キーワード出現率とは|SEOにおける重要性と活用方法を紹介

SEO

キーワード出現率とは|SEOにおける重要性と活用方法を紹介

SEO対策に効果的なコンテンツを作ろうと、キーワード出現率を意識している方は多いでしょう。検索エンジンにおけるキーワード出現率の扱いは、アルゴリズムのアップデートともに変化しています。そのため、キーワード出現率について正しい知識を持つことは、SEO対策を考えるうえで重要です。

この記事では、キーワード出現率の重要性や、キーワードの出現頻度をチェックするためのツール、SEOに役立つキーワードの使い方について解説します。コンテンツマーケティングやメディア運営に携わっているWeb担当者の方は、キーワード出現率について理解を深めておきましょう。

1. SEOにおいてキーワード出現率は重要な指標ではない

キーワード出現率とは、Webページに書かれたテキストのなかで、特定のキーワードが含まれる割合を意味する指標です。Webページのテキストに特定のキーワードが数多く登場するほど、キーワード出現率が高くなります。

検索エンジンが普及し始めた初期の時代においては、SEO対策の観点でキーワード出現率が重視されていました。しかし、現在のSEOにおいてキーワード出現率は重要な指標ではありません。キーワード出現率の重要性が低くなった主な経緯は次のとおりです。

・キーワードを過剰に含むWebページがスパム扱いとなった

キーワード出現率を意図的に増やそうとすると、特定のキーワードを過剰に含むコンテンツになります。検索エンジンが普及して間もない時代においては、テキストの自動生成ツールなどを用いた不自然で価値の低いコンテンツが目立ちました。しかし、検索上位に価値の低いコンテンツが表示されることは、ユーザーやGoogleにとって不利益です。そのため、ページ内にキーワードを過剰に含めるSEO手法はスパム扱いとなりました。

・検索エンジンの精度が向上した

検索エンジンの改良によって、キーワード出現率の扱いは変化しています。正確な数値については諸説があるものの、SEO対策を行いたいキーワードの出現率は3%~6%程度が目安とされる時代が訪れました。現在ではさらに検索エンジンの精度が向上し、キーワード出現率以外の指標によってコンテンツ内容を評価・判断することが可能です。キーワード出現率よりも記事の品質やユーザーニーズへの対応が重要となったため、キーワード出現率を調整する重要性は低下しています。

2. 不自然なキーワード使用となるキーワードスタッフィングはNG

キーワードスタッフィングとは、キーワード出現率を意図的に調整する目的で行われるキーワードの詰め込み行為のことです。キーワードスタッフィングは検索順位の向上に効果がないだけでなく、ペナルティを受けるなどのリスクがあります。

キーワードスタッフィングとしてみなされる主な不正行為は次のとおりです。

・head部分のメタタグにキーワードを大量に書き込む

Webページのhead部分にあるdescriptionやkeywordなどのメタタグは、検索エンジンがコンテンツを判断する際の指標となります。しかし、メタタグに不自然に多くのキーワードを書き込むことは、キーワードスタッフィングとしてみなされるため逆効果です。

・ページ下部など目立たない箇所にキーワードを羅列する

Webページの最下部など、目立たない箇所に大量のキーワードを羅列する行為は、キーワードスタッフィングとしてみなされます。

・title属性やalt属性などにキーワードを羅列する

画像タグやリンクタグの属性を利用して大量のキーワードを羅列すると、不正行為とみなされる傾向です。title属性やalt属性には、ページの内容に沿った適切なテキストを入力する必要があります。

・ユーザーの目から見えない隠しテキストを使用する

文字色と背景色を同じにするなど、検索ユーザーの目から見えない状態にした隠しテキストによるキーワードの羅列も、キーワードスタッフィングの一種です。

2-1. 過剰使用を防ぐ目的で使えるキーワード出現頻度チェックツール

意図的な不正行為をしていない場合でも、特定のキーワードが過剰に含まれたWebページはキーワードスタッフィングをしているとみなされる可能性があります。そのため、Webページを作成する際はキーワード出現頻度のチェックツールを活用することが重要です。

キーワードの出現頻度を確認する際は、次のようなSEOツールが役立ちます。

・FunkeyRating

FunkeyRatingは、無料かつ登録不要で使用できるキーワード出現頻度チェックツールです。FunkeyRatingのページにアクセスし、チェックしたいページのURLまたは解析対象となるテキストを入力すると、キーワードの出現率が表示されます。

「ターゲットのキーワード」欄に単語を入力し、目標となる出現率を選んでチェックを実行することで、含まれる単語数の過不足を調べることが可能です。出現率が高すぎるキーワードが見つかった場合、何語削減する必要があるかも調べられます。

・高屋のSEO診断チェックツール

高屋のSEO診断チェックツールも、無料かつ登録不要で使用できるキーワード出現頻度チェックツールです。チェック対象のURLを入力することで、出現率の高い順にキーワードが表示されます。

3. SEOに役立つキーワードの使い方

キーワードの出現率にこだわったコンテンツ作成は、SEOの観点では無意味です。しかし、キーワードを意識することでコンテンツの質を向上し、ユーザーの検索意図に応えられるWebサイト作りが可能となります。

検索エンジンからの評価を高めるために役立つキーワードの活用方法は次の3つです。

3-1. タイトル・見出しにキーワードを盛り込む

Webページのタイトルや見出しは、アクセスするユーザーが「自分の知りたい情報が載っているページか」を判断する重要な指標となります。そのため、タイトルや見出しに適切なキーワードを盛り込むことはSEO対策において重要です。

タイトルにキーワードを含めると、ユーザーの求める情報が書かれていることをアピールできます。タイトルは検索結果画面に表示されるため、ユーザーの興味を引く文言にすれば、記事のクリック率やPV数の向上につながります。ただし、検索結果画面に表示されるタイトルの文字数には制限があります。そのため、対策したいキーワードはタイトルの前半に含めることがポイントです。タイトルの後ろにSEO対策ワードを含めると、検索結果画面に表示されない可能性があります。

また、見出しにも適度にキーワードを含めることが重要です。ユーザーの疑問に応えられる内容を考えたうえで、キーワードを含めた見出しを作りましょう。

3-2. 記事内にバランスよくキーワードを自然に盛り込む

ページタイトルや見出しのみならず、記事の本文中にもキーワードを盛り込むことはSEO対策として効果的です。

記事内にキーワードを盛り込む際は、全体に満遍なくキーワードを含め、バランスをとることで良質なコンテンツが作成できます。記事内の特定の見出しだけにキーワードが出現するなど、偏りが発生しないように注意して文章を作りましょう。

また、キーワードは自然に盛り込むことも重要です。一文中に複数のキーワードが出現したり、連続した文章がすべて同じキーワードで始まっていたりすると、ユーザーに不自然さを与えてしまいます。文章の流れに沿って、自然な形でキーワードを盛り込むことを意識しましょう。

3-3. 共起語・関連語・サジェストキーワードも自然に盛り込む

SEO対策を行うキーワードだけでなく、共起語や関連語、サジェストキーワードも自然に盛り込むことが重要です。

共起語や関連語とは、多くのページにおいて特定のキーワードとともに出現する、関連性の高い単語を表します。共起語や関連語を盛り込むことで、よりユーザーに役立つコンテンツ作りが可能です。

サジェストキーワードとは、検索エンジンに特定のキーワードを入力した際に、入力欄の下部に表示される検索ワードを表します。サジェストキーワードは多くのユーザーによって検索されているため、記事内に盛り込むことでユーザーニーズに応えることが可能です。

SEO対策を行う際は、ツールによって共起語や関連語、サジェストキーワードを調べたうえで、自然に盛り込みましょう。

まとめ

Webページのテキストにおけるキーワード出現率は、SEOへの影響が少ない指標です。かつての検索エンジンはキーワード出現率の最適化を重視していましたが、現在はページの内容が重要視されています。

キーワードが過剰に盛り込まれた文章は、ペナルティのリスクがあるため推奨されません。SEO効果を高める場合は、ユーザーニーズを考えてバランスよくキーワードを盛り込むことが重要です。起語や関連語を含む自然なコンテンツ作りに取り組み、自社サイトを上位表示させ、検索流入を増やしましょう。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY