リッチコンテンツとは?注目される理由やメリット・デメリットなどを解説

SEO

リッチコンテンツとは?注目される理由やメリット・デメリットなどを解説

近年競争が激化するWeb市場では、よりよいコンテンツの提供やライバルとの差別化が重視され、音声や動画を使った「リッチコンテンツ」が注目を集めています。Webサイトの改善に取り組む中で「リッチコンテンツ」や「コンテンツのリッチ化」という言葉を耳にし、興味を持っている方も少なくないでしょう。

当記事では、リッチコンテンツのメリット・デメリットやリッチコンテンツの事例、SEO・Webマーケティングにおける重要性までを解説します。リッチコンテンツについての理解を深めて、自社サイトでの活用を目指しましょう。

1.リッチコンテンツとは?

リッチコンテンツとは、「リッチ(贅沢)」+「コンテンツ(情報・情報の内容)」を組み合わせたマーケティング用語です。動画や音声など大容量のファイルを使用するため、従来のコンテンツよりも幅広い表現が可能となっています。

リッチコンテンツは、ユーザー体験や訴求性の向上に効果的と言われており、近年ではマーケティング・ビジネスにおいて積極的に活用されています。

1-1.リッチコンテンツの現状

リッチコンテンツは、近年ますます注目度が増しています。従来はWebコンテンツと言えばテキストや静止画像が中心で、動画コンテンツでは通信速度が遅いFLASH動画が主流でした。現在はFLASH動画より快適に映像を視聴できるYouTubeの登場により、リッチコンテンツの中でも動画コンテンツの重要性が高まっています。

株式会社サイバーエージェントが行った調査によると、動画広告の市場規模は2021年時点で4,205億円でした。2023年時点では7,209億円で、2026年には1兆2,451億円に到達すると予測されています。

出典:サイバーエージェント「サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施」

動画広告市場の拡大には、スマホによる動画視聴時間の増加が背景にあると言われており、今後も動画を含むリッチコンテンツの発展が続くと考えられます。

2.リッチコンテンツが注目されている理由

リッチコンテンツが注目されている背景には、有用性・効果性の高さに加えて、以下のような環境が整ったことが挙げられます。

2-1.通信技術の環境整備

音声・動画を活用したリッチコンテンツは、多彩な表現ができる反面、データ通信量は大きくなります。従来ではデータ通信量の大きさに対応できませんでしたが、現在では大容量通信・高速通信を可能とするブロードバンドの普及に伴い、リッチコンテンツの活用事例が増加してきました。

今後はより発達した通信システム「5G」の時代が到来したこともあり、リッチコンテンツへの注目度はさらに高まっています。

2-2.スマホやタブレットの普及

スマホ・タブレットが爆発的に普及したことで、誰でも気軽にインターネットへアクセスできる環境が整ったため、検索ユーザーの端末はモバイルがPCを上回る勢いです。

コンテンツ閲覧のハードルが大きく下がったことも、リッチコンテンツが注目されている理由として挙げられます。

2-3.動画共有サイトの発展

YouTube・TikTokなどの動画共有サイトの発展により、動画コンテンツの作成や活用が容易になったことも、リッチコンテンツが注目されている理由です。今後も新たな技術やサービスの登場により、リッチコンテンツの在り方は進化していくでしょう。

2-4.Webサイトの均一化

内容の類似したWebサイトが競合し、サイトが均一化していることも理由の1つです。

近年は、商品のPRや情報発信を目的としたWebサイト・ブログが多数運営されています。検索画面での上位表示などの目的を持ってサイトを運営する場合、競合サイトと内容が類似し、テキストや静止画像のみでは差別化が難しいケースも珍しくありません。

しかし、動画や音声を含むリッチコンテンツを挿入すると、閲覧者の印象に残りやすく、直感的な体験ができるサイトを作りやすくなります。競合サイトと差別化し、自社サイトの個性をアピールするためにも、リッチコンテンツを取り入れることは大切です。

3.リッチコンテンツのメリット

リッチコンテンツが多方面から注目されている理由は、Webサイトを運営する上で大きなメリットがあるためです。ここでは、リッチコンテンツの代表的なメリットについて解説します。

3-1.商品やサービスをより詳しく説明できる

動画を主に活用するリッチコンテンツは、従来のテキストと画像で作成するコンテンツよりも幅広い演出や表現を行うことが可能です。

ユーザーの視覚だけでなく聴覚にも訴えられるため、商品・サービスについてより詳しく説明することができます。

3-2.ユーザーの興味や関心をひきつけやすくなる

リッチコンテンツを取り入れることで、ユーザーの興味や関心をひきつけやすくなります。動画や音声は、テキストや静止画像より表現方法が幅広く、多様な情報を提供できるためです。特に近年は動画広告の市場が急拡大しており、スマホで視聴できる動画に魅力を感じるユーザーが増えていると考えられます。

3-3.多彩な表現ができる

リッチコンテンツは、多彩な表現を実現できるところもポイントです。グラフィックやアニメーション、音楽などを盛り込むと、テキストや静止画像よりも豊かな表現が可能になります。

多彩な表現を取り入れたリッチコンテンツは、ユーザーに商品・サービスの使用感を想像させやすく、強いインパクトを与えられます。TVCMと比べると、制作コストを安く抑えやすいのもメリットです。

3-4.Webサイトの滞在時間を長くできる

音声・動画を活用したリッチコンテンツは、テキストコンテンツよりもユーザーの興味・関心を高めてアテンションを惹きつけやすい特徴を持ちます。Webサイト内で適切に活用することでユーザー体験が向上すれば、滞在時間が長くなる効果が期待できます。

3-5.企業イメージのアップにつながる

演出や表現の幅が広がるだけでなく、ユーザーが直感的に理解できる訴求力の高さも、リッチコンテンツの大きなメリットです。従来のコンテンツよりユーザーに与えるインパクト・効果性も高くなります。

良質なリッチコンテンツを作成すれば、企業イメージのアップや効果的なプロモーションへとつなげられます。

4.リッチコンテンツのデメリット

リッチコンテンツには、サイト改善に有用なメリットだけでなく、デメリットも存在します。リッチコンテンツを活用する際は、デメリットをカバーする取り組みも必要です。

ここでは、リッチコンテンツの代表的なデメリットについて紹介します。

4-1.制作コストが高い

動画・音声を活用するリッチコンテンツは、一般的なコンテンツよりも制作コストは高くなります。また、制作の手間や時間も多く必要となるでしょう。

制作コストの問題は、リッチコンテンツの特性上避けられないデメリットであるため、目的や得られるリターンを明確に意識した上で制作を検討することが重要です。

4-2.容量が大きい場合はユーザー体験を妨げてしまう

現代のインターネット通信回線は高速化が進んでおり、動画コンテンツやインタラクティブコンテンツがユーザー体験を妨げることはあまりありません。

しかし、リッチコンテンツのデータ容量が大きすぎる場合や、ユーザーの通信環境が整っていない場合は、Webサイトの操作や動作が重くなる可能性もあります。クオリティを損なわない配慮をしつつ、ファイル容量は最低限に抑えておくことがおすすめです。

4-3.デザインが音量によって不快感を与える可能性がある

リッチコンテンツが必ずユーザー体験を向上するとは限りません。デザイン・内容・音声によっては、ユーザーに不快感を与える可能性もあります。

ただリッチコンテンツを作成するだけではなく、ユーザーの視点に立って良質なコンテンツとなっているかを意識しましょう。

5.リッチコンテンツの種類

リッチコンテンツは、主に「動画コンテンツ」「漫画コンテンツ」「音声コンテンツ」の3種類に区分されます。ここからは、コンテンツの種類ごとの代表的な媒体と、企業による使用例を紹介します。リッチコンテンツ制作を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

5-1.動画コンテンツ

動画コンテンツとは、情報提供を目的として作られた動画全般を指します。動画コンテンツの媒体としては、「YouTube」「TikTok」が代表的です。

▼YouTube

YouTubeは、世界規模で高い人気を誇る動画共有サイトです。高品質な映像と音声を気軽に楽しめるところから、スマホユーザーの支持を得ています。

Webマーケティングの観点では、広告の費用対効果が高く、対象ユーザーを絞って広告を配信できることがメリットです。広告に興味を持ったユーザーを追跡できるため、リマーケティングにも効果を発揮します。

▼TikTok

TikTokは、若者を中心に高いシェアを獲得している動画SNSアプリです。短い動画を投稿でき、150以上の国と地域でサービスを展開しています。

TikTokでは、BGM付きの動画形式でWeb広告を配信します。プロモーション動画でも、ユーザーの興味・関心を得られれば、コンテンツとしてSNS上での拡散を狙えることがメリットです。

料理レシピ動画サービスのクラシルでは、掲載している全レシピの調理手順を動画付きで解説しています。動画で実際の調理過程を確認できるため、テキストベースの記事よりも直感的に料理ができます。レシピ自体に画像を挿入せず、サイトの表示速度が遅くならないよう工夫している点も要チェックです。

5-2.漫画コンテンツ

漫画コンテンツは、漫画を取り入れた日本ならではのリッチコンテンツです。画像の中で複数のコマを使って内容が展開するため、静止画像よりストーリー性に優れており、動画に近いコンテンツを提供できます。画像としてサイトに掲載するので、通信環境・通信容量などの都合で動画再生を制限している方に、広告を見てもらいやすいところもメリットです。

漫画を用いるとテキストより情報を分かりやすく伝えられる上、ユーザーが目を通す際の抵抗感を減らす効果も期待できます。ユーザーが登場人物を通して商品やサービスの効果を擬似体験することで、広告の訴求力が上がる可能性もあります。

医薬の分野で製品の開発・提供を行っている協和キリン株式会社では、2013年から抗体や免疫の仕組みを解説するWeb漫画の配信を開始しました。漫画を通じて免疫システムに関する理解を広め、創薬の可能性や意義を共有することを目的としており、1stシーズンは22万以上の訪問者数を記録しています。

医薬のように、テキストだけでは内容を理解しにくい分野でも、ストーリー性のある漫画を利用すると多くの方に情報を気軽に届けられます。

5-3.音声コンテンツ

音声コンテンツとは、音声を通じて情報や制作物を配信するコンテンツ全般を指します。音声コンテンツを配信する方法としては「Podcast」が代表的です。

▼Podcast

Podcastは、音声や動画データをインターネット上で配信する手段またはサービスを指します。他の作業と並行しながら音声を聞けるので、多忙な方やテキストコンテンツを見る習慣のない方にも情報を届けられます。特に保険やイベントコンテンツなど、形のない商品・サービスの広告に適しており、視覚では印象に残りにくい商品のイメージを、言葉でリスナーに刷り込むことが可能です。

阪急うめだ本店では、「おうちラジオby阪急うめだ本店」という音声コンテンツで、暮らしのヒントやイベント情報などを配信しています。リスナーの興味をひく内容に加えて、毎回異なるゲストを呼ぶといった工夫が音声コンテンツを充実させるポイントです。家事や作業の合間に聞ける音声コンテンツを活用して、リスナーに商品を使っている姿をイメージさせ、購買行動を促すのに成功しています。

6.【年代別】リッチコンテンツの事例

リッチコンテンツは、最近話題の新しいコンテンツと思われがちですが、実はインターネットが普及し始めた2000年代から存在していました。

ここでは、年代別にリッチコンテンツの事例を、時代の流れと共に進化してきた経緯をまじえて紹介します。

6-1.2000年代のリッチコンテンツ

2000年代は、インターネット業界における動的コンテンツの多くが、Flashで作成されていた時期です。多くのWebサイトのトップページで、Flash規格で作成されたアニメーションやインタラクティブコンテンツが採用されていました。

Flash全盛期とも呼べる時代ですが、当時の通信回線の速度では表示や動作が重くなる場合も少なくありませんでした。また、情報よりもデザイン性を優先したWebサイトも多く、リッチコンテンツとしての良質なユーザー体験を提供できているとは言い難い状況でした。

現代の通信回線ではFlashの表示や動作が気になることはありませんが、代替技術の登場により2019年でFlash規格はGoogle検索のサポート対象外となっています。

6-2.2010年以降のリッチコンテンツ

2010年以降は高速通信回線の普及・一般化が進み、Flashに代替するYouTubeやTikTokなどの新しい動画サービスが登場しました。同時に、Webサイトに動画を埋め込むリッチコンテンツがブームとなります。

ビジネスシーンにおいては、テキストのみでは解説が難しいプレゼン動画や解説動画を、Webサイトに掲載する企業が増加しました。また、静止画像においても、高い視覚的訴求力が期待できる漫画コンテンツを採用する企業が増えてきています。

このように、時系列を辿ってみると、リッチコンテンツのトレンドや活用方法も時代と共に進化し続けていることが見て取れます。

7.SEOにおけるリッチコンテンツの重要性

現在の検索エンジンの評価基準では、リッチコンテンツがインデックスや検索順位に直接影響を及ぼすわけではないとされています。しかし、リッチコンテンツを活用することでWebサイトの充実度を高めれば、ユーザーの検索体験やユーザビリティーを向上させられます。

結果として、アクセスアップ・回遊率アップ・滞在時間アップといったWebマーケティング上好ましい効果へとつなげることが可能です。

SEO・Webマーケティングは、直接効果がある要素だけが結果に結びつくとは限らないため、リッチコンテンツの作成など、他方面からのアプローチも重要と考えておきましょう。

8.リッチコンテンツをマーケティングに生かす方法

リッチコンテンツの作成には、たくさんの費用と時間がかかります。リッチコンテンツをマーケティングに活かす際は、事前にマーケティングに生かす際のポイントを把握して、確実な目標達成を目指しましょう。ここでは、リッチコンテンツをマーケティングに活かすためのポイントを徹底解説します。

8-1.導入の目的を明確にする

まずは、リッチコンテンツを導入する目的を明確にしてください。リッチコンテンツの作成はゴールではなく、企業の目的を達成するための手段です。

どのようなユーザーに対して、どのような反応を引き出したいのかという目的を明確にすることで、逆算して構成やコンテンツタイプなどの戦略を立てられます。コンテンツ制作の方針がブレにくくなる、目的の達成度合いを評価できるといった点もメリットです。

リッチコンテンツの制作時は、目的を定めた上で、目的を達成するための具体的な戦略を考えましょう。

8-2.競合他社の動向を確認する

競合他社の動向やコンテンツ内容を事前にリサーチすることも大切です。競合他社が提供しているリッチコンテンツを調査することで、ターゲットユーザーが好む表現やコンテンツの傾向を把握できます。また、競合するコンテンツの中で埋もれてしまわないよう、差別化のための戦略を立てるヒントにもなります。

競合他社と差別化し、自社のオリジナリティをアピールできるリッチコンテンツを制作するためにも、事前のリサーチは万全に行いましょう。

8-3.適切なコンテンツの容量を把握する

ユーザーがWebサイトを閲覧する際にストレスを感じないよう、適切なコンテンツ容量を把握することもポイントです。

情報量を増やすために動画を多数挿入したり長い動画を入れたりすると、Webサイトの表示速度が遅くなり、ユーザーにストレスを与えてしまいます。Webページを快適に閲覧できない状態になると、ユーザーの離脱につながる可能性もあるため注意が必要です。

特に動画コンテンツを入れる際は、容量が大きくなりすぎないよう、挿入数や長さを調整しましょう。充実した情報を提供しつつ、表示速度が遅くならないコンテンツ容量を把握すると、ユーザー満足度の高いWebサイト制作につながります。

9.【コンテンツ別】リッチコンテンツを作成する際のポイント

リッチコンテンツを作る場合、コンテンツの種類によって作成時の注意点が異なります。「動画コンテンツ」「漫画コンテンツ」「音声コンテンツ」という種類ごとに、リッチコンテンツ作成時のポイントを詳しく見ていきましょう。

9-1.動画コンテンツ

動画コンテンツ作成時のポイントは、以下の3点です。

・冒頭で強い印象を残す

動画コンテンツでは、冒頭でユーザーに強い印象を与える必要があります。冒頭でユーザーの興味をひけなかった場合、簡単に離脱されるためです。動画の冒頭5〜10秒程度が続けて見てもらえるかのポイントになるので、インパクトのあるシーンや音楽、言葉など工夫しましょう。

・ストーリー性を重視する

動画コンテンツを作成する際は、ストーリー性を持たせることが大切です。起承転結のある印象的なストーリーであれば、商品を知らない方にも動画を見てもらいやすくなります。期待感・好奇心を高めるストーリーや感動的なストーリーで視聴者にインパクトを与えるよう意識してみてください。

ストーリー性がないとCGや音楽などを駆使して凝った動画を作成しても、ユーザーに飽きられてしまう可能性があるため注意が必要です。

・情報を詰め込みすぎないようにする

動画には情報を詰め込みすぎず、尺も短めにまとめるのがおすすめです。伝えたい情報を詰め込みすぎると、最も重要なメッセージがユーザーに伝わりにくくなります。また動画の尺が長いと、ユーザーが途中で離脱するリスクが高まるでしょう。

動画を作成する際は、事前にターゲットユーザーやテーマを明確にして、1つの動画で1つのメッセージを伝えることを意識してみてください。

9-2.漫画コンテンツ

漫画コンテンツ作成時のポイントは、以下の3点です。

・作成初期段階でしっかり確認する

作成の初期段階で、漫画の内容やイメージに齟齬がないかをしっかりと確認しましょう。線画・着色など制作工程が進んだ後に問題が発覚すると、最悪の場合、ほとんどの作業がやり直しになる可能性があります。

修正に追加費用を請求されたり漫画家とのトラブルにつながったりするリスクもあるため、大幅な修正を依頼できるのはネーム段階までと考えておきましょう。

・他作品のパクリがないかを確認する

作成した漫画に他作品のパクリ表現が含まれていないかも丁寧に確認してください。内容がすべて同じでなくても、キャラクターデザインやストーリー、コマ割りなどに類似表現が多いとパクリと見なされるリスクがあります。

また、他作品の一部を複写して取り入れるトレース行為にも注意が必要です。公開した漫画がパクリと判断されると、企業全体のイメージの失墜につながるおそれがあります。

・社会倫理から逸脱した表現がないか確認する

社会倫理から逸脱した表現が含まれていないことも重要です。例えば、特定の人を差別・誹謗中傷する内容は、ストーリーやセリフに盛り込まないよう注意してください。

漫画コンテンツの仕上がりは、依頼する漫画家の経験や技術力に左右されます。絵のうまい方がよい広告漫画を描けるとは限らないため、漫画家の選定時は業界への理解度やビジネス漫画の制作実績なども考慮するとよいでしょう。

9-3.音声コンテンツ

音声コンテンツ作成時のポイントは、以下の2点です。

・話す内容を詳しく決めておく

事前に話す内容の詳細を決めて、メモなどを用意しておきましょう。事前に内容を決めておかないと、途中で間が空いたり話がそれたりして、リスナーの心に響きにくいコンテンツになってしまいます。話す内容を考える際は、分かりやすさや伝わりやすさを意識してみてください。

・BGMは著作権の侵害に注意する

BGMを使用する際は、著作権の侵害に注意してください。BGMを選ぶ場合、フリー素材を探すか、商用利用可能な楽曲を購入するのが基本です。著作権フリーではない楽曲を無断使用すると、罰金などのペナルティが科せられます。

音声コンテンツは、動画や漫画より手軽に作成しやすいことがメリットです。作成時は、メモや台本を用意して、メッセージを分かりやすく伝えましょう。

まとめ

リッチコンテンツは、従来のコンテンツよりも表現の幅を広げたり訴求力を高められたりします。独自性や差別化が重視される現代のWebマーケティングにおいては、非常に重要な要素と言えるでしょう。

すでにリッチコンテンツを活用する環境は整っており、5Gの登場によりさらに多くのコンテンツが登場する時代が来ています。リッチコンテンツに興味・関心のある方は、この機会にWebサイトに取り入れることを検討してはいかがでしょうか。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY