リスティング広告とは?費用相場や運用方法・成功のコツを紹介!

Webマーケティング

リスティング広告とは?費用相場や運用方法・成功のコツを紹介!

リスティング広告は少ない予算から始められるWeb広告で、自社のWebサイトにアクセスを集めることが可能です。リスティング広告では広告を出稿するターゲットを細かく設定できるため、商品やサービスを購入する見込み度が高い人が集められます。

当記事では、リスティング広告の概要やメリット・デメリットや費用相場、運用方法について解説します。リスティング広告で集客を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、スマートフォンやパソコンで検索エンジンを利用している人に対して表示できるWeb広告のことです。リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、検索エンジンに入力された検索キーワードによって関連性の高い広告が表示される仕組みとなっています。

リスティング広告を使用すれば、商品やサービスを探している人や、何らかの情報を調べている人を、自社のWebサイトへ誘導することが可能です。

1-1.SEOとの違い

SEOとは、検索エンジンに自社のWebサイトが表示されやすくする対策を意味しています。Webサイトの構成やコンテンツを工夫することで、検索結果ページの上位に自社のWebサイトを表示させ、アクセス数の向上が可能です。

リスティング広告とSEOの主な違いとして、かかる費用とアクセスが集まるまでにかかる時間が挙げられます。

リスティング広告経由のアクセスには広告費がかかりますが、SEOで検索結果画面に表示されたページへのアクセスには広告費がかかりません。

また、リスティング広告は出稿した直後から検索結果ページの広告枠に掲載されますが、SEOの場合は対策をしてから上位表示されるまでに数ヶ月単位の時間がかかる場合があります。

2.リスティング広告を運用するメリット・デメリット

リスティング広告を運用するメリット・デメリットは、下記のとおりです。

メリット
  • ターゲットを絞ってアクセスを集められる
  • 少ない予算から始められる
  • 広告掲載期間や内容をコントロールできる
デメリット
  • 広告出稿の知識やノウハウが必要となる
  • 費用対効果の改善に手間がかかる
  • 認知の拡大には不向き

リスティング広告は検索キーワードを指定して出稿できるため、見込み度の高いターゲットに絞ってアクセスを集めることが可能です。

また、リスティング広告は予算を自由に設定できるため、少ない予算から始められます。広告を表示する時間帯や期間、広告文の内容をコントロールできることも、リスティング広告のメリットです。

一方、広告出稿に知識やノウハウが必要なことが、リスティング広告のデメリットとなっています。広告を出稿してから費用対効果を改善するためにも、広告運用のスキルや手間が必要です。

また、リスティング広告は検索エンジンの利用者のみに表示されるため、マスメディアのような幅広い認知の拡大には向いていません。

3.リスティング広告の料金システムと費用の目安

リスティング広告の料金システムはクリック課金制と呼ばれる仕組みで、広告がクリックされるたびに広告費が発生します。そのため、より多くのクリック数が発生するほど、より高い広告費の支払いが必要です。

リスティング広告が1回クリックされたときにかかる広告費は、広告を出稿する検索キーワードや広告の内容、競合する広告主が行った設定などによって決まります。広告を出稿する広告主が多い検索キーワードほど、1クリックあたりの広告費は高くなる傾向です。

検索キーワードと広告文の関連性が強く、広告の品質が高い場合は、安いクリック単価でも広告を表示できる可能性があります。リスティング広告の品質は、日々の運用で設定を改善して高めることが可能です。

リスティング広告にかかる1か月あたりの費用は、20万~50万円が相場となっています。ただし、適切な広告費用は業種や商材によって異なるため、自社に合った広告予算を決めることが重要です。

4.リスティング広告の運用方法を分かりやすく解説!

ここでは、リスティング広告の始め方と具体的な広告運用方法について解説します。

①「Google AdWords」「Yahoo!プロモーション広告」のアカウントを開設する

まずはリスティング広告を出稿するためのアカウントを開設しましょう。
Google AdWordsではGoogleの検索結果画面、Yahoo!プロモーション広告ではYahoo!の検索結果画面に広告を表示できます。

アカウントの開設は各サービスの公式ページから行うことが可能です。画面に表示されるやり方に従い、メールアドレスやパスワードの設定、広告費を支払うためのクレジットカード情報などを登録してください。

②ターゲットの人物像を明確に設定する

リスティング広告の設定作業を始めるにあたって、ターゲットの人物像を明確にすることが大切です。リスティング広告を使って自社のWebサイトに誘導したい人の属性や、検索エンジンを利用しているときの状況、ニーズや興味関心を考えて詳しく設定しましょう。

③予算を考慮しつつキーワードを選定する

次に、どの検索キーワードに対してリスティング広告を出稿するかを決めます。検索キーワードを選定するときは、ターゲットの人物像が抱えている悩みや探している情報をもとに考えると、スムーズな作業が可能です。

また、リスティング広告の運用ツールを使えば、1クリックあたりにかかる推定広告費を検索キーワードごとに調べられます。予算を考慮しつつ、広告を出稿する検索キーワードを選定しましょう。

④広告予算や配信媒体などキャンペーンを詳しく設定する

リスティング広告では、広告予算や配信媒体、広告を配信する地域や時間帯などが設定できます。アカウントの管理画面から、キャンペーンの内容を詳しく設定してください。

⑤商品・サービスのメリットが伝わる広告文を作成する

キャンペーンが作成できたら、広告文を作成しましょう。広告文では、検索エンジンで特定のキーワードを検索している人に対して、商品・サービスのメリットを簡潔に伝えることが重要です。

⑥キャンペーン・キーワード・広告文に問題がないかコンバージョントラッキングをする

リスティング広告では、設定した広告で集めたアクセスから、問い合わせや商品購入などのコンバージョンが発生したかを計測できます。

広告がクリックされていてもコンバージョンが発生していない場合は、設定に何らかの問題があると考えられるため、広告内容を改めて確認しましょう。

⑦作成した広告の分析と改善を繰り返す

作成した広告のクリック率やコンバージョン率などを分析し、改善を繰り返すことでリスティング広告の効果が高まります。広告文や広告のリンク先ページ、検索キーワードの選定などを調整して、効果検証を行いましょう。

5.リスティング広告を成功させるためのコツ

リスティング広告を成功させるための主なコツは、次の3つです。

  • 目標を具体的に設定すること
  • 広告設定は常に2種類以上をテストすること
  • 競合と差別化をすること

リスティング広告の運用では、目標設定が重要となります。リスティング広告を出稿することで何を達成したいかを明確にしましょう。

広告予算や獲得したいコンバージョン数、コンバージョン1件獲得に対して掛けられる広告費などの目標を立て、現状と目標のギャップを確認しながら広告管理を行ってください。

現状と目標のギャップを埋めるためのコツは、常に2種類以上の広告設定をテストすることです。1種類しか広告を出さなかった場合、広告効果を改善できません。2種類以上の広告設定を試して成果の良かった方を残すことで、目標達成に向けた改善施策が行えます。

また、競合の広告主と差別化することも、リスティング広告を成功させるために重要です。競合と似たような広告文では、目を引くことができません。競合の商品・サービスと比較した場合の自社の強みを、広告文や広告のリンク先ページでアピールしましょう。

まとめ

リスティング広告を使えば、検索エンジンを利用している人を自社のWebサイトに誘導することが可能です。リスティング広告はアカウント設定を行った直後から広告が表示されるため、SEOと比較して即効性があります。

広告を出稿する検索キーワードや広告文、リンク先ページなどの設定を改善することが、リスティング広告を成功させるポイントです。
自社のWebサイトにアクセスを集めて新規客を増やしたい方は、ぜひリスティング広告を導入してみてはいかがでしょうか。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY