで巡回頻度が高まり検索エンジンから認識されやすくなります

4-2.インデックス登録

ウェブサイトをクロールした後に、Webページに関する情報をデータベースに登録することをインデックスと呼びます。

現在は、パソコン向けではなく、モバイル向けのWebサイトの情報を重視してインデックス登録するモバイルファーストインデックスが採用されております。

インデックスの確認をして問題なく反映されているかを見ておきましょう。インデックスされない原因があると、検索結果に表示されなくなってしまうので対応が必要です。

4-3.検索結果の提供

インデックスされたWebページは、検索エンジンのアルゴリズムによってランク付けが行われ、検索結果に提供されます。

ユーザーファーストな内容となっているかが重要となっております。

ランク付けに関して、BingはGoogleとは異なるアルゴリズムを採用しているため、BingのSEO対策が必要です。

5.SEOで重要なGoogleの考え

SEO対策を行うにあたって、Googleの考えを知ることは大切です。考えを知ることでGoogleがどのようなコンテンツを上位表示させようとしているかが分かります。

Googleの考えを反映した検索結果となるように、アルゴリズムのアップデートも行われているため、把握しておかないと、効果のない施策を行ってしまったりペナルティを受けてしまう可能性があります。

Googleの考えの中でも、特に知っておきたいことをご紹介いたします。

5-1.Googleが掲げる10の事実

Googleの考えを知るうえで把握しておきたいのは、「Googleが掲げる10の事実」です。

Googleが設立されてから数年後に策定されたリストで、この内容をもとにGoogleは運営されています。

  • 1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  • 2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  • 3. 遅いより速いほうがいい。
  • 4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  • 5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  • 6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  • 7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  • 8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  • 9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  • 10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

記載内容から、Googleはユーザーファーストを重視していることが分かります。

5-2.YMYL

次に知っておきたいのが、YMYLについてです。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略称で、お金や人生に大きく影響するテーマのことを指します。薬や病気などの医療テーマや、投資や保険などの金融テーマが含まれます。

YMYLについて記載しているページで、誤った情報を発信すると人生に大きな影響を与えてしまいます。そのため、Googleは情報の正確性を判断するために、E-A-Tと呼ばれる指標を重視しています。

5-3.E-A-T

YMYLの評価基準にもつかわれるものにE-A-Tがあります。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った造語で、ユーザーの検索意図を満たしているかの評価基準です。

発信されている情報が信頼できる情報なのかを判断するためにGoogleが重視しています。

5-4.不正行為の禁止

Googleの考えを遵守したSEO対策をホワイトハットSEOと呼ぶのに対し、ガイドラインに違反して、不正に検索順位を上げる行為をブラックハットSEOと呼びます。

ブラックハットSEOには、ワードサラダミラーサイトドアウェイページネガティブSEOなどがあります。不自然なキーワードの詰め込み行為も対象なので、キーワード出現率が不自然にならないように気を付けましょう。検索順位が下落したり検索結果から削除されるペナルティが課せられる可能性があります。

こういった不正行為をされた場合は、コピペチェックツールを使って調べたり、DMCA申請をしたりして対策を行う必要があります。

6.SEOで必要な施策

ここまでSEOとは何かについて解説してきましたが、ここからは実際にSEO対策とはどういったことをするのかに入っていきます。

SEO対策で行う施策の中には、内部施策・外部施策・コンテンツ施策の3つがあります。どれも重要な施策ですので理解して対策をしていきましょう。

6-1.内部施策

内部施策とは、名前の通りサイト内部に対して行う施策のことです。主に、クローラーの巡回を促すことと検索エンジンに向けてWebサイトの情報を適切に伝えることが目的です。

内部施策は多いため、クロール最適化・インデックスの最適化・その他の3つに分けて紹介いたします。

6-1-1.クロール最適化

クローラーにサイト情報を適切に認識させるためには、内部リンクタイトルタグh1タグなどもキチンと設定しましょう。descriptionも記載しておくことで検索画面で説明に反映される可能性があります。リンクにaタグを付けたり、画像にalt属性を設定するなどの細かいルールもありますので遵守しましょう。記述にはHTMLCSSJavaScriptを使用します。

検索エンジンにクロールしてほしくないページがある場合は、noindexnofollowを使用することでクロールできないように設定できます。グローバルナビパンくずリストアンカーテキストもクローラビリティの観点で重要です。

6-1-2.インデックスの最適化

重複コンテンツがあると、SEOで悪影響が懸念されます。canonicalタグを使用してURL正規化を行うことで対象が可能です。meta refreshは使用せず、301リダイレクトを使用しましょう。

UI/UXを意識したユーザビリティの高いサイト設計のために、ディレクトリ構造構造化データマークアップもやっておきましょう。正しく設定することで、強調スニペットとして表示される可能性があります。

6-1-3.その他

ウェブに関する主な指標であるコアウェブバイタルのために、LCP・FID・CLSを改善しましょう。画像は、次世代フォーマットの画像であるWebPにすることで、FCPを改善できます。直帰率を減らせます。セキュリティの観点からも重要なSSL化がされているかも確認しましょう。

モバイルユーザーの増加に伴いモバイル端末でのSEO対策も行う必要があります。モバイル端末で、自社のWebサイトを上位に表示させるための施策であるモバイルSEOも重要です。モバイルフレンドリーなサイトにするために、レスポンシブ対応モバイルユーザビリティも意識しましょう。

6-2.外部施策

外部施策とは、外部サイトからの評価を高める方法であり、代表的な施策として「外部リンクの設置」があります。

ただし、人為的な外部リンクの設置は、Googleからペナルティを受ける可能性があるため注意が必要です。あくまで、外部サイトの意向により自社サイトのリンクを掲載した場合が、被リンクの対象となります。スパムなどの悪質な被リンクはリンク否認ツールを使用してリンクの否認をしましょう。

被リンクはもちろん重要ですが、SNSやWebサイト上で引用や言及されているケースを指すサイテーションも、サイトの認知度や信頼性を測る指標となるため重要です。

外部対策は内部対策と異なり、意図的に充実させることは難しい傾向です。

6-3.コンテンツ施策

コンテンツ施策とは、コンテンツの中身を充実させることで、検索エンジンから評価を得る方法です。コンテンツSEOとも呼ばれます。

まずは、上位表示を狙うキーワードを選定します。最初から特定のキーワードに限定するのではなく、候補とするキーワードを複数挙げてください。キーワードを調べる際は、サジェストキーワードの確認や共起語などから関連キーワードを調べるツールの利用などがおすすめです。

次に、挙げたキーワードの検索ボリューム(一定期間におけるキーワードの検索者がどれくらいか)を調べます。検索ボリュームを調査する際は、「Googleキーワードプランナー」や「Ubersuggest」などのツールを利用してください。

検索ボリュームを調査したら、実際にキーワードを選定します。ただし、検索ボリュームが大き過ぎるビッグキーワードは競合が多く、その分上位表示が難しいため注意が必要です。反対に検索ボリュームが小さいスモールキーワードは閲覧するユーザーが少なくなってしまうため、検索ボリュームのバランスを考えてキーワードを選定してください。ライバルの多いキーワードで検索ユーザーを呼び込むために、ロングテールでニッチなキーワードを狙う手法もあります。

キーワードの選定が完了したら、検索意図を満たしたコンテンツを作りましょう。WEBライティングSEOライティングなど、コラムの書き方を意識しながら執筆するのがおすすめです。検索上位を狙うためには、執筆して終わりではなく定期的に記事を見直してリライトをする必要があります。

7.SEOの分析方法

SEO対策のために分析は必須 です。現状把握のためにはもちろん、施策の効果が出ているかを確認するためにも必要です。

Webサイトの分析はツールを使用して行うことができます。以下では、自分のサイトを分析するために導入しておきたいツールをご紹介いたします。

7-1.Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

Webサイトにどういったユーザーが来ているかを調査できたり、目標に対しての成果を確認することが可能です。アクセス解析の基本であるPVUUセッションCVCVRから、トラフィックの流入経路離脱率まで幅広いデータを収集することができます。

GoogleAnalyticsには、UAとGA4の2種類があります。UAは2023年7月1日に終了するため、新バージョンであるGA4の使い方も知っておく必要があります。

7-2.Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが提供しているインターネット検索の分析ツールです。

Google Analyticsでは見ることのできない、検索クエリの検索順位や表示回数などのデータを確認することができます。コンテンツがGoogleにインデックスされているかの確認も行えるため、サイトの問題を把握するために必須のツールです。

7-3.CANALY

CANALYは、株式会社グランネットが提供するSEOツールです。

SEOに詳しくない人でも簡単に分析が行えるように作られたツールで、改善施策から効果測定、進捗管理までを一元管理できます。

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleをかけ合わせた効果測定を行えるため、効率的に分析を行うことができます。

まとめ

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」のことです。具体的には、Google・Yahoo!などの検索エンジンにコンテンツが評価され、上位表示される仕組みを意味します。「潜在顧客を呼び込める」などの集客面で好影響を受けることが、SEOのメリットです。

SEOを実施する際は、「キーワードを選定する」「内部対策・外部対策を実施する」の2つの手順を踏んでください。ただし、SEOのメリットを得るためには、「ユーザーのニーズを追求する」などのポイントを押さえる必要があります。

ぜひ、本記事の内容を踏まえて効果的なSEO対策を実施し、Webでの集客・売上アップにつなげてください。

【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH