SEOライティングとは?基礎知識と上位表示のテクニック6選

SEO

SEOライティングとは?基礎知識と上位表示のテクニック6選

ネットでの情報収集が主流である現代において、SEOライティングは重要度が高いポイントです。運営中のWebサイトやブログにSEOライティングを取り入れなければ、Googleなどの検索結果で上位表示を目指すことは難しいでしょう。

しかし、SEOライティングが具体的に何を指すのかわからず、頭を悩ませている人は少なくありません。

そこで当記事では、SEOライティングの基礎知識から上位表示につなげるテクニックまでを徹底的に解説します。

1.【基礎】SEOライティングとは?押さえたいポイント

SEOライティングとは、検索エンジンの検索結果で上位表示されるような文章を書くライティング手法です。

ネットで調べたいことを検索すると、膨大な数のWebサイトがヒットします。
ユーザーは、まず1ページ目に表示されたWebサイトからチェックし、さらに情報がほしい場合に2ページ目以降を見ます。

つまり、どれだけ情報量に優れた文章を書いたとしても、検索結果の上位に表示されなくては、ユーザーにアクセスしてもらえません。

SEOライティングで上位表示を目指す際は、以下の3つのポイントを意識しましょう。

1-1.ユーザーファーストを意識する

SEOライティングで非常に重要なポイントは、ユーザーにとって有益な情報をWebサイトに掲載することです。

代表的な検索エンジンのひとつであるGoogleでは、「Googleが掲げる10の事実」にユーザーファーストの重要性を記しています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Google「Googleが掲げる10の事実」

つまり、Googleが評価するのはユーザーファーストのコンテンツです。
Googleは書き手の「書きたい」気持ちより、読み手の「知りたい」気持ちを優先するため、書き手の気の向くままに書いた文章では上位表示を狙うことは難しいでしょう。

Webサイトのアクセス数増加を目指すなら、情報量や読みやすさなど、ユーザーにとって満足度の高いコンテンツに仕上げることが大切です。

1-2.検索キーワードに沿ったテーマにする

SEOライティングを行う際は、まず検索キーワードを明確にすることが重要です。

ユーザーは、疑問や不安などを解消するために検索しています。Googleはユーザーの利便性を何よりも重視しているため、ユーザーが検索した語句とは関係のないWebサイトを検索上位にランク付けすることはありません。

ユーザーに有益な情報を提示しているとGoogleから評価されるためには、検索キーワードに沿った内容を書くことが大切です。メインキーワードはもちろん、関連キーワードも積極的に使用しながら文章を構成し、ユーザーの問題解決につながるコンテンツを作成しましょう。

1-3.独自性を出して専門性を高める

競合サイトと同じような内容をWebサイトに掲載しても、ユーザーや検索エンジンに評価されません。場合によっては、競合サイトの真似をして作ったコピーコンテンツと判断され、ペナルティ対象となる恐れもあります。

競合サイトとの違いを明確にするためには、書き手ならではの経験談を盛り込むなど、独自性を打ち出すことが重要です。

また、複数のテーマを取り扱うのではなく、ひとつのテーマ・ひとつの検索キーワードに絞って専門性を高めることも効果的です。専門性を高めてより深い知識が得られるWebサイトになれば、競合サイトと差別化を図ることができ、検索エンジンの高評価にもつながります。

2.SEOライティングのテクニック6選|上位表示を目指すコツ

上位表示を目指すためには、ユーザーだけでなくクローラーの存在も意識すべきです。

クローラーとは、インターネット上を巡回し、必要なデータを収集するシステムを指します。クローラーに巡回してもらわなければ、Webサイトが検索結果に出てくることはありません。

そのため、クローラーが情報収集しやすいWebサイトを作ることが、検索順位を上げるコツとなります。

ここからは、上位表示につながるSEOライティングのテクニックを紹介します。

2-1.タイトルは検索キーワードを含めて32文字以内で作る

タイトルは、ユーザーの興味を引くという重要な役割を持っています。
タイトルをつける際は、必ず「検索キーワードを含めること」と「32文字以内に収めること」の2点を意識しましょう。

ユーザーの目線は左から動くため、検索キーワードをタイトル前方に持ってくると、ユーザーの目に留まりやすくなります。

また、タイトルが長すぎると、検索結果の一覧ページで途中から省略されてしまいます。
必死に検索キーワードを含めたタイトルを考えても、全文が表示されなければ、ユーザーへの訴求力が弱まります。
そのため、32文字以内を目安に魅力的なタイトルを作成しましょう。

2-2.hタグを正しい順番・構造で使用する

hタグは「見出しタグ」とも呼ばれる記事内の見出しのことです。
hタグを使って正しい見出しを設けることで、ユーザーやクローラーは記事の構造を把握しやすくなります。

hタグのつけ方は、「h」の後に数字を入れるだけです。h1は大見出し、h2は中見出し、h3は小見出しと、数字が増えるにつれて見出しが小さくなります。

数字を増やすことで多くの見出しを作ることができますが、内容を細分化しすぎるとかえってわかりづらくなる恐れがあります。

そのため、Webサイトに使用するhタグはh3の小見出しまで、多くてもh4までとすると、ユーザーの利便性とともにSEO評価も高くなるでしょう。

2-3.見出しや本文には共起語を入れる

見出しや本文に共起語を入れることで、検索キーワードとの関連性が高いコンテンツに仕上がります。

共起語とは、検索キーワードから連想されるキーワードのことです。
たとえば、「天気」を検索キーワードとするのならば、「予報」「気温」「雨雲」などが共起語となります。

特に、ブログやコラムなどのコンテンツには、リード文やまとめの段落が入ることが一般的です。リード文とまとめ段落は記事の入口と出口の部分となるため、共起語を積極的に使用することで全体の関連性が高まります。

また、共起語を使うことは、複数のキーワードを組み合わせて上位表示を狙うロングテールSEOの効果も期待できます。

2-4.こそあど言葉や代名詞を使わない

こそあど言葉は、ユーザーと検索エンジンを混乱させる恐れがあるため、極力使わないよう気をつけましょう。

こそあど言葉とは、「この」「その」「あの」「どの」といった言葉を指します。
書き手にとってこそあど言葉は便利ですが、読み手はこそあど言葉が指している物事を探しながら読まなければなりません。

また、検索エンジンには人間のような読解力がなく、こそあど言葉が指し示すキーワードを理解できないため、検索エンジンからの評価が下がります。

「これ」「その」「彼」などのこそあど言葉や代名詞はなるべく使わず、具体的な言葉に置き換えるほうが、ユーザー・クローラー双方に伝わりやすくなります。

2-5.本文内もHTMLタグでマークアップする

Webサイトのコンテンツを作る際、文章だけでなく画像や表を活用することもあります。

クローラーは人間のように文章と画像の違いを理解できないため、HTMLタグを使って文章構造を伝える必要があります。

本文内で使用することが多いHTMLタグは下記の通りです。
テキスト以外の要素を掲載する場合は、文章構造を伝えるHTMLタグを活用しましょう。

見出し <h1>~<h6>
段落 <p>
箇条書き <ol><ul>
引用 <blockquote>
リンク <a>
画像 <img>
<table>

2-6.ユーザーのニーズに端的に応える

SEOライティングで何よりも大切なのは、ユーザーのニーズを汲み取ったうえで、適切な回答を提示することです。

例えば、ユーザーが「副業 稼げる」と検索した場合、「数ある副業の中でどのような副業が稼げるのか」「副業でどの程度の収入が見込めるのか」が検索ニーズとなります。

にもかかわらず、Webサイトで副業の種類や特徴を解説するだけでは、検索ニーズを満たすことはできません。情報量を多くしようと長文を書き連ねても、ユーザーが求めている答えにたどり着くことが難しくなっていれば、ユーザーファーストとは言えないでしょう。

検索結果の上位ランクを目指したいときは、検索キーワードや共起語から検索ニーズを正しく理解し、ユーザーの要望に端的に応えるようにしてください。

まとめ

多くのユーザーが訪れるWebサイトを作るためには、SEOライティングが必要不可欠です。

SEOライティングの基礎を踏まえて、検索エンジンで高評価を得るポイントを押さえれば、検索順位の向上が期待できます。SEOライティングでは、タイトルのつけ方やタグの使い方など、検索エンジンに評価されるテクニックを駆使することも大切です。

読みやすい文章を書くだけでなく、ユーザーからも検索エンジンからも評価されるコンテンツを目指しましょう。

【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH