SEOとリスティング広告の違いとは?それぞれが向いているケースも

SEO

SEOとリスティング広告の違いとは?それぞれが向いているケースも

SEOとリスティング広告は、Webサイトの検索流入数を増やす効果的なWeb集客方法です。自社サイトの集客を目的とした場合、SEOとリスティング広告のどちらを選択するべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

SEOとリスティング広告は検索ユーザーに対するアプローチが異なり、成果が出るまでの期間や費用なども違いがあるため、使い分けることが重要です。

今回は、SEOとリスティング広告の違いを解説します。それぞれの特徴と違い、使い分ける方法なども解説するため参考にしてください。

1.SEOとリスティング広告とは?

まずは、SEOとリスティング広告について簡単な特徴を把握しておきましょう。

○SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略であり、日本語で「検索エンジン最適化」を意味します。Webサイトを検索アルゴリズム・検索ユーザー双方のニーズを満たすよう改善し、検索順位の上位に表示させる施策です。

検索上位のサイトはクリックされやすいため、SEOを実施すると訪問者数のアップが期待できます。検索結果で上位表示される各ページは、SEOを行っていると考えてよいでしょう。

○リスティング広告

リスティング広告とは、検索結果上部の広告スペースに表示される有料のWeb広告です。「検索連動型広告」とも呼ばれ、リスティング広告はキーワードを検索したユーザーに対して優位なポジションを確保できます。

ただし、リスティング広告を利用すれば常に広告が掲載されるとは限りません。キーワードが競合した場合はオークションが発生し、入札したクリック単価や広告の品質によって掲載される広告が決まります。

2.【項目別】​SEOとリスティング広告の違い

SEOはWebサイトの改善によって検索上位を獲得する方法であり、対してリスティング広告は広告掲載による直接的な訪問者数のアップを狙います。SEOとリスティング広告はさまざまな面で異なることから、違いをよく把握することが重要です。

ここでは、SEOとリスティング広告の主な違いを解説します。

2-1.成果が出るまでの期間

成果が出るまでの期間について比較してみると、リスティング広告のほうが短期間で成果を出せます。リスティング広告は簡単な設定を行うだけですぐに広告が掲載されるため、即効性が期待できる方法です。

対して、SEOは検索上位に表示されるまでWebサイトの改善を積み重ねる必要があり、即効性は期待できません。SEOを施しても検索エンジンによるサイト評価はすぐに更新されないことも、成果が出るまでに期間がかかる理由です。

そのため、SEOに取り組む場合は長期間の対策が前提となります。長期間の対策を行ううえで、内部SEO対策や記事追加・コンテンツ修正に多くの労力がかかることも知っておきましょう。

2-2.必要となる費用

リスティング広告は検索エンジンの広告枠を使用するため、運用するうえで費用が発生します。リスティング広告の料金体系はクリック課金型が主流であり、広告1クリックあたりの単価を設定して、クリック数に応じて広告費用がかかる仕組みです。

クリック単価を安く設定すると広告の掲載がされにくいため、キーワードごとの相場も考えて設定する必要があります。ビッグキーワードは競合しやすく、クリック単価が高くなりやすいため注意してください。

一方、SEOはWebサイトを改善する手法であり、自分で行えば基本的に費用が発生しません。サイトを改善するうえで人件費などの費用が発生するケースもあるものの、比較的低コストで行えます。

2-3.クリック率の高さ

クリック率の高さは運用する期間によって変動し、運用初期はリスティング広告の方が高く、長期的にはSEOの方が優れている傾向にあります。運用する期間でクリック率が変動する理由は、リスティング広告は即効性があり、SEOは長期的な視野で成果を出すためです。

運用初期ではSEOの成果が出にくく、検索結果上部に表示されるリスティング広告のほうがクリック率は高くなります。ただし、検索エンジンを使用するユーザーは広告を無視しやすいため、リスティング広告の全体的なクリック率は高くありません。

SEOを長期的に行って検索上位を獲得できるようになると、SEOのほうがクリック率は高くなります。さらに、クリック率が高くなるほど検索上位に表示されやすいため、SEOは高いクリック率を維持できることがメリットです。

2-4.設定の自由度

設定の自由度では、SEOと比べてリスティング広告のほうが優れています。リスティング広告はサービスの管理画面でさまざまな設定を変更できるため、自分が望むユーザーに広告を表示できることが魅力です。設定項目は広告表示させる検索キーワードから、性別・年齢などユーザー属性のターゲティング、広告内容まであります。

対して、SEOは表示するユーザーや表示方法などを細かく設定できません。そもそもSEOで対策する相手は「検索エンジンのアルゴリズム」と「人間であるユーザー」であり、設定変更によるコントロール性はあまりないと言えます。とくに検索エンジンのアルゴリズムは明確な仕組みが公開されておらず、突発的な仕様変更も行われるため、利用する場合は臨機応変な対応が必要です。

3.SEOとリスティング広告は併用・使い分けが重要!

SEOとリスティング広告はそれぞれ異なる性質を持ち、利用が適しているケースにも違いがあります。Webマーケティングを実践する際は2つをうまく使い分けながら、併用することが重要です。

ここでは、SEOとリスティング広告のそれぞれに向いているケースを紹介します。

3-1.SEOが向いているケース

SEOは長期的に運用すると高い集客効果を期待できます。長所を活かすために、SEOに取り組む期間はある程度長めに取りましょう。SEOが向いているケースは以下の2つです。

○潜在層の顧客にアプローチしたい場合

潜在層の顧客にアプローチしたい場合は、検索ニーズを満たせるSEOが向いています。潜在層の顧客はキーワード検索で情報収集を行っている段階であり、疑問・悩みを解決できるサイトでなければクリックしてもらえません。SEOは検索ユーザーのニーズに沿ってWebサイトを改善するため、潜在層の顧客がクリックしたいと思えるサイト作りができます。

○時間的な余裕がある場合

SEOはWebサイト改善のためにさまざまな対策が必要であり、成果が出るまでに時間がかかります。検索上位の獲得後は維持もしなければならないため、SEOは時間的な余裕がある場合に向いている方法です。

3-2.リスティング広告が向いているケース

リスティング広告は長期的なクリック率が高くないため、基本的にSEOと併用することがおすすめです。リスティング広告が向いているケースを2つ紹介します。

○サイトを作成して日が浅い場合

サイトを作成して日が浅い場合は検索上位の獲得が難しいため、SEOでは高いクリック率が期待できません。リスティング広告は検索結果の上部に表示されるため、サイト作成初期の集客におすすめです。リスティング広告をクリックするユーザーの傾向を調べることで、SEOに活用できる情報も集められます。

○短期間で成果を出したい場合

短期間で成果を出したい場合は、直接的な集客をできるリスティング広告が向いています。広告設定を行ってすぐに広告が表示されるため、購買意欲がある顕在層の顧客に素早くアプローチできる方法です。広告の掲載終了も素早く行うことができ、流行や季節的な需要のために広告運用したいときにも適しています。

それぞれの違いを把握したうえで、適したほうを選ぶことが大切です。

まとめ

SEOとは検索上位のためにWebサイトを改善することであり、リスティング広告とは検索結果の上部に表示される広告を指します。SEOとリスティング広告はさまざまな違いがあるため、併用・使い分けが重要です。

SEOは成果が出るまでに時間がかかるものの、長期的には高い集客効果を期待できます。一方でリスティング広告は費用がかかる反面、広告出稿が素早くできるほか、設定の自由度が高いことがメリットです。

SEOとリスティング広告の運用を検討している方は、SEO会社に相談することも検討してみましょう。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY