WordPressとは?基本機能・ブログとの違い・SEOに強い理由

サイト制作

WordPressとは?基本機能・ブログとの違い・SEOに強い理由

WordPressは、多くの会社のホームページ(Webサイト)で採用されている、信頼度の高いCMSです。しかし、Web担当者を任されて日の浅い人の中には、「ワードプレスとは何か」という部分から、ホームページの作成や運用に進めない人もいるでしょう。

当記事では、WordPress初心者に向けて、基本機能や仕組み、他のブログサービスとの違いを解説します。WordPressのメリット・デメリットや、内部SEOとの関係についても紹介するため、ホームページの運営を始める際の事前知識として、ぜひ参考にしてください。

1.WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとは、ホームページやブログの作成・運用に活用されるCMS(コンテンツ管理システム)の一種です。CMSとは、HTMLやCSS、Webデザインの基礎知識を持たない人が、自分自身のホームページやブログを運用できる環境を作るために活用されるツールを意味します。

WordPressは大企業や中小企業のホームページ、ECサイトの作成・運用など、さまざまな用途で活用されているCMSです。WordPressは、「2021年4月末時点において、世界中のホームページのうちの約41%に採用されている」といわれるほどの人気を誇ります。

出典:WordPress.com

1-1.WordPressの基本機能

WordPressを活用すると、下記のような機能を無料で使用することができます。

記事やページの投稿 管理画面から新規記事やページを作成し、ボタンをクリックするだけで公開することができる機能
ユーザー管理 管理者や編集者など、管理画面にログインするユーザーごとに権限を変更する機能
メディア管理 アップローダーを使用し、ホームページに画像を挿入したりギャラリーを作成したりする機能
プラグインによる拡張 プラグイン(WordPressの機能を拡張する追加プログラム)を使用し、問い合わせフォームや掲示板などを作成できる機能
デザインテーマによるカスタマイズ デザインテーマ(デザインテンプレート)を使用し、ホームページやブログの外観を簡単に変更できる機能

なお、プラグインやテーマは随時更新されるケースが多く、最新版へのアップデートが必要です。アップデートを怠るとセキュリティ上の問題が生じるケースもあるため、注意しましょう。

1-2.WordPressの仕組み

WordPressは、PHPプログラムによってHTMLファイルを生成し、MySQLというデータベースに情報を蓄積する仕組みです。インターネットブラウザから「ページを見せてほしい」と要求を受けたWordPressは、データベースに蓄積された情報から必要なものを探し、画面へと表示します。

HTMLファイルの見た目は、CSSによって制御される仕組みです。「文字を中央に寄せる」「フォントを変更する」などのカスタマイズを加える際にはCSSファイルを書き換えると、ねらい通りのデザインを実現できます。

1-3.WordPressと「ブログサービス」の違い

小規模なホームページを作成する際には、無料ブログサービスを活用する方法も検討されます。WordPressと無料ブログサービスの主な違いは、下記の通りです。

WotdPress 無料ブログサービス
デザインの自由度 高い低い
カスタマイズの自由度 高い低い
商用利用の可否 可能ブログサービスによっては不可能
独自ドメインの使用可否 可能ブログサービスによっては不可能
維持コスト サーバー代、独自ドメイン代などが必要有料プランにアップデートしない限り、無料

WordPressは、無料のブログサービスと比較して、柔軟性・汎用性の高いCMSです。商用利用も可能で、ブランドサイトやコーポレートサイトなど、さまざまな用途に対する使用が認められます。

2.WordPressのメリット・デメリット

WordPressでホームページやブログを作成する際には、公式ホームページで指定されたバージョンのPHP・MySQLに対応するサーバーが必要です。サーバー以外には、ドメイン取得業者と契約し、独自ドメインを用意しましょう。

サーバーやドメインの準備には一定の費用が発生するため、業者と契約する前に、WordPressを使用するメリット・デメリットを正しく把握する必要があります。

以下では、WordPressでホームページを作成・運営するメリット・デメリットについて解説します。

2-1.メリット

まず、WordPressのメリットを確認します。会社のホームページやブログにWordPressを採用するメリットは、下記の4点です。

  • 会社のコンセプトに応じたデザインのホームページを簡単に作成できる
  • インストール方法やホームページ作成方法に関する学習サイト、書籍が多い
  • スマホのアプリからでも、記事やページを更新できる
  • プラグインを導入し、ホームページの内容を充実させることができる

プラグインによって実現できる内容は、サイトマップの作成やSNSとの連携、問い合わせフォームの作成やショッピングカートの実装など、多岐に亘ります。プラグインを導入することによる拡張性は、WordPressを利用する大きなメリットの一つです。

2-2.デメリット

WordPressにはさまざまなメリットがある反面、いくつかのデメリットがあることもまた事実です。たとえば、下記のようなデメリットがあることを、頭に入れておきましょう。

  • HTMLのみで作成したホームページと比較し、表示速度が遅い
  • 定期的にWordPressをアップデートする必要がある
  • 電話やメールによる個別サポートを受けられない
  • セキュリティ対策が必要である

WordPressはオープンソースCMSであるため、ハッカーからの攻撃を受ける可能性が否めません。そのため、WordPressやデザインテーマ、プラグインの脆弱性対策を実施し、セキュリティを強化する必要があります。

3.WordPressが内部SEOに強い理由2つ

WordPressは、頻繁に記事やページを作成・更新する会社、複数人でホームページを運用する会社におすすめのCMSです。WordPressを活用すると、Web制作の専門知識を持たない担当者も、簡単に記事やページを作成・更新することができます。

また、WordPressは、内部SEOに強いCMSです。以下では、WordPressが内部SEOに強い理由を解説します。

3-1.検索エンジンがクロールしやすい

WordPressで作られているホームページは多いため、検索エンジンのクローラーにとって、なじみの深い存在です。そのため、クローラーは情報収集を進めやすく、検索エンジンに対して存在を認知させやすい特徴を持ちます。

また、WordPressの機能を活用すると、簡単に内部リンクの設置が可能です。クローラーは内部リンクをたどってホームページを巡回し、情報収集をスムーズに進められます。さらに、内部リンクを作ることにより、見る人のユーザビリティを高めることも可能です。ユーザビリティが高いホームページは検索エンジンの評価も高まり、SEO対策上のメリットが期待されます。

3-2.SEO対策用のプラグインが数多くある

SEO対策用のプラグインが数多くあることも、WordPressが内部SEOに強い理由です。SEO対策用のプラグインを活用すると、タイトルやキーワードを簡単に設定できます。

SEO対策用のプラグインの種類は豊富で、たとえば下記のような機能を持つプラグインがあります。

  • sitemap.xmlの作成
  • noindexの設定
  • canonical(カノニカル)の設定
  • robots.txtの設定
  • パンくずリストの設置

なお、プラグインは適切な設定を行って初めて、有効な内部SEOとして機能します。正しい知識をもとに適切な施策を実施し、検索エンジンに高く評価されるホームページを作成しましょう。

まとめ

今回は、WordPressの基礎知識を学びたい人に向けて、基本的な機能や仕組み、ブログサービスとの違いを解説しました。WordPressを使用してホームページを構築することにはさまざまなメリットが期待される反面、セキュリティ対策が必要など、いくつかのデメリットも伴います。

WordPressを使用することは、検索エンジンのクロールしやすいホームページを作成するための有効な手段です。SEO対策用のプラグインも上手に使用し、集客力の高いホームページを作成しましょう。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY