コンテンツSEOとは|メリット・デメリットから実施手順まで解説

SEO

コンテンツSEOとは|メリット・デメリットから実施手順まで解説

検索結果で上位を狙うためには、コンテンツSEOが重要です。コンテンツSEOに力を入れることで、集客アップや企業のブランディングにつながります。これからの時代、コンテンツSEOの重要性はますます高まっていくでしょう。

当記事では、コンテンツSEOのメリットやデメリットなどコンテンツSEOに関する基礎知識をわかりやすく解説します。コンテンツSEOについて知りたい人や、効果的な実施手順を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、検索エンジンにおけるSEO施策のひとつです。検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することで、検索上位アップを狙います。

かつて「ブラックハットSEO」と呼ばれる被リンクに頼った粗悪なページが、検索上位を占めている時期がありました。しかし、Googleのペンギンアップデートとパンダアップデートが実施され、今では被リンクに頼る方法は逆効果です。

Googleの検索アルゴリズムが高品質なページを評価するようになったため、現在のWebマーケティングはホワイトハットSEOが主流です。検索意図に沿った質の高いコンテンツを持つホームページが、上位サイトに表示される傾向が高いとされています。

2.コンテンツSEOの3つのメリット

コンテンツSEOは、検索キーワードで上位を狙うだけでなく、さまざまなメリットがあります。コンテンツSEOで得られるメリットは非常に大きく、多くの企業やSEO業者がマーケティングにコンテンツSEOを取り入れている現状です。

ここでは、自社サイトにコンテンツSEOを実施するメリットを解説します。

2-1.長期的なコストパフォーマンスに優れている

コンテンツSEOは記事の内容が優れているため、長期にわたってWebサイトにユーザーを呼び込むことが可能です。

リスティング広告の場合、一時的なアクセス数はあっても、広告掲載が終了するとユーザーの流入は止まります。しかし、コンテンツSEOは広告に頼らないため、Web上にページが存在する限り、永続的な見込み客が期待できる点が魅力です。

コンテンツSEOの中でも、特に価値が高く長期にわたって集客できるコンテンツを「エバーグリーンコンテンツ」と呼びます。エバーグリーンコンテンツのように、何年も集客できるコンテンツを増やすことで、サイト自体の価値を高めていくことが大切です。

2-2.集客力を安定化できる

コンテンツSEOは、安定した集客力が魅力です。コンテンツ一つひとつに集客力があるため、良質な関連記事が増えるほど集客が伸び、サイトの安定化が期待できます。

また、ライバルサイトや検索アルゴリズムの影響を受けにくいという点も見逃せません。良質なコンテンツを掲載していれば、ペナルティを受ける可能性も低いでしょう。コンテンツSEOに力を入れることで、外的要因に左右されることなく安定した集客を保つことができます。

2-3.ニーズを自覚していない潜在顧客に露出できる

コンテンツSEOの特徴のひとつに、検索流入以外の潜在顧客への露出があります。コンテンツSEOは記事内容が評価されるため、SNSでの拡散や外部サイトへの転載が期待できます。自分のWEBサイトの記事がほかの媒体に掲載されることで、狙ったユーザー以外の潜在顧客にもリーチすることが可能です。

コンテンツ力がないサイトは集客を広告に頼るしかなく、広告費も膨大にかかります。しかし、コンテンツが強いサイトは、ユーザーによる拡散が期待できる点が大きなメリットです。

記事の拡散によって被リンクが自然に集まれば、さらにSEO効果もアップします。まさに、企業ホームページには最適の施策といえるでしょう。

3.コンテンツSEOの2つのデメリット

さまざまなメリットがあるコンテンツSEOにも、デメリットは存在します。しかし、コンテンツSEOで得られるメリットの大きさを考えると、企業やサイトの成長戦略のためにコンテンツSEOは欠かせません。

コンテンツSEOを始める前に、デメリットについて知っておきましょう。

3-1.効果を出すまでに時間がかかる

コンテンツSEOは、効果が出るまでに時間がかかります。リスティング広告のように、出稿してすぐに効果が出ることは期待できません。効果を出すまでに最短でも数日から数ヶ月、サイトを立ち上げたばかりの場合は半年から1年程度かかることもあります。

Googleでは、集客力の高い人気コンテンツが多いほど検索順位がアップします。そのため、コンテンツ数が少ない時期はなかなか効果が現れません。コンテンツSEOを始めてすぐに結果が出なくても、地道に良質なコンテンツを増やしていくことが大切です。

コンテンツSEOで早く結果を出したい場合は、リスティング広告と併用するなど、別の対策が必要となります。地道にコンテンツを増やしつつ、さまざまなSEO対策を取り入れていきましょう。

3-2.コンテンツの作成に労力・費用がかかる

ユーザーニーズに応える良質なコンテンツを作成するためには、労力と費用がかかります。コンテンツSEOでは、コンテンツの質がもっとも重要な評価ポイントです。ユーザーが求める情報を網羅した有益なページを作ることは、そう簡単なことではありません。

ページ数を増やすためにコンテンツの質が下がると、コンテンツSEOには逆効果です。コンテンツは量より質を重視し、時間と手間をかけて作ることが大切です。専門性の高いWebページほど、ターゲットユーザーのニーズを満たすため、評価が高まります。

コンテンツの作成に労力と費用がかかる点はデメリットのひとつですが、手間をかけた分だけコンテンツSEOの効果はアップします。初心者でも、しっかり内容を作り込めばコンテンツSEOを成功させることは可能です。キーワード選定や競合サイト調査に力を入れ、ユーザーにとって価値のあるページを作りましょう。

4.コンテンツSEOを実施するための6つの手順

コンテンツSEOを実施する作業は、良質なコンテンツの作成と追加が基本です。実際にコンテンツSEOを実施していくために、具体的な手順を解説します。

(1)商品・サービスの分析

まずは、対象となる商品やサービスを分析しましょう。扱うコンテンツによって、ターゲットのニーズや目的が変わります。

例えば「パソコン」を対象としたコンテンツの場合、ノートパソコンとデスクトップパソコンでは全く異なる内容です。また、ユーザーの求める情報もさまざまで、ゴールも変わります。

  • 売れ筋の人気ノートパソコンが知りたい
  • ノートパソコンが入るおすすめバッグ
  • ノートパソコンの電源トラブル対処法

このように、同じ「ノートパソコン」という商品でも、ユーザーのニーズと目的の数だけコンテンツが存在します。ニーズに合ったページを作るためにも、商品やサービスの分析には積極的に力を入れましょう。

(2)キーワードのリストアップ

キーワード選定は、コンテンツSEOの重要なポイントです。キーワードプランナーなどのツールを活用し、効率よくキーワードをリストアップしましょう。自社の商品やサービスに関するキーワードだけでなく、競合コンテンツのキーワードも参考にしてください。

(3)競合コンテンツの分析

コンテンツを制作する際には、競合サイトの分析が必須です。競合サイトのコンテンツを分析することで、ユーザーの求める情報の傾向を掴むことができます。狙っているキーワードで検索し、上位表示されているページをチェックしましょう。

(4)コンテンツの企画・設計

キーワード選定や競合コンテンツの分析結果を元に、実際に執筆するコンテンツの企画と設定を行います。ポイントは、独自性の高さと記事のゴールを明確に設定することです。

例えば「保湿化粧水 おすすめ」の記事の場合、ユーザーの肌質に合ったおすすめの保湿化粧水を紹介し、商品の購買意欲を高めることがゴールです。ゴールに導くために必要な要素を、記事の構成に盛り込みます。

(5)コンテンツの作成

コンテンツを作成する際には、常にSEOを意識したライティングが必要です。キーワードは段落の前半に挿入する、代名詞を多用しないなど、SEOライティングにはさまざまなテクニックがあります。

特に、文章が冗長にならないよう気をつけることと、ユーザーのニーズを満たすことは常に意識しましょう。

(6)コンテンツの更新・リライト

まとめ

インターネットによる集客に、コンテンツSEOは欠かせません。コンテンツSEOに力を入れることで、潜在顧客の発掘や安定した集客にもつながります。効果が出るまで時間がかかるものの、良質なコンテンツは企業の財産です。

コンテンツSEOを強化するためには、キーワード選定や競合の分析に力を入れましょう。ユーザーニーズを最優先に考え、内容の濃い記事を書くことを意識することが大切です。当記事で紹介した内容を参考に、コンテンツSEOで検索上位を目指しましょう。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY