SEOで重要なE-A-Tとは?E-A-Tを高めるSEO対策

SEO

SEOで重要なE-A-Tとは?E-A-Tを高めるSEO対策

「E-A-T」を高めることは、Googleの検索品質評価ガイドラインにおいて、ページ品質の評価ポイントとして公式に最重要項目とされています。検索結果もE-A-Tの評価が順位を上下している可能性が高いと考えられており、WebサイトのSEO対策を行う上で欠かすことができません。

今回は、E-A-Tの各3つの項目において評価される内容の定義・基準と、SEO対策としてE-A-Tを高める方法を解説します。また、E-A-Tの向上につながる施策についても紹介するため、E-A-Tに関心がある人はぜひ参考にしてください。

1.Googleが重要視する「E-A-T」とは?

WebサイトのSEO対策において、「E-A-T」は非常に重要性の高い項目です。
E-A-Tは、3単語の頭文字を組み合わせた造語であり、Googleにおける検索品質評価ガイドラインで、ページ評価基準として定義されています。

E-A-Tが表す3つの単語は下記のとおりです。

Expertise Authoritativeness Trustworthiness
専門性権威性信頼性
Expertise 専門性
Authoritativeness 権威性
Trustworthiness 信頼性

まずは、E-A-Tのそれぞれで評価される内容について解説します。

1-1.専門性:特定分野に精通しているか

「専門性」とは、Webサイトが特定の分野において、高い専門性を確立していることです。Webサイトが専門性に特化しているか否かは、E-A-Tの評価基準でもっとも重要視される項目となります。

取り扱うジャンルをひとつに絞り高品質な情報を豊富に発信することで、Googleやユーザーからそのジャンルにおいて高い専門性を備えていると認識されるでしょう。

例えば「何でもあるシューズショップ」よりも「レディース専門」や「スニーカー専門」としたほうが、専門性が高く利便性の高いショップと判断されます。

1-2.権威性:他者から認められる人物か

「権威性」においては、コンテンツ内容だけでなく発信者自体が他者から権威性やブランド力があると認められているか否かも重要です。

医療関係であれば医師や病院、法律関係であれば弁護士などが運営するWebサイトがより権威性が高いと判断され、検索結果で上位表示が狙えます。

また、すでにGoogleから専門性が高いと認識されているWebサイトからリンクを貼られている場合も、Webサイトの権威性を高める影響が期待できます。

1-3.信頼性:確かな情報で間違いないか

「信頼性」では、ユーザーがWebサイトから発信された情報を元に行動しても問題がないか、信頼するに足る情報と言えるかが判断基準となります。

情報の正確性はもちろん、発信者の身元が明らかであるか、情報にかかわる資格を保持しているかといったことも信頼性を高める要素です。
憶測や仮定を基に書かれていないか、公的根拠が示された情報や体験者による情報かといったことが信頼性の評価に関係します。

2.SEO対策としてE-A-Tを高める方法

E-A-Tの評価基準を考えると、すでに功績を立てているその道の専門家が発信する情報のほうが、Googleからは高い評価を受けやすいと言えるでしょう。

しかし、特別な資格や知名度を持った専門家でなくとも、正しい対策方法を知り実践することでE-A-Tを高めることは可能です。

ここでは、E-A-Tそれぞれの要素を高める方法を解説します。

2-1.専門性:専門知識や独自の経験談を入れる

Webサイトのジャンルやテーマの方向性をひとつに絞り込み、専門的な知識や独自の経験談を盛り込むことで、専門性を高めることができます。

雑多な情報を浅く広く取り扱う雑記サイトよりも、ジャンルをピンポイントに絞りテーマを深く掘り下げることで、特化性の高いWebサイトを構築することが可能です。

Webサイトの専門性を高める方法として、選択したジャンルに関する専門知識を数多く発信することが望まれます。自らに専門知識がない場合は、専門家へ依頼したりインタビューをしたりすることで、専門性の高い情報を得られるでしょう。

また、Googleは「そのWebサイトでしか得られない情報」を高く評価する傾向にあります。掲載する情報自体は一般的な内容であっても、そこに独自の経験談や補足情報を加えることによって独自性や専門性を高めることが可能です。

2-2.権威性:被リンクやサイテーションを得る

情報の発信者に権威があることはもちろんのこと、被リンクやサイテーションを得ることによっても権威性が高まります。

被リンクとは、外部のWebサイトから自社のWebサイトに張られたリンクのことです。
サイテーションは、ネット上・SNS上で自社のWebサイトや自社に関連する事柄を言及されることを指します。

自社サイト自体の権威性が低くとも、すでに権威性の高いWebサイトや専門家から紹介されることで信頼性が担保され、権威性を高めることが可能です。
ユーザーにとって価値のある情報を発信し「このWebサイトを紹介したい」と思わせることで、好意的な被リンクやサイテーションの獲得へとつながります

2-3.信頼性:詳細な情報や引用文献を開示する

常に責任を持って正しい情報を公開する姿勢を示すことで、Webサイトの信頼性を高めることが可能です。

Webサイトの運営者情報や情報発信者名は、可能な限り詳細に開示しましょう。
詳細情報の開示は、コンテンツに対する責任のありかを明確にすることとなり、発信する情報の信頼性を高められます。メディア系やニュース系のWebサイトであれば、編集ポリシーを公開することも有効です。

また、情報源や引用元には専門性が高く、信憑性のある公的情報やWebサイト、文献などを使用しましょう。引用元や出典元を開示することによって、事実に基づいた情報であることの根拠を示せます。
医療情報であれば厚生労働省や医師会など、気象情報であれば気象庁の公式資料などが公的情報となります。

3.E-A-Tの向上につながる4つの施策

前述した方法以外に、下記の施策もE-A-Tを満たしたWebサイトづくりにつながります。

◯Webサイトの常時SSL化

Webサイトの正規のURLを「http」から「https」へ統一し、ネット上の通信を暗号化してセキュリティを高められる「SSL化」を行いましょう。
SSL化されているWebサイトはアドレスバーの左端に鍵マークが表示され、ユーザーからの安心感や信頼感につながります
ユーザー情報を守るためにもSSL化が推奨されており、Googleの評価を下げないためにも必要な設定です。

◯Googleマイビジネスの登録

Googleマイビジネスに登録することで、ユーザーへ自社の公式な情報を正確に伝えられるほか、投稿された口コミに返信することができます
また、ユーザーが自社の名前を検索した際、自社の住所や連絡先を提供できるだけでなく、公式のWebサイトへ誘導することも可能です。
登録の際にはGoogleからの認証が必要なこともあり、正式に登録されていることで信頼性の獲得にもつながります。

◯whois情報の開示

whoisとは、ドメイン名やIPアドレスといったWebサイトの運営者に関する情報のことです。whois情報を開示し、どのユーザーからも確認できるようにすることでWebサイトの信頼性を高めることができます
Webサイト構築を自社で行っていない場合は、whois情報が代行業者の名義になっている場合があるためチェックして対処しましょう。

◯構造化データの活用

構造化データとは、コンテンツで取り扱っている情報の分類を示すHTMLコードのことです。構造化データを活用することで、どのようなコンテンツを含んだWebサイトかをGoogleが判断しやすくなり、検索結果に反映されやすくなります
ただし、構造化データはHTMLに対する正確な知識と手間が必要となるため、あまり初心者向きではありません。利用する際は専門家に任せたほうがよいでしょう。

まとめ

WebサイトのSEO効果を高める対策として重要な「E-A-T」とは、「専門性」「権威性」「信頼性」の頭文字を組み合わせた造語です。
E-A-Tが高いWebサイトは、Googleからユーザーの有益性が高いサイトと判断されるため、検索順位の上昇が見込めます。

E-A-Tを高めるためには、Webサイトがひとつのジャンルに精通し、確かな情報を掲載したコンテンツを豊富に発信することが重要です。
多くのユーザーに支持されるコンテンツを制作し、Webサイト集客を成功に導きましょう。

KEYWORD

無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY