MEOとは?SEOとの違い・メリットデメリット・具体的な始め方

SEO

MEOとは?SEOとの違い・メリットデメリット・具体的な始め方

近年、スマートフォンの普及や検索エンジンの進化に伴い、インターネットで地域情報を検索するユーザーが増加しています。
このような背景から登場した、店舗型ビジネスを運営している方におすすめのインターネット集客の施策が「MEO(Map Engine Optimization)」です。

MEOは、店舗型ビジネスの新しい集客手法として大きな注目を集めています。
本格的に実施している店舗もまだ少なく、早めに取り組むことでビジネスの成長や競争優位性の発揮が期待できます。

今回は、MEOの概要からメリットとデメリット、さらに具体的なMEOの運用方法までを解説します。
効果的な店舗集客を行いたいと考えている店舗型ビジネスの運営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.MEO(別名:ローカルSEO)とは?

MEOとは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の略語で、Googleマップを活用した「ローカル検索」での上位表示を狙う施策を指します。
主に地域性のあるビジネスを対象とすることから、ローカルSEOと呼ばれることもあります。

Googleマップで地域情報を検索するユーザーは増価傾向にあるため、検索上位を獲得することは、店舗型ビジネスの集客やユーザーへの情報提供に非常に効果的と言えるでしょう。

1-1.SEOとの違い

SEOとMEOは共にGoogle検索で上位を目指す施策ですが、両者では上位化する対象が異なります。

以下は、SEOとMEOの特徴を簡単に説明した内容です。

SEO=Webサイトおよび各コンテンツを上位化する施策

MEO=GoogleマップおよびGoogleマイビジネス情報を上位化する施策

上位化する対象が異なるSEOとMEOは、施策の内容や必要となるコストにも違いが見られます。

また、SEOはどのようなビジネスに対しても有用性が認められることが特徴です。
一方のMEOは、Googleマップを上位表示させる施策であるという特性上、有用性が認められる対象は主に店舗型ビジネスであるという違いもあります。

1-2.ローカル検索の上位表示の仕組み

ローカル検索の順位は、SEOにおける通常のアルゴリズムとはまた別のアルゴリズムで決定されます。
効果的なMEO施策を行うために重要な知識となるため、確認しておきましょう。

○関連性

検索キーワードとの関連性は、最も重要とされる要素です。
ユーザーが検索したキーワードとの関連性が高い情報ほど、上位表示が期待できます。

○距離

ローカル検索特有の指標となる要素が店舗と検索ユーザーの距離です。
同じ検索キーワードでも、検索地点からより近い情報が上位に表示されます。

○知名度

知名度も検索結果に影響を及ぼす重要な指標となります。
知名度が高い店舗や施設ほど、上位表示されやすくなります。

2.MEOのメリット3選・デメリット2選

MEOはSEOとはまた異なる特徴を持っており、店舗型ビジネスの集客にもおすすめの施策です。しかしその反面、デメリットも当然存在します。
MEOの特性を最大限発揮してビジネスに活用するためには、メリットとデメリットの両面を把握しておくことが重要です。

ここからは、MEOに取り組むにあたって知っておくべき3つのメリットと2つのデメリットを解説します。

2-1.メリット①来店・利用の可能性が高いユーザーへの集客効果がある

地域性のあるビジネスの集客施策として効果性を発揮できることは、MEOを行う最大のメリットです。
MEOはローカル検索に大きく関係するという特性上、検索キーワードについても下記のいずれかで検索される場合が多い傾向にあります。

  • エリア×店舗名
  • エリア×業種名
  • エリア×サービス名

上記のような、地域系のワードで検索するユーザーは、検索したエリアでヒットした店舗を利用する意欲が非常に高いことが特徴です。
そのため、店舗情報が上位に表示されれば、高確率で来店に繋げることができます。

2-2.メリット②SEOよりも上位表示の確率が高い

Weマーケティングの主流となっているSEOは競争が非常に激しく、資本力のある大手企業や有力企業が上位を占めている状況となっています。
ローカルビジネスに分類される企業がWebサイトやWebメディアを作成しても、上位表示を獲得することは至難の業です。

一方でMEOの競合は、対象となる地域に存在する同業店舗のみとなり、SEOと比較すると圧倒的に少ないという特性もあります。
そのため、競合店舗よりも先にMEO施策を徹底することで、上位表示を獲得しやすいことが大きなメリットです。

2-3.メリット③低コストで対策できる

低コストで効果的な集客施策を行うことができる点も、MEOの大きなメリットです。

特定地域に展開するローカルビジネスの集客においては、大手ポータルサイトや集客媒体へ情報を掲載する手法がよく用いられます。
しかし、多くの店舗が同じ集客方法を行っているため、これらの媒体で目立つ場所に情報を掲載する場合は多くの広告費を支払う必要があります。

MEOであれば、専門業者にアウトソースを行った場合でも、媒体での広告費より安価に施策を行うことができます。
内部スタッフで施策を行うことで、さらにコストを抑えることも可能です。

2-4.デメリット①ネガティブな口コミを掲載される可能性がある

ユーザーの口コミを店舗の集客や信頼獲得に活かせることは魅力的ですが、時にはネガティブな口コミを投稿される可能性もあります。
ネガティブな口コミが多く掲載されると、集客や信頼性獲得に逆効果となるため注意が必要です。

MEOの技術ばかりにフォーカスするのではなく、施策と同時にお客さんに良い口コミを投稿してもらえるような、満足度の高いビジネスを行うことが重要となります。

2-5.デメリット②店舗・事務所がなければ行うことができない

MEOはGoogleマイビジネスの登録が必須であり、店舗や事務所の住所が必要となります。
住所を持たないビジネスの場合、MEOの施策を行うことはできません。
住所があれば施策の実施は可能ですが、MEOは基本的に特定地域を対象としたローカルビジネス向けの施策となります。

オンラインのみの通販や講座等のビジネスモデルに対しては、施策を実施しても直接的な効果が期待できない点に注意が必要です。

3.MEOの具体的な始め方|効果的な運用法も解説!

MEOは数あるWebマーケティング施策の中でも施策の難易度が低く、専門的な知識もそれほど必要としません。
店舗オーナーやスタッフが、自力で行うことも十分に可能です。

次に、これからMEOを始める方に向けた、具体的な施策の手順および効果性を発揮するための運用方法を解説します。

3-1.Googleマイビジネスでオーナー登録をする

Googleマイビジネスとは、ローカルビジネスの情報を登録することにより、多くの機能を利用できるサービスです。MEOを行うにあたり、必ず登録しておく必要があります。

Googleマイビジネスでオーナー登録を行う簡単な手順を、以下に説明します。

①Googleマイビジネス登録画面を表示する

Googleマイビジネスのページにアクセスして、「今すぐ開始」をクリックします。

②各項目を入力する

ビジネス名>カテゴリ>所在地・電話番号・Webサイトの順に、登録に必要な項目を入力します。

③オーナー確認を完了する

任意の方法で確認コードを受け取り、Googleマイビジネスに入力して、オーナー確認を完了します。

3-2.店舗情報を充実させる

Googleマイビジネスには、オーナー登録時に入力する項目以外にも、以下のようなさまざまな情報を設定することができます。

  • 写真・動画
  • 営業時間
  • 商品・サービス
  • 特徴

など

店舗情報の充実度は、検索エンジンからの評価やユーザーへの情報伝達に大きく影響するため、基本的に設定できる項目はすべて設定しておきましょう。
自店舗の情報を正確に入力するだけであるため、難しい作業も必要ありません。

特に、写真は検索結果にアイキャッチとして表示されるため、店舗のイメージアップや来店促進にも影響します。
店舗の外装・内装の魅力的な写真を設定しておきましょう。

3-3.口コミ・レビューを充実させる

Googleマイビジネスには口コミ投稿機能が搭載されており、店舗に来店してくれたお客さんの口コミを集めることで効果的な集客やブランディングに繋げることができます。

しかし、口コミはGoogleマイビジネスを登録しただけでは思うように集まりません。
口コミを充実させるためには、以下のような工夫を行って店舗側からお客さんに積極的に働きかけることが重要です。

①お客さんに口コミ投稿をお願いする

来店してくれたお客さんに口コミ投稿をお願いすることで、実際にアクションを起こしてもらえる可能性が高まります。
キャンペーンや特典を利用すると、より効率的に口コミを集めることができます。

②口コミに対してこまめに返信する

口コミを投稿してくれたお客さんに返信することで、投稿者だけでなく口コミを閲覧したユーザーに対しても好印象を与えることが可能です。
双方向コミュニケーションの活性化にも繋がり、集客や信頼獲得を加速することができます。

基本的な店舗情報はほとんどの店舗で充実されているため、口コミをいかに有効活用するかが競合店舗に差を付けるポイントとなります。
多少の労力は必要となりますが、その分大きなリターンも期待できるため、口コミの充実には積極的に取り組みましょう。

まとめ

ローカルビジネスを成長させるためには、いかに多くのお客さんを集めるかがポイントとなります。インターネットを活用した集客は積極的に活用されていますが、広告費がかさんで大きな負担となっている店舗は少なくありません。

比較的新しい技術であるMEOはまだ取り組んでいる店舗も少なく、低コストで効果的な集客に繋げることができる手法です。
先行して掲載情報や口コミを充実させることで、競合店舗に対しても大きくリードできる可能性があります。

ここまでの内容を参考に、MEOの実施を検討している店舗運営者の方は、今すぐ実践してみてください。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY