検索意図とは?調べ方からコンテンツ作成時のポイントまで

SEO

検索意図とは?調べ方からコンテンツ作成時のポイントまで

検索意図は、SEOやコンテンツマーケティングで成果を出すために重要な情報です。Web集客が思うように実現できず、SEO効果が得られないなどの悩みがある場合、検索意図を無視してコンテンツを作成している可能性があります。

質の高いコンテンツを作成するためにも、検索意図の種類や重要性はしっかりと把握しておきましょう。

今回は、検索意図の概要や種類、重要性について解説します。検索意図を調べる方法や、コンテンツ作成におけるポイントも併せて解説するため、検索意図について詳しく理解したい方は参考にしてください。

1.検索意図とは?

検索意図(インテント)とは、ユーザーが検索した際の目的や深層心理のことです。ユーザーが検索時に使用するキーワードを検索クエリといい、検索クエリに隠された情報を読み取ることで、ユーザーニーズの把握が可能です。

たとえば、「猫 種類 性格」という検索クエリの場合、検索したユーザーは猫を飼いたいと考えていて、猫の種類による性格の違いが知りたいという意図が想像できます。

検索意図の調査は、ユーザーが抱く疑問の解消につながるコンテンツを作成するためにも、必須の作業です。

1-1.検索意図の4つの種類

Googleの公式資料において、検索意図は4つの種類に分類されています。それぞれの種類の詳細は以下のとおりです。

○Knowクエリ

「知りたい」という意図を持つクエリです。情報収集や問題解決の際に用いられます。

【検索例】

検索ワード 検索意図
「バレンタイン 由来」バレンタインの由来について知りたい
「Webマーケティングとは」Webマーケティングについて知りたい

○Goクエリ

「行きたい」という意図を持つクエリです。行きたい場所があるとき、あるいは特定のサイトへ行きたいときに使われます。

【検索例】

検索ワード 検索意図
「バレンタイン イベント」バレンタインのイベントへ行きたい
「Google ログイン」Googleのログインページへ行きたい

○Doクエリ

「してみたい」「やってみたい」という意図を持つクエリです。自分で何かを行うため、「簡単」「セルフ」「方法」などの語句と組み合わせて検索されるケースが多い傾向にあります。

【検索例】

検索ワード 検索意図
「バレンタイン 手作り 彼氏」バレンタインに彼氏へ手作りのお菓子を贈りたい
「SEO対策 やり方」SEO対策を行いたい

○Buyクエリ

「買いたい」「申し込みたい」という意図を持つクエリです。商品・サービスの購入、予約やダウンロードを行いたいときに用いられます。検索結果画面では、リスティング広告が多く表示される傾向にあります。

【検索例】

検索ワード 検索意図
「バレンタイン 通販」通販でバレンタインギフトを買いたい
「ウイルスソフト 購入」ウイルスソフトを購入したい

検索意図によりユーザーの求める情報は異なるため、コンテンツ内にはクエリの種類に応じた適切な回答を用意しましょう。また、商品販売ページなどでは、Knowクエリを導入としてBuyクエリへ移行するようなコンテンツ戦略が必要です。

1-2.検索意図に応じた3つのクエリ分類

検索クエリ(検索ワード)もユーザーの検索意図から3つに分類することができます。

  • ナビゲーショナルクエリ(案内型)
  • トランザクショナルクエリ(取引型)
  • インフォメーショナルクエリ(情報型)

ナビゲーショナルクエリは案内型クエリとも呼ばれ、特定のウェブサイトを訪問したい意図を持っている時に使われるクエリです。例えば、「Googleマップ」で検索するユーザーは、Googleマップのウェブサイトに行きたいと考えていることが分かります。

トランザクショナルクエリは取引型クエリとも呼ばれ、商品の購入・資料請求・お問合せなどの取引を行いたい意図を持っているときに使われるクエリです。例えば、「飛行機 予約」と検索するユーザーは、飛行機のチケットを予約しようとしていることが分かります。

インフォメーショナルクエリは情報型クエリとも呼ばれ、情報収集をしたい意図を持っている時に使われるクエリです。例えば、「車 売却 方法」で検索するユーザーは、車の売却方法について知りたいと考えていることが分かります。

1-3.検索意図の重要性

Webサイトのアクセス数を増やすためには、検索意図を考慮したコンテンツ作成が必要です。

Googleは、ユーザーの検索ワードから検索意図を汲み取ったうえで検索結果を表示します。そのため、検索順位を上げるためには検索エンジンから「ユーザーニーズを満たしている」と判断される必要があります。

ユーザーの疑問を解消するだけではなく、「疑問を解決したあとにどのような行動をとりたいのか」を考え、ニーズを先読みすることも大切です。

2.検索意図を調べる3つの方法

検索意図に沿ったコンテンツを作成するためには、検索意図の調べ方を知ることが必須です。検索意図は形として表れないため、指標になる考え方や行動などを読み解いていく必要があります。想像力を働かせながら、ユーザーの立場になって考えましょう。

ここでは、検索意図の調べ方を3つ解説します。

2-1.サジェストキーワードを調べる

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力した際に表示される検索候補・予測変換のことです。

サジェストキーワードには、ほかのユーザーが実際に調べたキーワードが表示されます。検索頻度や関連性が重視されており、サジェストキーワードを見ることで「ユーザーが何に興味を持っているのか」がわかります。

同様に、関連キーワードにもユーザーの関心・興味が表れます。関連キーワードはアルゴリズムにより検索頻度・トレンド・関連サイトなどから抽出されるため、より幅広い情報を知ることが可能です。

2-2.上位表示されているサイトを参考にする

検索結果で上位表示されているサイトは、「検索意図を満たしている」と判断されたWebサイトです。上位ページに共通しているテーマや内容は、検索意図の把握に役立ちます。検索エンジンからの評価を上げるためには、参考にした項目を取り入れつつ、他サイトと差別化を図るオリジナルコンテンツを提供しましょう。

検索意図を理解するうえでは、共起語の分析も役立ちます。共起語とは、特定のキーワードと一緒に使用される語句のことです。共起語を多く含む文章は、ユーザーが求めている情報を正確に伝えていると判断されます。

上位表示されているサイトのコンテンツには、多くの場合で共起語が含まれています。情報の網羅性を高めるためにも、共起語を使用することは効果的です。上位記事から推測を行う、または無料の共起語抽出ツールを利用するなどの方法で共起語を把握し、検索意図の理解に役立ててください。

2-3.Q&Aサイトの内容を参考にする

Q&Aサイトは、ユーザーによって質問・回答が行われているため、ユーザーニーズが目に見えて表れます。ユーザー同士の会話は検索意図を把握する際に役立てるほか、コンテンツにオリジナリティを持たせたいときにも利用できます。ほかのWebサイトにはない独自性を加えたいときは、Q&Aを見ながらユーザーが求めている情報を考えてみましょう。

サイト運営者によって整理された文章ではなく、ユーザー自身の言葉を知ることにより、視野が広がるとともにユーザーニーズに対する理解が深まります。

3.コンテンツ作成で重視するべきこと

Web集客で成功するためには、検索意図を把握したうえでユーザーに求められるコンテンツを作成する必要があります。重視するべきポイントは以下の2点です。

○画像や動画を使用する

コンテンツ内に画像や動画を挿入することで、視覚的にわかりやすいWebサイトを作成できます。バーティカル検索やユニバーサル検索を参考にして、内容を考えることが効果的です。

バーティカル検索とは、検索ワードをショッピング・画像・動画などのカテゴリーで絞り込むことができる機能のことです。また、ユニバーサル検索とは、Webサイト以外の検索結果として表示される動画や地図などを指します。

バーティカル検索やユニバーサル検索に表れている画像・動画は、検索ワードに対して適切な内容であり、ユーザーに必要であると判断された情報です。表示された画像や動画を参考にしてコンテンツを充実させることで、中身の濃いページを提供することができます。

○ページの使いやすさを意識する

検索意図に沿った内容はもちろん、ユーザーが使いやすいと感じるサイトを設計することが重要です。

Googleは、ユーザーの利便性を第一とする「ユーザーファースト」を掲げているため、ユーザーが使いやすいページであることも評価の対象となります。テキストボリュームや内部リンクも含め、Webサイト全体の構成を考えましょう。

検索意図に対する回答と併せて、ユーザーが満足する内容や、ユーザーが新しい気づきを得られる記事コンテンツを提供することが大切です。

まとめ

検索意図とは、検索ワードに隠れたユーザーの目的や深層心理のことです。検索意図は、Knowクエリ・Goクエリ・Doクエリ・Buyクエリの4つに分類できます。ユーザーニーズを満たすコンテンツを作成するためには、検索意図の分析が欠かせません。

検索意図を調べる方法として、サジェストキーワードを調べる・上位表示されているサイトを参考にする・Q&Aサイトを参考にするといった方法があります。

コンテンツ作成では検索意図を満たした内容を考慮しつつ、画像や動画を使用して、ユーザーが使いやすいサイト設計を心がけましょう。

Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH