強調スニペットとは?表示されるメリットと表示確率を高める方法4つ

SEO

強調スニペットとは?表示されるメリットと表示確率を高める方法4つ

Googleの検索結果にはさまざまなサイトが表示されますが、そのなかでも「強調スニペット」にサイトが表示されると、多くのアクセス数が期待できます。しかし、強調スぺニットの詳しい概要や、表示させる方法がわからない方は少なくありません。

強調スニペットに自身が所有するサイトを表示させるためには、Googleに選ばれるための仕組みを理解したコンテンツ作りが必要です。

今回は、強調スニペットの概要を解説します。表示されるメリットや表示確率を高める方法も併せて解説するため、強調スニペットのことを知りたい方は参考にしてください。

1.強調スニペットとは?

強調スニペットとは、ユーザーがGoogleで検索を行ったときに質問の答えとなる内容が、Webページの最上部に表示される仕組みのことです。強調スニペットは枠で囲まれており検索結果一覧よりも目立つため、ユーザーの注目を集められます。

強調スニペットの表示種類はさまざまです。ここでは、よくある強調スニペットの表示種類の例を紹介します。

1-1.強調スニペットの表示種類の例

強調スニペットは、Googleが質問の答えに適していると判断したWebページから文章や画像、タイトル、サイトへのリンクなどが掲載されます。
主な表示パターンは以下の5つです。

  • 文章
    質問(検索キーワード)に対する回答が、文章だけで表示されている強調スニペットです。例えば「りんごとは」と検索すると、科名や旬の時期、漢字表記など辞書に掲載されているような文章のみの解説が表示されます。
  • 文章と画像
    文章に加えて画像も一緒に表示される強調スニペットです。例えば「千円札の種類」と検索すると、過去に発行された種類と紙幣の画像が表示されます。ユーザーにとっては視覚で情報を得られるメリットがあります。

  • 強調スニペットは、文章ではなく表で表示されることもあります。例えば「検索エンジンランキング」と検索すると、2020年の上半期に利用された検索エンジンのランキングが確認できます。
  • 手順
    手順や方法のみがWebページから抽出されて表示されるパターンです。例として、iPhoneの設定方法や料理の手順などが挙げられます。リストタグを使って、手順をリスト形式で表示する内容が選ばれやすい傾向です。
  • 動画
    アーティストと楽曲名を検索すると、動画投稿サイトにアップロードされている楽曲の動画が表示されます。

1-2.ナレッジグラフとの違い

ナレッジグラフとは、検索結果一覧の最上部ではなく検索結果の右横に表示される情報のことです。ナレッジグラフは、複数のWebサイトから関連情報を抜粋して掲載するため、検索したキーワードの答えではない情報を得ることができます。

検索されたキーワードの意味を把握し、検索結果に順次反映されることも特徴です。

2.強調スニペットに表示されるメリット

強調スニペットには、検索ユーザーだけでなくサイト運営者にもさまざまなメリットがあります。ユーザーのメリット・サイト運営者のメリットは、それぞれ以下のとおりです。

〇ユーザーのメリット

ユーザーのメリットは、検索に対する回答をすぐに得られることです。知りたい情報が端的に表示されるため、複数のサイトを閲覧したりサイト内ページから情報を探し出したりする手間が省けます。

また、Googleは最適な回答を抽出するだけではありません。信頼性の高いサイトの内容を優先的に表示するため、信頼できる情報が得やすくなる点もメリットです。

〇サイト運営者のメリット

サイト運営者には2つのメリットがあります。

  • 検索流入が増える
    強調スニペットは検索順位が1位のサイトより上位に表示されるため、注目を集めやすい場所となりサイトへの流入増加が期待できます。例えば、スマートフォンで特定のキーワードを検索した場合、ファーストビュー(1ページ目)が強調スニペットのみというケースもあります。
  • クリック率、コンバージョン率が上がる
    強調スニペットに表示されるサイトは、「信頼性があるサイト」と認識してもらえます。ほかのサイトと比較して安心感が与えられるだけでなく、クリック率やコンバージョン率の増加や、SEO効果も期待できるでしょう。

3.強調スニペットに表示される確率を高める4つの方法

現在の強調スニペットはGoogleが判断してサイトを掲載するため、サイトの運営者側で設定する方法はありません。ただし、強調スニペットとして選ばれやすいコンテンツ対策をすることは可能です。

ここでは、強調スニペットに表示される確率を高める4つの方法を紹介します。

3-1.クローラーが理解しやすい構造にする

強調スニペットは、Googleのクローラーがサイトを巡回して選択します。そのため、下記の4点を徹底したうえで、クローラーにとってわかりやすいサイト構造にすることが重要です。

3-2.回答を意識したコンテンツを作成する

強調スニペットは質問の回答を掲載する場所であるため、回答を意識したコンテンツ作りが必要です。下記のポイントを押さえながらコンテンツを作成しましょう。

  • 断定的な表現を使用し、回答を明確にする
  • Q&A形式を採用し、質問と回答をセットで書く
  • 関連する情報や画像を挿入する

ユーザーが素早く質問の回答に辿りつけるよう、正しい日本語を使いましょう。強調スニペットに掲載される文字数は少ないため、簡潔でわかりやすくまとめることが大切です。

3-3.Googleのポリシーに準拠する

Googleのポリシーに違反するサイトは強調スニペットに選ばれないため、ポリシーに準拠したコンテンツ作りが必要です。Googleでは、強調スニペットについて公式的な見解が出されています。

下記の内容は強調スニペットに表示しない・含めることはできない内容となっているため、掲載しないように留意しましょう。

  • 露骨な性表現
  • 差別的な表現や内容
  • 暴力的な内容やコンテンツ
  • 有害で危険な内容のコンテンツや情報提供
  • 社会問題・医療問題・科学論争・歴史認識などで、広く合意が得られている内容と反しているもの

また、以前に強調スニペットとして表示されていた場合でも、ほかに適切な回答が見つかれば表示が変更される仕組みとなっています。強調スニペットに安定して表示させるためには、Googleポリシーに気をつけながら古い情報は新しい情報へ変更するなどの対策が必要です。

3-4.SEOで上位表示させる

強調スニペットは、信頼性・正確性・専門性・ユーザビリティの高いサイトから選ばれることが多くなります。強調スニペットに表示されるWebページの多くは、自然検索(通常検索)10位以内のサイトであるため、上位表示を狙ったSEO対策は必須です。

SEOで上位表示させるためには、キーワードや検索意図を意識してコンテンツを作成することが必要です。しかし、SEO対策にはさまざまな項目があり、自力で対策をすることは簡単ではありません。

必要に応じてSEOの対策会社などに相談し、良質なコンテンツの作成がスムーズに行えるように取り組みましょう。

まとめ

今回は、強調スニペットの概要に関して、表示されるメリットや表示確率を高める方法を解説しました。

強調スニペットとしてWebサイトの内容が掲載されると、サイトへの流入数やクリック率の増加が期待できます。強調スニペットに選ばれるためには、質問に対する適切な回答を掲載し、ユーザーにとってわかりやすいコンテンツ作りを心がけましょう。

また、Googleクローラーの仕組みやGoogleポリシーを理解したうえでの対策も必要です。自社での対策に限界を感じる場合は、SEOの対策会社に相談して効果的な対策を実践しましょう。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY