共‌起‌語‌と‌は?‌4‌つ‌の‌調‌査‌ツー‌ル‌と‌注‌意‌点‌も‌あ‌わ‌せ‌て‌紹‌介!

SEO

共‌起‌語‌と‌は?‌4‌つ‌の‌調‌査‌ツー‌ル‌と‌注‌意‌点‌も‌あ‌わ‌せ‌て‌紹‌介!

コンテンツSEOが重要視されている今、検索順位アップに「共起語」は欠かせません。共起語を適切に取り入れることで、良質なコンテンツを作成することが可能です。

当記事では、共起語の基礎知識と活用方法を解説します。SEO対策に役立つ共起語調査ツールや共起語の注意点もあわせて紹介するため、自社サイトの検索順位に悩んでいる人や、コンテンツSEOの効果を高めたい人は必見です。

1.共起語とは?

共起語とは、コンテンツ中で検索キーワードとともに使用される頻度が多い単語のことです。共起語を文章内に適切に取り入れることで、ユーザーにとってわかりやすく、有益なコンテンツとなります。

共起語と似た言葉に「関連語」というものがありますが、それぞれの役割は異なるものです。まずは、共起語と関連語の違いや、共起語がSEOにおいてなぜ重要なのかを解説します。

1-1.共起語と関連語の違い

共起語は、検索エンジンでユーザーの検索キーワードと一緒に表示されることが多い単語のことです。一方、関連語は検索キーワードからユーザーが連想する単語で、関連キーワードやサジェストキーワードとも呼ばれます。

例えば「ゴルフ」という単語で共起語と関連語を調べた場合、抽出される単語は、下記のとおりです。

「ゴルフ」の共起語と関連語
共起語クラブ(100) 買取(44) 中古(36) オンライン(30) 店舗(29) 練習(24) ショップ(24) 用品(24) 新品(23) 検索(21) ドライバー(19) 情報(18) サイト(17)
関連語クラブ 中国語 ボール シューズ ウェア 練習場 ルール

共起語の後ろの数字は、コンテンツ内の出現回数です。カッコ内の数字が大きいほど、コンテンツ内に頻出する共起語であることがわかります。

関連語は、検索ユーザーが何を求めているかを表す単語です。そのため、同じ「ゴルフ」を扱ったコンテンツでも、関連語の違いによって内容が異なります。

コンテンツマーケティングで記事を作成する際は、まず関連語からユーザーニーズを調べて記事の方向性を決めることがおすすめです。文中に関連語と共起語をバランスよく取り入れると、検索ワード上位を狙える良質なSEOコンテンツとなるでしょう。

1-2.​共起語がSEOで重要な理由

コンテンツを作る際は、関連語を重視する傾向がありますが、共起語もSEOで重要な役割を持ちます。共起語をうまく活用しているコンテンツは内容が濃く、ユーザーの満足度につながりやすいためです。

現在、Googleの検索アルゴリズムは「E-A-T」という指標に基づき、ページをランク付けしています。「E-A-T」とは、下記3つの頭文字をとった言葉です。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

Googleによってコンテンツの専門性・権威性・信頼性が高いと判断されたコンテンツは、検索上位にランクインする可能性が高まります。

共起語を意識して作成されたコンテンツは、読みやすさや情報の厚みが増すため、E-A-Tの指標が上がりやすい傾向があります。そのため、最新のSEO対策では関連語だけではなく、対策キーワードのひとつとして、共起語を意識したコンテンツ作りが注目されています。

2.​共起語の活用方法

ここでは、コンテンツSEOに欠かせない「共起語」を適切に活用するための方法を解説します。

〇記事コンテンツの方向性のヒントとして活用する

コンテンツを作成する前に共起語を抽出しておくことで、記事の方向性を決めることができます。どのような内容を含めるとSEO対策になるかが事前にわかるため、効率のよいコンテンツ作成に効果的です。

また、外注ライターに執筆依頼をする場合も、共起語を示すことで意思疎通ができます。発注する際に関連性の高い共起語の記載をすることで、発注側とライター側の意図のズレを防ぐことが可能です。

〇リライトの際に活用する

コンテンツがGoogleから低い評価を受けている場合、共起語をSEOキーワードに含めてリライトをすることで、ページの評価が高まる可能性があります。Googleの評価が低い記事は、ユーザーにとって価値がないと判断されているため、リライトが必須です。

リライトに共起語を取り入れる際は、SEOキーワードとして上位サイトにあって自社サイトにない共起語を取り入れると効果的です。他のサイトにない独自の情報が掲載されたコンテンツはGoogleからの評価がアップし、上位表示につながります。

3.​共起語が調べられるツール4選

共起語は自分で調べることもできますが、共起語を正確に調査するためには、ツールを使うことがおすすめです。現在は共起語を調べるツールが多く存在するため、自分が使いやすい共起語検索ツールを見つけられるでしょう。

ここでは、共起語が調べられるおすすめのツールを4つ紹介します。

3-1.共起語検索ツール

「共起語検索ツール」は、Googleの検索ワードで表示される上位30サイトを母集団に、共起語を抽出するツールです。人気コンテンツで使われている共起語がすぐにわかるため、SEO対策に役立ちます。

使い方は簡単で、検索窓にメインとなるキーワードを入れるだけです。Webページもシンプルでわかりやすく、会員登録も必要ありませせん。それぞれの共起語の出現回数も表示され、どの共起語が多く使われているかもわかるなど、初心者にも使いやすいツールです。

3-2.Find Word

「Findword」は、無料で使える高機能な共起語検索ツールです。ページのデザインは「共起語検索ツール」と似ており、検索窓にキーワードを入れる使い方も共通していますが「Findword」はURLも追加できる点が大きなメリットです。

検索時にキーワードとあわせて自分のサイトURLを入れると、サイトに足りない共起語を表示してくれます。上位サイトとの比較もできるため、コンテンツのリライトやSEO対策のテコ入れに最適なツールです。

3-3.ミエルカ

「ミエルカ」は、1,500社以上が利用するSEO分析サービスです。国立大学と共同研究を行い、精度の高い共起語検索ツールを提供しています。有料ですが、高機能で精度の高い調査が可能なため情報網羅性が高く、企業など本格的にSEO対策を行いたい場合は大いに役立つツールです

「ミエルカ」は共起語検索ツールだけではなく、コンテンツの課題を発見するための充実した機能が魅力です。また、CVにつながるキーワード予測機能やコンテンツ内容の著作権侵害を防ぐチェックツールなど、無料ツールにはない機能が多数搭載されています。

「ミエルカ」には無料トライアルもあるため、まずは実際に使ってみて、機能を使いこなせるか試すとよいでしょう。

3-4.Keywordmap

「Keywordmap」は、有料の高機能共起語分析ツールです。Webサイトへの流入を増やすためのコンテンツ作成がテーマとなっており、Webマーケティングに欠かせない詳細な分析を行うことができます。

「Keywordmap」では、上位ページの本文のみ文章を抽出して共起語を分析するため、より精度の高い共起語分析が可能です。さらに、それぞれの共起語の重要度を独自にスコアリングし、より効果的な主軸キーワードや共起語を見つけることができます

また、比較対象となる文章をチェックするキーワードツールも搭載されているため、自社コンテンツに足りない共起語や、関連ワードを確認したいときに最適のツールです。共起語の抜けをチェックして新たな検索ニーズを見つける際に役立つため、よりSEOに効果的なコンテンツ制作が可能となります。

4.​共起語を活用する際の注意点

共起語は良質なコンテンツを作成する上で重要なものですが、使い過ぎには要注意です。最後は、共起語を活用する際の注意点を解説します。

〇共起語を入れ過ぎない

まず注意したい点が、SEOライティングに共起語を入れ過ぎないことです。共起語を含め過ぎると文章がかえって不自然となってしまい、読んだときに違和感が生まれます。ユーザーにとって読みにくい文章はGoogle検索でも低評価となるため、共起語の入れ過ぎには注意しましょう。

共起語を違和感なく取り入れるためには、実際に文章を自分で声に出して読み、可能であれば第三者に読んでもらうことをおすすめします。

〇共起語はSEO対策に直結しているわけではない

共起語を使用する目的は、ユーザーのためになるコンテンツを作るためです。共起語はSEO対策に重要なポイントのひとつですが「共起語を入れる=SEO対策」というわけではありません。共起語の多用や乱用はコンテンツの質の低下を招きます。

共起語をうまく活用して質の高いコンテンツを作るためには、ユーザーの検索意図を十分に理解することが大切です。ユーザーの求める内容にマッチし、他のサイトにはない共起語を取り入れることで、重要性と独自性の高いコンテンツを作ることが可能です。

まとめ

コンテンツSEOにおいて、共起語は重要なSEO対策ポイントのひとつです。自社サイトの検索順位をアップさせるためには、関連語だけではなく共起語も積極的に取り入れていく必要があります。共起語を調べるためには、共起語検索ツールを使うと便利です。

共起語を活用する際は、共起語の入れ過ぎに注意しましょう。また、ユーザーの求める内容にマッチさせつつ、他のサイトにはない共起語を取り入れることがポイントです。

当記事で紹介した内容を参考に、共起語を活用し、独自のコンテンツを作成して検索順位アップを狙いましょう。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY