キーワード選定のやり方|選定の重要性や選ぶコツ3つも徹底解説!

SEO

キーワード選定のやり方|選定の重要性や選ぶコツ3つも徹底解説!

キーワード選定に初めて取り組む場合、まずは目的や正しい手順について知りたいと考える方も多いのではないでしょうか。キーワード選定は、SEO対策を施してアクセスを集める際に欠かせない作業です。

重要な作業であることから、キーワード選定をする際はポイントやコツを理解したうえで進めることが求められます。

今回は、キーワード選定の重要性や具体的なやり方などを解説します。キーワード選定のコツも解説するため、Webマーケティング担当者の方は参考にしてください。

1.キーワード選定の重要性

キーワード選定とは、ターゲットとなるユーザーが検索する可能性の高いキーワードを見つける作業です。キーワード選定が重要な理由は以下のとおりです。

〇Webサイトに載せるべき内容が明確となる

キーワード選定は、Webサイトに載せるべき文章や画像、動画などの内容を決める際に重要です。ターゲットとなるユーザーが検索しそうなキーワードを考えることで、ユーザーの悩みや必要としている情報がわかるため、Webサイトに載せるべき内容が明確となります。

〇Webサイトを検索エンジンの上位に表示し、アクセスを増やす

Webサイトを検索エンジンの上位に表示し、アクセスを増やしたい場合にも重要な作業です。

SEO対策では、競合他社のWebサイトと比較して、自社のWebサイトが有利な分野と不利な分野を特定する必要があります。キーワード選定をすれば、競合他社よりも上位に表示できると考えられるキーワードを見つけ、SEO対策を成功させることが可能です。

〇Webマーケティングの成果が計測できる

また、キーワード選定はWebマーケティングで取り組んだ施策の成果を計測する際にも重要です。キーワード選定で見つけ出した重要なキーワードについて、検索順位やアクセス数を計測すればWebマーケティングの成果が定量的に把握できます。

2.キーワード選定のやり方|各手順のポイントも

キーワード選定を効率的に進めるためには、正しい手順で行うことがポイントです。キーワード選定では、ツールを使ってキーワード候補をできるだけ多く出したあと、検索ボリュームなどのデータに基づいて対策するべきキーワードを絞り込みます。

キーワード選定の基本的なやり方は次のとおりです。

2-1.(1)シンプルな単体キーワードを策定する

上位表示を狙うキーワードのおおまかな方向性を定めるため、シンプルな単体キーワードを策定しましょう。単体キーワードとは、1語からなる検索キーワードのことです。

単体キーワードを策定する際は、自社の業界を表すシンプルな単語を考えます。たとえば、中古車の買い取りサービスを提供しているWebサイトの場合、「中古車買い取り」という単語は最終的に上位表示を狙うべき単体キーワードです。

単体キーワードは、複数の語句を組み合わせた複合キーワードと比較して、検索ボリュームが多い傾向にあります。また、単体キーワードは検索ユーザーのニーズが曖昧で特定しにくいことや、競合サイトが多く1位を狙いにくいことが特徴です。

そのため、実際にSEO対策を行うキーワードの多くは、単体キーワードをもとに派生させた複合キーワードとなります。

2-2.(2)ツールを活用してキーワード候補を出す

単体キーワードを策定したら、ツールを活用してキーワード候補を出しましょう。キーワードプランナーなどのツールを使用すれば、ユーザーの検索意図やキーワードごとの検索ボリュームがわかります。

キーワードプランナーを使用する場合、最初の手順で策定した単体キーワードを入力すると、関連性の高いキーワードを自動的にリストアップすることが可能です。

キーワードプランナーは実際に検索されたキーワードの情報をもとに関連語の候補を出力するため、アクセスが集まりやすいキーワードが見つけられます。

2-3.(3)需要があり上位表示が目指せるキーワードを絞り込む

ツールによって出力されるキーワード候補はボリュームが多いため、検索需要や上位表示できる可能性を確認し、優先的に狙うべきキーワードを絞り込みましょう。

ツールで表示される検索ボリュームが多いキーワードは、多くのユーザーによって検索されている需要の高いキーワードです。ただし、検索ニーズの高いキーワードは競合性も高いため、短期間での上位表示は難しい場合があります。

そのため、需要があり、なおかつ上位表示が目指せるキーワードを探すことがポイントです。また、検索ボリュームが少ない場合でも、意欲の高いユーザーが検索しそうなキーワードは絞り込んでおきましょう。

2-4.(4)再度検索ボリュームなどを調査して優先度を決定する

キーワード候補を絞り込んだら、検索ボリュームなどを加味して対策の優先度を決めましょう。検索ボリュームがある程度見込まれ、競合他社が弱いキーワードから優先して対策を行えば、自社サイトの表示順位を効率よく高められます。

上位表示しやすいキーワードから対策してアクセスが増えれば、SEO難易度の高いキーワードでも検索上位がとりやすくなる傾向です。対策の順序を誤るとアクセスが増えにくくなるため、キーワードの優先順位を決めてからWebマーケティング施策を実行しましょう。

3.キーワード選定のコツ3選

膨大な量のキーワードを扱う場合、キーワードの管理やコンテンツの作成に時間がかかりやすくなります。作業を効率よく進めるためには、準備段階でキーワードをカテゴリごとにまとめることが重要です。

また、選定したキーワードでの表示順位を定期的に確認することもポイントです。ここでは、キーワード選定における3つのコツを解説します。

3-1.キーワードの種類別にカテゴライズする

1つ目のコツは、キーワードを種類別にカテゴライズすることです。キーワードを分ける方法として、検索意図と検索ボリュームの2種類があります。

キーワードを検索するユーザーの意図は、情報収集、商品・サービスの購入、特定Webサイトへのアクセスにカテゴライズすることが可能です。検索意図によってキーワードを分類すると、優先度が決めやすくなります。

検索ボリュームによる分類では、ボリュームの大きいビッグキーワード、中程度のミドルキーワード、ボリュームの小さいスモールキーワードにカテゴライズが可能です。スモールキーワードのほうが簡単に上位表示できます。

キーワードをカテゴライズすることは、各キーワードの性質を把握する際に有用です。また、カテゴライズによってSEO戦略が立てやすくなります。

3-2.選定したキーワードをカテゴリ別・優先度別にまとめておく

2つ目のコツは、キーワードをカテゴリ別・優先度別にまとめておくことです。選定したキーワードは、表計算ソフトやクラウドツールを使って管理しましょう。

単にキーワードを並べて分類するだけでなく、各キーワードの検索ボリュームや、上位に表示されるサイトのURLも記載しておくとWebマーケティング施策に役立ちます。

3-3.順位の傾向を定期的に確認する

3つ目のコツは、検索順位の傾向を定期的に確認することです。検索エンジンのアルゴリズムは頻繫に変更されています。アルゴリズムが変更されると、上位表示されるWebサイトが変化することは珍しくありません。

Webサイトの表示順位が変われば、優先的に対策すべきキーワードも変わります。また、過去に作成したコンテンツの最適化作業なども発生するため、自社サイト順位や競合の状況を定期的に分析することが重要です。

まとめ

WebマーケティングやSEO対策において、キーワード選定はコンテンツ作成や現状把握のために重要です。キーワード選定の作業は、ユーザーからの検索需要が多いキーワードをツールで調べると効果的に進められます。

キーワードをユーザーの検索意図などでカテゴライズしてまとめることや、検索エンジンにおける順位の傾向を定期的に確認することが、キーワード選定のコツです。

Webマーケティング担当者の方は、この記事で解説した内容を参考にキーワード選定に取り組んでみましょう。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY