SEOに文字数は関係ある?評価が高いコンテンツを作る方法も解説!

SEO

SEOに文字数は関係ある?評価が高いコンテンツを作る方法も解説!

SEOで成果を上げるためには、どのような施策が効果的であるのかについては、さまざまな議論が存在します。なかでも、ブログに投稿する記事の文字数を、どの程度書くべきかは、検索エンジン市場の黎明期から議論の対象となってきました。

この記事では、SEOにはコンテンツの文字数が、どのような影響を与えているのかについて、Googleの最新見解をもとに解説します。また、タイトル・ディスクリプションなどの適切な文字数や、文字数に関係なくGoogleに評価されるコンテンツについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1. SEOに文字数は関係ある?Googleの見解も併せて解説

結論からいえば、SEOの評価に文字数は関係しません。どんなに文字数が多くても、そのことをGoogleは直接的に評価の対象とはしないです。

「Google Search Central」のYouTubeチャンネルでは、文字数とSEOの関係性について解説している動画が公開されています。その動画によると、コンテンツの文字数が検索結果に影響を与えるアルゴリズムは、存在しないと明言しています。

Googleはページ内全体を見て読者にとって本当に魅力があり、ニーズを満たせるコンテンツを評価すると答えている通り、SEOで成果を上げるにはコンテンツの品質が重要です。

(出典:Google Search Central「English Google Webmaster Central office-hours hangout」

2. 文字数が多いコンテンツがSEOに強いといわれる理由3つ

SEOと文字数には関係がないというGoogleの公式見解があるにもかかわらず、文字数が多いコンテンツは、SEOに強いと主張されることがあります。実際に、文字数が多いコンテンツが、上位を占める傾向が見られます

なぜ、Googleの公式見解とは一見矛盾するような見解や事実が存在しているのでしょうか。ここでは、コンテンツの文字数とSEOの関係について、読者への影響という観点から解説します。

2-1. (1)滞在時間が伸びやすい

Googleはコンテンツの評価基準に読者の滞在時間を考慮していると見られますが、文字数の多いコンテンツでは、文章を読むために滞在時間が伸びる傾向にあります。読者の滞在時間が重視される理由は、滞在時間が長いページは読者が注意深く文章を読んでいると推定されるためです。

コンテンツの文字数を増やして、読者を少しでも長くページに滞在させることで、Googleに対して「有益なコンテンツである」とアピールできると考えられます。

2-2. (2)読者のニーズを満たしやすい

文字数が多いコンテンツほど、読者のニーズを満たせる可能性があります。コンテンツの文字数が増えるほど記載する内容が増え、情報の網羅性が上がります。

例えば、「SEO」という言葉が検索キーワードの場合、知りたい情報は「SEOという言葉の意味」なのか、「具体的な対策の方法」なのか分かりません。はたまた「SEOのメリット」や「SEO業者の選び方」である可能性もあります。

いずれにせよ文字数が少ないと、書けるテーマが限定され、読者のニーズを満たせないことがあるでしょう。読者の幅広いニーズを満たすために、書く内容を増やすと、自然に文字数が増えてしまいます。つまり、結果的に文字数が多いコンテンツほど、読者のニーズを満たせるため、SEOに有利であると考えられます。

2-2. (3)かつては長文のコンテンツが評価されやすかった

2010年代前半、長文コンテンツがSEOの施策でブームとなっていた影響で、現在でも長文が好ましいという考え方が残っています。2012年頃までは、SEOの世界では被リンクの量が検索結果に大きな影響を与えていました。しかし、2012年のペンギンアップデートにより、外部リンクを貼り付けただけで読者にとって有益ではないサイトが、大きく評価を下げました。

ペンギンアップデートへの対応として、コンテンツSEOという考え方に注目が集まります。その中で、記事内の文字数を増やせば評価につながるという考え方が流行し、現在のSEOにも一定の影響を与えています。

3.タイトル・ディスクリプション・見出しの適切な文字数は?

コンテンツそのものの文字数は、SEOには直接的に影響は及ぼしませんが、タイトルやディスクリプションなどは、検索結果に影響を与えています。なぜなら、タイトルやディスクリプションに記載した文字は、一定の文字数内でしか検索画面に表示されないためです。そのため、タイトルやディスクリプションに長々と文章を書いても、読者に読んでもらえません。

○タイトル

文字数の目安:32文字以内

HTMLの「titleタグ」で囲まれたタイトルは、検索画面にリンク付きで表示されます。タイトルが長い場合は、Google側が内容を変更して表示することがあります。

○ディスクリプション

文字数の目安:120文字以内

HTMLの「meta description(メタ・ディスクリプション)」は、タイトルの下に記載される説明文です。表示される文字数は変動することがありますが、パソコンでは120文字程度であるとされています。

○見出し

文字数の目安:30文字程度

HTMLの「h2タグ」などで囲まれている部分が見出しです。一般的に適切な文字数は、30文字程度であるとされています。あまりに長い見出しを設定すると、読者に内容が伝わりにくくなり、ユーザビリティを損ないます。

タイトル・ディスクリプション・見出しは、過度に長い文字数を設定することは好ましくありません。SEOの世界は情報量の豊富さが歓迎されますが、これらについては簡潔な表記を心がけてください。

4. 文字数に関係なくSEO評価が高いコンテンツとは?作成するコツも

本質的には、文字数とSEOには関係はありません。SEOの評価に直接的な影響を与える要素は、コンテンツの品質です。品質が高く、読者のニーズを十分に満たせるコンテンツが、検索エンジンに評価されます。

ここでは、SEOで評価される品質の高いコンテンツとは、どのようなものであるのかについて詳しく解説します。

4-1. 情報が網羅してあるコンテンツ

情報の網羅性が高いコンテンツほど、SEOでは評価されます。情報の網羅性を追求すると、文字数が増えていく傾向にありますが、仮に文字数が少なくても読者が知りたい情報を網羅できていれば、評価を受けることが可能です。

読者が知りたい情報を把握するためには、「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」を分析する必要があります。

顕在ニーズは、読者が自覚している、直接的に知りたい情報のことです。例えば、「SEO 文字数」で調べた読者の場合は、「SEOと文字数の関係性を知りたい」「適切な文字数を知りたい」と思っていることは明らかでしょう。

一方、潜在ニーズは自覚していないニーズで、顕在ニーズの動機となるものや、関連するものです。顕在ニーズを深掘りすることで明らかにできます。「SEO 文字数」の場合は、「自分が運営するホームページの検索順位を上げたい」などが潜在ニーズとなります。

4-2. 適切な「出典」「引用」が用いてあるコンテンツ

品質の高いコンテンツを作るためには、適切に「出典」「引用」を明示する必要があります。出典や引用を用いることで、コンテンツの品質を高められる理由は、下記の通りです。

  • ペナルティの対象となる「コピーコンテンツ」となることを避けられるため
  • 信頼性の高い一次情報を参考にすることで、コンテンツの信頼性を担保できるため

引用部分とオリジナルコンテンツが区別できない状態になることは、著作権保護の点で問題があります。そのため、他のサイトなどから引用した場合は、引用したコンテンツ内容と引用元を明示しなければなりません。

また、政府機関などの信頼性が高い一次情報を参考にすることで、記載した情報の信頼性をアピールできます。特に「YMYL」と呼ばれるユーザーの財産・生命に大きな影響を与えるような内容では、情報の信頼性がより重視されます。

4-3. 独自性が高いコンテンツ

Googleでは、コンテンツの評価において独自性を重視しています。他のサイト内にはない情報を記載することで、他のサイトで満たせなかったニーズを読者が満たせるようになります。

独自性の高い内容を記載するためには、下記のような工夫を行うことがおすすめです。

  • 自分の意見を書く
  • 自分の体験したことを書く
  • 自分の言葉で書く

競合サイトが多い場合、独自性を追求してコンテンツ制作を行うことは、簡単なことではありません。しかし、自分の意見や体験は自分だけのものであるため、比較的オリジナリティのあるコンテンツを作りやすいです。また、他のサイトを参考にする場合でも、自分の言葉で読者に語りかけるように書くことが、独自性のあるコンテンツの作成につながります。

まとめ

SEOでの評価では、コンテンツの文字数は直接的な影響を及ぼすことはありません。Googleは、あくまでコンテンツの品質を重視し、読者のニーズを十分に満たせるコンテンツを評価します。ただし、文字数が増えると、滞在時間の増加や網羅性の向上などにより、間接的にSEOに影響を与えることがあります。

SEOに強いコンテンツを作るためには、文字数に配慮することよりも、読者のニーズを満たすことに注力してください。読者のニーズを満たすためには、ニーズを正確に把握して、信頼性の高い情報を記載することが大切です。読者にとっての有益性を最大限重視して、検索エンジンに評価されるコンテンツを作りましょう。

【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH