Webライティングとは?書き方の手順と伝わる文章にするコツ

SEO

Webライティングとは?書き方の手順と伝わる文章にするコツ

ホームページを見る人に商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えるためには、Webライティングの基礎知識が必要です。しかし、Web担当者の仕事を任されてから日が浅い人の中には、Webライティングの進め方や伝わる文章を作成するコツがわからない人もいるでしょう。

この記事では、自社のホームページやブログを運営する人に向けて、Webライティングの進め方とコツを解説します。Webライターに依頼することなく文章を作成し、自社商品・サービスの認知度向上や売上アップを図りたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.Webライティングとは?

Webライティングとは、PCやスマホ、タブレット端末などで読まれることを前提とした文章を作成することです。Webライティングをより細かく分類すると、セールスライティング・ノンセールスライティングに分けられます。

セールスライティング 商品などの販売を目的とした記事作成、Webコンテンツの制作
ノンセールスライティング 商品などの販売を目的としない記事作成、Webコンテンツの制作

セールスライティングは、コピーライティングやランディングページ制作で使用されることの多い手法です。

1-1.SEOライティング・紙媒体との違い

Webライティングは、SEOライティング・紙媒体のライティングと明確に異なるものといえます。

WebライティングとSEOライティングの大きな違いは、「誰のために文章を作成するか」です。Webライティングでは、ホームページを見る人(読者)のために文章を作成します。一方のSEOライティングは、SEO対策(特定のSEOキーワードで検索上位をねらうための対策)の一環として、主に検索エンジンのための文章を作成する手法です。

Webライティングと紙媒体のライティングの大きな違いは、文章の構成です。Webライティングでは、検索者の持つ疑問や悩みに対する回答から書き出すことが求められます。紙媒体では時間をかけて情報収集をする人も多いため、他の文章構成を選ぶことも可能です。

2.Webライティングの進め方

Webライティングをスムーズに進めるためには、正しい手順を把握してステップごとに進めることが大切です。ここでは、Webライティングの進め方をステップ別に紹介します。

(1)
ペルソナを設定する
ペルソナとは、商品やサービスを利用する典型的なターゲット像です。記事を読む相手の年代・性別・職業・性格・生活スタイルなどを具体的にイメージし、ペルソナを作成しましょう。
(2)
文章の構成を決める
ペルソナが関心を持つ情報・抱える悩みの解決策などを盛り込み、記事タイトルや見出しを作成してください。見出しを作成する際は論理の飛躍がないように順を追い、説明を進めることが大切です。
(3)
文章を執筆する
作成した見出しをもとに、文章を執筆してください。執筆を終えた後は誤字脱字や内容を再確認し、Webコンテンツを完成させます。自分自身で行うチェックのみではなく、第三者に読んでもらって最終確認を受ける方法もおすすめです。

文章作成の事前準備としてペルソナを設定することは、説得力の高いWebコンテンツを作成するために必須です。「女性向け」「男性向け」など大まかなくくりでターゲットを定め、文章作成を進めることは避けましょう。

3.【Webライティング】伝わる文章にするコツ

Webライティングにおける良い文章とは、読む人がストレスを感じることなく最後まで読み切れる文章です。商品やサービスの購入・認知度アップを図るためのホームページであれば、要点を適切に伝えて意図する反応を得ることも重要なポイントとなります。

ここでは、Webライティングにおいて伝わる文章を作成するためのコツを解説します。

3-1.SDS法やPREP法に則って結論を先に述べる

最初のコツは、SDS法・PREP法などのひな形を活用することです。SDS法・PREP法は、いずれも結論を先に述べる構成のひな形にあたります。Webライティングでよく使われるひな形を使用することで、Webライティングにおける良い文章をスムーズに作成できます。

SDS法・PREP法の詳細は下記のとおりです。

SDS法
  • Summary(結論)、Details(具体的な説明)、Summary(まとめ)の順番で文章を作成する手法
  • 文章の導線が短く、結論を素早く伝えたいときに有効
PREP法
  • Point(結論)、Reason(結論の理由)、Example(具体例)、Point(まとめ)の順番で文章を作成する手法
  • 内容を深堀りしやすく、結論を強く印象づけたいときに有効

検索エンジン経由でホームページにたどり着く人は、疑問に対する回答を早く知りたいと考えます。そのため、冒頭に近い部分で結論を最初に述べるように心掛けましょう。

3-2.中学生にも理解できる言葉で80文字以内に収める

伝わる文章を作成するためには、中学生にも理解できるレベルの言葉を使うことが推奨されます。専門用語を多用したり難しい漢字を使用したりすることは避け、わかりやすい文章を作成しましょう。

専門用語の使用を避けられない状況では、内容を噛み砕いて説明を加えると親切です。説明を加えることで読む人の対象が広がり、ペルソナにとって親切な文章を作成できます。

また、伝わる文章を作成するためには、1文を80文字以内に留めることが推奨されます。80文字を超える文章はスマホやタブレット端末では読みにくいため、2文に分けると良いでしょう。

スマホで見ることを前提としたWebライティングでは、1文を40文字以内に留めることが推奨されるケースもあります。ペルソナがどの端末からホームページを見るかをあらかじめ考えて、長さを調整してください。

3-3.箇条書きや表を活用して視覚的に読みやすくする

要点や手順を説明する際は箇条書き・表を使用し、視覚的な読みやすさを高めてください。文字のみを書き連ねたホームページは読みにくく、伝わる文章とはいえません。箇条書きや表を活用した部分は目立つため、読む人に対して「この内容は重要である」とアピールすることもできます。

読みやすさを高めるためのテクニックとして、改行を入れることも効果的です。2行から3行を目安に改行を入れることで、適度な余白が生まれて視覚的な読みやすさが高まります。

3-4.文字装飾や画像挿入で要点をわかりやすくする

最後のコツは、適度な文字装飾や画像・図・動画の挿入などによって、要点を強調することです。文字装飾を施す際には、要点のみを太字にしたり下線を引いたりすることにより、他の部分と差別化します。文字装飾をする箇所は、目立たせた部分のみを流し読みする方法でも、文章の骨格が伝わることを前提に決めてください。

なお、過剰に文字装飾した文章は読みやすさが低下します。太字にしたり下線を引いたりする箇所は適度に留めて、伝わりやすさを高めてください。

画像・図・動画は、文章のみでは伝えにくい内容を説明するために使用します。画像を選定する際には、下記のポイントを守りましょう。

  • 横長の画像を選ぶ
  • 文章の内容にそぐわないものを避ける

縦長の画像を使用することは、ホームページの表示に要する時間を長引かせ、読む人にストレスを感じさせる原因です。読む人のストレスを極力軽減するためにも、横長の画像を選択しましょう。

まとめ

今回は、Webライティングの進め方と伝わる文章を作成するコツについて解説しました。

Webライティングとは、PCやスマホなどから閲覧することを前提とした文章を作成することです。Webライティングで伝わる文章を作成するためには、結論を先に述べたり箇条書きや表、画像などを使用したりすることが大切です。

Webライティングのスキルを磨くことは、ホームページ経由の集客力を高めるための有効な手段といえます。Webライティングの基礎スキルをもとに日々の業務で経験を積み、自社のホームページを稼げるメディアに育ててください。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY