コンテンツマーケティングの実施とは?担当者が知るべき4つのメリット

Webマーケティング

コンテンツマーケティングとは?従来の手法との違いやメリットを解説
コンテンツマーケティングとは、ユーザーの求める情報を提供し、コンテンツの質を高めることで収益に繋げるマーケティング手法の一つです。コンテンツが資産となる時代となった今、コンテンツマーケティングの活用は企業のイメージアップにも役立ちます。
当記事では、コンテンツマーケティングの基礎から分かりやすく解説しています。コンテンツマーケティングのメリットや成功させるためのポイントも解説しているため、これからコンテンツマーケティングを始める人は、ぜひ参考にしてください。

1.コンテンツマーケティングとは|従来の手法やSEOとの違いも解説

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに向けて価値のあるコンテンツを提供し、ファンを増やして収益に繋げるマーケティング手法です。 Web記事や動画など、コンテンツの内容はさまざまですが、消費者の購買行動を促進することが目的となります。 現在ではコンテンツマーケティングが一般的となり、幅広い解釈がされています。コンテンツマーケティングの原点を生み出したアメリカの「Content Marketing Institute」は、コンテンツマーケティングの定義を下記のように定めています。
“Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.”

和訳: 「コンテンツマーケティングとは、適切で価値がある一貫性の高いコンテンツを作り、ユーザーに届けることに重点を置いたマーケティング戦略です。見込み客であるユーザーの興味を引き続けることで、利益に繋がる行動を促すことが最終的な目的となります。」

引用:CONTENT MARKETING INSTITUTE「What Is Content Marketing?」

コンテンツマーケティングの概念はアメリカで2000年代に生まれ、日本では2010年頃から徐々に注目されてきました。一時的に利益を上げるのではなく、ユーザーをファン化することで、中長期的に収益を上げ続けられる点が特徴です。 Webサイトやオウンドメディアを活用し、自社のサービスなどへの関心を高めることができるため、ユーザーニーズに合わせたWeb集客を期待できます。

1-1.従来の手法との違い

コンテンツマーケティングに対して、これまで使われてきた従来的な手法をアウトバウンドマーケティングといいます。
マーケティング手法の種類 サイトの内容
コンテンツマーケティング ユーザーが求める情報
アウトバウンドマーケティング 企業側が伝えたい広告
従来的な手法では、サイトを訪れたユーザーに対し、企業が広告メッセージを伝えることが一般的でした。 しかし、ネット検索の進化やスマートフォンの普及でユーザーが自分で情報を取捨選択できるようになったことから、押し付け型の従来的な手法は敬遠されるようになりました。 コンテンツマーケティングは、ユーザーが求める価値の高い情報を提供するため、ユーザーの満足感を高める手法です。良質なコンテンツを生み出し続けることでGoogleの評価を高め、資産価値の高いサイトを構築することが重要となります。

1-2.コンテンツSEOとの相違点

「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」は混同されやすい概念ですが、コンテンツマーケティングのほうが対象範囲は広く、媒体を問いません。
コンテンツマーケティング コンテンツSEO
施策の目的 ファンを増やすこと 検索順位の向上とサイト流入の増加
施策の対象範囲 あらゆる媒体 (オンライン・オフラインを問わない) Webサイト
コンテンツマーケティングは、ブログなどの良質なコンテンツを提供してファンを増やすことを目的とし、あらゆる媒体で実行できるマーケティング手法です。 一方で、コンテンツSEOは検索エンジンに限ったSEO対策の一種であるため、検索順位のアップとサイトへの流入だけが目的となります。

2.コンテンツマーケティングを実施する4つのメリット

コンテンツマーケティングは、適切に運用することで中長期的な利益が期待できる手法です。 コンテンツマーケティングで得られる成果は、従来型の広告手法では得られないものが多くあります。 ここでは、コンテンツマーケティングを実施する4つの大きなメリットについて解説します。

2-1.コンテンツの資産化で広告費用を抑えられる

コンテンツマーケティングは、広告費用を抑えて、継続的にユーザーを集客することが可能です。インターネットの普及と検索エンジンの効率化により、良質なコンテンツは価値ある資産となりました。 コンテンツの充実したサイトは、積極的にWeb広告の発信を行わなくても、ターゲットユーザーが自然と流入してくるため、長期的な集客に繋がります。 また、従来型の広告では、効果を得られる期間が限定されてしまう点がデメリットでした。コンテンツマーケティングでは、一つひとつのコンテンツの情報価値に期限がないため、コンテンツを充実させた分だけ、サイトの資産価値が高まります。

2-2.潜在顧客を獲得できる

コンテンツマーケティングは集客力が高く、潜在層の見込み客にアプローチできる点が強みです。コンテンツの充実したサイトには、有益な情報を求めて検索エンジンからさまざまなユーザーが訪れます。 しかし、従来型の広告手法では、同じボリュームのアクセスを集めるためには莫大な広告費用が必要となります。コンテンツマーケティングでは、低コストで潜在顧客を獲得できるため、コストパフォーマンスに優れています。 さらに、ユーザーの情報やサイトのアクセス数を分析することで、潜在顧客のニーズや、興味の高まる時期など、マーケティングに役立つ有益な情報が得られます。

2-3.コンバージョンの獲得に繋がる

コンバージョンとは、そのサイトが目標としている最終的な成果のことです。例えば、商品紹介ページであれば、商品の購入がコンバージョンとなります。 会員登録や問い合わせなどもコンバージョンの一種です。企業にとって適切なコンバージョンの獲得が利益に繋がります。 コンテンツマーケティングは広告を押し付けるのではなく、ユーザー自身が情報を求めてサイトにアクセスしてくるため、コンバージョンの獲得に繋げやすい点がメリットです。自然な形でコンバージョンの獲得に繋がり、効率よく収益をアップすることができます。

2-4.自社のブランディング効果が期待できる

Webマーケティングにおいて、自社のブランディングは重要なポイントです。コンテンツマーケティングは、自社の認知度と好感度を高め、ブランディングの成功に役立ちます。 これまで、ブランドイメージの確立には長い時間と膨大なコストがかかっていました。しかし、コンテンツマーケティングを上手に活用することで、コストをかけずにブランディングを行うことが可能です。

3.コンテンツマーケティングを成功させるためのポイント

コンテンツマーケティングは、中長期的な運用が前提の広告手法です。そのため、方針を間違えてしまうと、時間と労力だけをかけて効果の薄いメディアとなる危険性があります。 ここでは、コンテンツマーケティングを成功させるために、特に重要な4つのポイントについて紹介します。

●ターゲットの人物像(ペルソナ)を明確化する

ターゲットとなるペルソナを具体的に設定すると、ユーザーの悩みや求めているものがさらにイメージしやすくなり、コンテンツの充実に役立ちます。 ペルソナのニーズに合った情報を提供することで、信頼感がアップするため、自社メディアの作成には初期段階でしっかりペルソナを設定することが重要です。

●高品質なコンテンツを制作する

コンテンツマーケティングを成功させるためには、高品質なコンテンツを継続的に制作し続けることが絶対的な条件です。 内容の薄い低品質なコンテンツをいくら量産しても、施策の成果は上がりません。手間も労力もかかりますが、見返りも大きいため、コンテンツの品質にはできる限りこだわりましょう。

●ベストなタイミングでコンテンツを提供する

コンテンツの鮮度にはさまざまな種類があり、ベストなタイミングで提供することで、よりマーケティング効果が高まります。特にニュースやイベントに関するコンテンツは、速報性が重要です。 ユーザーのニーズに合わせて旬のコンテンツを提供するために、適切なタイミングの情報発信を心がけましょう。

●効果測定と改善を忘れない

コンテンツマーケティングは中長期的なスパンで運用していくため、定期的な効果測定と改善施策の実施が重要です。 アクセス解析ツールなどから得られる定量的なデータを基に、定期的にサイトの情報を精査して効果の測定を行います。また、効果測定から改善点を導き出して、サイトの修正やコンテンツの追加などを実施しましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを供給することで、ユーザーを収益に繋がる行動に誘導することができる画期的なマーケティング手法です。コストを抑え、中長期的な効果が期待できるだけではなく、自社のブランディングにも繋がります。 今後もコンテンツマーケティングの重要性はさらに高まると予想されるため、企業としては積極的に取り入れていきたい手法です。 これからコンテンツマーケティングを始めたい人は、メリットや成功させるためのポイントを踏まえて、自社に合った施策に取り組みましょう。
無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY