外部リンクとは?被リンクの増やし方やスパムサイトの見つけ方も紹介

SEO

外部リンクとは?被リンクの増やし方やスパムサイトの見つけ方も紹介

SEOで上位の検索順位を獲得するためには、上質なコンテンツを提供し続けることが基本となりますが、他にも内部対策・外部対策と呼ばれる技術的な施策が存在します。外部対策とは、端的に説明すると外部から自サイトに貼られるリンクを獲得することです。

上位表示競争で少しでも優位に立つために、外部リンクや外部対策について詳しく知りたい方もいるでしょう。

今回は、外部リンクの概要や種類・効果・重要性や、SEO効果が期待できる外部リンクを増やす方法を解説します。また、リスクとなる低品質な外部リンクを検出し、削除・否認する方法も紹介するため、自サイトの上位表示化を目指したい方や、ユーザーからも検索エンジンからも高評価を獲得したい方は、ぜひ参考にして下さい。

1.外部リンクとは?

外部リンクとは、別名「被リンク」とも呼ばれており、自サイトに対して外部から貼られるリンクのことです。外部リンクを獲得するための施策を「外部対策(SEO外部対策)」と言います。

良質な外部リンクを多く集めているサイトは、信頼性や人気が高いと検索エンジンからも評価されており、外部対策はSEO効果が見込める施策のひとつとしても重要な意味を持ちます。

外部リンクの種類・効果・重要性について、以下に解説します。

1-1.外部リンクの種類と効果

SEO外部対策における外部リンクには、以下の2種類があります。同じ外部リンクでもリンクの貼り方や効果が異なるため、違いを確認しておきましょう。

〇被リンク

自サイトに対して外部から貼られるリンクのことです。良質な被リンクを多く受けることで、検索エンジンからの評価を得ることができるため、SEO効果が期待できます。

ただし、質の悪い被リンクはSEO効果が期待できないだけでなく、ペナルティを受ける可能性もあるため、無意味なページを量産した被リンクは行わないようにしましょう。

〇発リンク

自サイトから外部のサイトに対して貼るリンクのことです。自サイトに適切に設置することでユーザーの利便性を向上できるため、SEO効果が期待できます。

ただし、ユーザーの導線が外部サイトへと移ってしまう可能性があるため、あくまで自サイトのコンテンツの質を向上させる目的で、適度に設置することがポイントです。

1-2.外部リンクの重要性

外部リンクがSEOにおいて重要である理由は、良質な被リンクを受けているサイトは、質の高い情報を発信しているサイトであると、検索エンジンから評価されるためです。特に、検索エンジンから評価されている、外部サイトからの被リンクを獲得することができれば、被リンクのSEO効果も高まります。

評価の高いサイトは検索結果においても上位に表示されるため、自サイトに訪れるユーザーを増やしてビジネスの成長に繋げることができます。

上質なコンテンツを投下し続けることが、SEOにおいて最も重要な施策であることは変わりません。しかし、現在の競争が激化したSEO業界で上位化を狙うためには、少しでも優位性を発揮するために外部対策にも尽力すべきと言えるでしょう。

2.SEOに最適な外部リンクを増やす方法

外部リンクにSEO効果を期待する場合は、良質な被リンクを増やして検索エンジンからの評価を高めることが重要です。

ここでは、良質な被リンクを増やすためのテクニックについて3つ解説します。外部リンクをSEOに役立てたい方は、ぜひ参考にして下さい。

2-1.有益なコンテンツの提供を続ける

有益なコンテンツの提供を続けることは、SEOの王道的テクニックであると同時に、良質な外部リンクの獲得にも繋がります。質の良い情報は他のサイトからも評価されやすいため、他サイトのオーナーがコンテンツをおすすめしてくれる可能性が高まるでしょう。

また、ユーザーの検索体験の向上に繋がるコンテンツの場合、自サイトのページと関連性の高い外部サイトへ発リンクを貼ることで、SEO効果を得ることが期待できます。

SEO対策はテクニックも大事ですが、コンテンツの上位表示にも、外部リンクの獲得にもコンテンツの質を重視することが基本です。そのため、有益なコンテンツ提供は継続するようにしましょう。

2-2.SNSを活用して自サイトを宣伝する

外部リンクをSEO対策に役立てたい場合は、SNSを活用して自サイトを宣伝することがおすすめです。SNSは情報拡散力が非常に高いため、SNSから自サイトへのリンクによるSEO効果だけでなく、バイラル拡散からのアクセス流入や外部リンク獲得も期待することができます

GoogleはSNS自体にSEO効果はないと発表しており、外部リンクとしてのSEO効果も明言されているわけではありません。しかし、外部リンクの一種としてSNSの効果性を実感している事例が多く認められており、今後公式な指標となる可能性は大いにあります。

少なくともバイラル拡散による恩恵を得ることは可能であり、リスクもないため、SNSによる自サイトの宣伝はぜひ実施しておきましょう。

2-3.サテライトサイトを作成する

サテライトサイトとは、自サイトとは別に立ち上げたSEO目的のサイトのことです。サテライトサイトを適切に活用することで、自サイトへの被リンクを増やしたり、自サイトの補助として活用してユーザーの検索体験を向上したりできます

ただし、低品質なサイトを量産してもSEO効果はなく、むしろペナルティを受ける可能性があります。サテライトサイトを作成する際は、下記の2点を意識しましょう。

  • サテライトサイト単体でも、上質な価値を提供しているサイトを作る
  • 本サイトと関連度の高い情報を取り扱う

かつては機械的に量産されたサテライトサイトで、上位表示が可能であったこともありますが、現在では完全にブラックな手法となるため行わないようにしましょう。

サテライトサイトも、単にSEO効果を目的とするだけでなく、有益なコンテンツを提供しているサイトを作成しましょう。

3.低品質な外部リンクの見つけ方&削除・否認する方法

現在のGoogleの方針では、外部リンクは量よりも質が重視されているため、外部リンクを増やすだけでなく、自サイトに貼られている外部リンクの品質をチェックすることも重要です。もしも低品質のリンクやスパムリンクが貼られていた場合、自サイトの評価が下がる可能性があるため、検出してリンクを削除・否認する必要があります

最後は、Googleが提供するツール「Google Search Console」を使用して、低品質な外部リンクの検出から削除・否認する方法までを紹介します。

■Google Search Consoleで外部リンクのメンテナンスを行う方法

  1. 1. 「Google Search Console」にログインして、「検索トラフィック>サイトへのリンク>詳細」の順にクリックします。
  2. 2. 自サイトが受けている被リンクのドメイン一覧が表示されるため、「このテーブルをダウンロード」をクリックして一覧をダウンロードします。ページ単位で取得したい場合は、ドメインをクリックして同様の操作を行います。
  3. 3. ダウンロードしたドメイン一覧(ページ一覧)をチェックして、不審なリンクやスパムリンクがないかを確認します。低品質なリンクを検出したら、メモ帳などにコピーしておきましょう。
  4. 4. 検出したリンクを否認するためには、サイト運営者にリンクの削除を依頼するか、リンクの否認ツールを使用します。連絡先が表示されない場合や削除が期待できない場合は、否認ツールを使用してリンクを否認します。
  5. 5.リンクを否認する場合は、テキストファイルに否認するドメインを1行ごとに記述してリスト化を行い、「utf-8形式」で保存します。
  6. 6. 「Google Search Console」内の「否認ツール」をクリックして、作成したテキストファイルをアップロード後、「リンクの否認」を押せば、低品質な外部リンクを解除できます。

まとめ

検索エンジンの進化により、量を獲得するだけの質の悪い被リンクは無意味となりました。しかし、SEOにおいて外部対策に取り組むことは、現在においても高い効果が期待できます。良質な被リンクを獲得することができれば、自サイトの信頼性も高まり検索エンジンからも評価されて、コンテンツの上位表示に繋げることができるでしょう。

近年では、有益なコンテンツの投下やサテライトサイトの作成に加えて、SNSを活用した外部対策にも注目が集まっており、検索エンジンの重要な評価指標となる可能性もあります。

SEOは外部対策も含めて、時流に合った施策に取り組むことが成果に繋げるポイントです。自サイトの評価を高め上位化を狙いたい方は、ぜひ今回の情報も参考に外部対策に取り組んで下さい。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY