関連検索キーワードとは?2023年に利用必須のツール4選も紹介

SEO

関連検索キーワードとは?おすすめの便利ツール4選も併せて紹介
最近では多くの便利ツールが登場し、Webサイトの作成・運用は個人でも簡単に行えます。しかし、Webサイトを上位表示させるためには、さまざまな工夫が必要です。 必要となる工夫の1つが、ユーザーニーズに沿った記事コンテンツの充実化です。ユーザーにとって「有益なコンテンツである」と判断されるためには、関連検索キーワードを活用することが求められます。 今回は、関連検索キーワードについて解説します。関連検索キーワードの取得に便利なツールも紹介するため、Webサイトのアクセス数を増やしたい場合は参考にしてください。

1.関連検索キーワードとは

関連検索キーワードとは、入力したキーワードに対して表示される「関連性の高い単語や複合ワード」のことを指します。例えば「Webサイト」の関連検索キーワードは、「Webサイト デザイン」「Webサイト 作り方」などです。 GoogleとYahoo!において、関連検索キーワードが表示される場所はそれぞれ異なります。Googleの関連検索キーワードが表示される場所は、検索結果画面の最下部です。 一方、Yahoo!の関連検索キーワードが表示される場所は、検索結果画面の上部と下部の2ヶ所です。Yahoo!では、関連検索キーワードの近くに虫眼鏡のアイコンがあることから、関連検索キーワードを「Yahoo!虫眼鏡キーワード」と呼ぶこともあります。

1-1.サジェストキーワードとの違い

「サジェストキーワード」とは、検索窓にキーワードを入力した段階で、自動的に表示される検索候補のことです。検索窓に「Webサイト」と入力した場合、サジェストキーワードとして「Webサイト とは」「Webサイト 翻訳」などが表示されます。 関連検索キーワードとサジェストキーワードは混同されることもありますが、同じ言葉ではありません。 関連検索キーワードは、入力したキーワードだけでなく、その類語や同義語からも関連キーワードを抽出します。一方のサジェストキーワードは、入力したキーワード以外から関連キーワードの抽出はしません。下記は、関連検索キーワードとサジェストキーワードの違いを示した表です。
「SEOツール」と検索した場合の例
関連検索キーワード サジェストキーワード
SEOツール キーワード SEOツール 無料
SEO対策 SEOツール おすすめ
SEO会社 おすすめ SEOツール 比較
また、サジェストキーワードには検索数が急激に増加している「急上昇ワード」や、自身が過去に検索したキーワードが反映されていることがあります。そのため、サジェストキーワードは関連検索キーワードと異なり、常に変化し続けるキーワードといえるでしょう。

1-2.関連検索キーワードが重要な理由

関連検索キーワードを取得してコンテンツ制作に活用することは、SEO施策において非常に重要です。 関連検索キーワードは、多くのユーザーが検索した複合ワードや、上位表示されているWebサイトから抽出されています。そのため、関連検索キーワードを把握することで、ユーザーニーズを正しく理解したコンテンツが制作可能です。 あらかじめ関連検索キーワードを確認し、ユーザーニーズに沿ったコンテンツを制作することで、Webサイトの評価が高まることにつながります。

2.​関連キーワードを取得できるツール

関連キーワードは、検索エンジンにおける検索結果の画面で確認することが可能です。しかし、関連キーワードを検索結果の画面で確認する方法では、最大でも10個程度しか確認できません。 すべての関連キーワードを確認したいときは、専用の関連キーワード取得ツールを活用しましょう。ここでは、関連キーワードを取得できるツールを紹介します。

2-1.ラッコキーワード

ラッコキーワードは、かつて「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」という名前で運用されていた、無料のキーワード取得ツールです。Googleサジェストや、Yahoo!知恵袋などから抽出された関連キーワードを一括で表示できます。 ラッコキーワードの大きな特徴は、調べたキーワードのWeb検索トレンドが確認できることです。Web検索トレンドは、過去12ヶ月分および5年分を確認できます。季節要因によってニーズが変化する難しいキーワードも、Web検索トレンドを活用すればニーズが高まるタイミングを把握できるでしょう。 関連キーワードが抽出できるキーワード数は、1日20キーワードまでです。なお、「ラッコID」に無料登録をすると、無制限で利用できます。

2-2.Ubersuggest

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、無料で使えるGoogle chromeの拡張機能です。アメリカ生まれのツールではあるものの、日本語にも対応しているため安心して使えます。 Ubersuggestを有効にすると、Googleで検索したキーワードの関連キーワードや検索ボリューム、クリック単価が確認可能です。また、月別の検索ボリュームを確認することもでき、ユーザーニーズに沿ったコンテンツが制作できます。 ほかにも、見込み客を予測する「流入見込み」などが分析できるため、Webサイト運営の戦略を練るときに役立つでしょう。

2-3.キーワードプランナー

キーワードプランナーは、Googleで広告を出稿する方に向けて提供している関連キーワード取得ツールです。Googleアカウントがあれば無料で利用でき、入力したキーワードに付随する関連キーワードの検索ボリュームや競合性を調べられます。 なお、Google広告に出稿していない場合は一部の機能のみ使用可能です。例えば、キーワードの検索ボリュームは「1,000~10,000」「10,000~100,000」といったアバウトな数字しか確認できません。 細かいデータを確認するためには、Google広告に有償で出稿する必要があります。

2-4.Keyword Researcher

「Keyword Researcher」は、GoogleおよびYouTubeから関連キーワードを抽出する無料ツールです。Keyword Researcherでは、入力したキーワードを中心に関連キーワードがマッピングされ、キーワードのつながりを視覚的に把握できます。ユーザーの検索意図や思考がイメージしやすいため、ユーザーニーズを予測しやすくなるでしょう。 また、Keyword Researcherでは、関連キーワードに関する主なユーザーニーズを教えてくれます。ユーザーニーズは「Do(やりたい)」「Know(知りたい)」「Go(行きたい)」「Buy(買いたい)」の4つです。この4つは、Googleの公式資料でも「マーケッターが知っておくべき4つの瞬間」として触れられている重要なポイントとなります。

3.​関連キーワードの効果的な使い方

関連キーワードを効果的に使用し、Googleから評価されるコンテンツを制作するためには、以下のポイントを踏まえることが重要です。
●関連キーワードをタイトル・見出しに使用する Googleがコンテンツを評価する際のポイントには、コンテンツの本文だけでなく、タイトルや見出しの内容も含まれます。関連キーワードをタイトル・見出しに含めることで、ユーザーやGoogleのクローラーにコンテンツ内容をアピールできます。 また、関連キーワードを見出しに使用すれば、自然とユーザーが求めている情報を網羅したコンテンツが制作できるでしょう。

●利便性や網羅性を意識しつつ、クオリティの高いページを作り出す Googleに評価されるWebサイトとは、「ユーザーができるだけ簡単に、欲しい情報にアクセスできるWebサイト」です。わかりやすいサイトの設計を心掛けることはもちろん、多くの情報が掲載されているコンテンツの制作が求められます。

それぞれのポイントを把握し、関連キーワードを効果的に使用しましょう。

まとめ

関連検索キーワードとは、入力したキーワードに対して表示される関連性の高い単語や、複合ワードのことです。関連検索キーワードは、実際にユーザーが検索した単語や上位表示されているWebサイトから抽出されるため、ユーザーニーズを理解する際に役立ちます。 関連キーワードを取得するときは、ラッコキーワードやUbersuggestなど無料で使える便利な専用ツールを活用しましょう。取得した関連キーワードは、コンテンツのタイトル・見出しに使用して、クオリティの高いコンテンツ制作に活用してください。
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY