ローカルSEOとは?今すぐできるローカルSEO対策4選

SEO

ローカルSEOとは?今すぐできるローカルSEO対策4選

店舗集客に役立つマーケティング手法を調べる中で、「ローカルSEO」という用語が気になった方もいるのではないでしょうか。ローカルSEOは通常のSEO対策と似ていますが、必要な作業は異なります。そのため、店舗集客においてはローカルSEOの意味を理解し、適切な対策を講じることが重要です。

この記事では、ローカルSEOの概要や、今すぐできるローカルSEO対策について解説します。地域ビジネスを経営している方や宿泊施設・商業施設などを運営している方は、ぜひ参考にしてください。

1.ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは、地域情報を検索するGoogleマップなどのサービスで、Webサイトを上位表示させる対策のことです。一般的なSEOが通常の検索エンジンで上位表示を狙う対策であることに対して、ローカルSEOは地域に特化している点が異なります。

また、ローカルSEOは「MEO対策」と同じ意味で使用される用語です。MEOは「Map Engine Optimization」の頭文字を取った略語で、地図エンジンに対する最適化を表します。ローカルSEOに取り組めば、自社・自店に関する情報を地図上の目立つ位置に表示させ、集客を行うことが可能です。

1-1.ローカルSEOが重要な理由

ローカルSEOが重要な理由として、Google検索エンジンのアルゴリズムがアップデートされたことが挙げられます。

従来のアルゴリズムでは、ユーザーが検索したキーワードに関連するページが、検索結果画面に表示されていました。しかし、アップデート以降のアルゴリズムは、キーワードだけでなくユーザーの位置情報まで含め、関連性の高い情報が検索上位に表示される仕組みです。
たとえば、同じ「ヘアサロン」というキーワードが検索されたとしても、ユーザーが東京都にいる場合と大阪府にいる場合では上位表示されるコンテンツが異なります。
そのため、周辺で店舗を探している見込み顧客から見つけてもらう方法として、ローカルSEOは重要です。

2.ローカルSEOが影響するローカル検索結果

特定の場所や地域に関するキーワードを使ったローカル検索が行われると、一般的な検索結果画面とは異なるローカル検索結果が表示される場合があります。ローカル検索結果の表示形式は、「ナレッジパネル」と「ローカルパック」の2種類です。

ここでは、ナレッジパネルとローカルパックの機能・特徴を解説します。

2-1.ナレッジパネル

ナレッジパネルとは、通常の検索結果やGoogle広告と並んで、画面右側に表示される情報欄のことです。ナレッジパネルは、会社名や店舗名などの固有名詞が検索されたときに表示される場合があります。

ナレッジパネルに表示される情報は、会社名や店舗名のほか、企業の所在地、営業時間、電話番号などです。また、ユーザーからの口コミや、よくある質問と回答が表示されるケースもあります。たとえば、宿泊施設に関するローカル検索結果画面では、空室状況や宿泊料金がナレッジパネルに表示される仕組みです。ナレッジパネルの掲載内容は、GoogleがWeb上で収集した情報などをもとに自動的に生成されます。

2-2.ローカルパック

ローカルパックとは、ローカル検索が行われた際に、通常の検索結果やGoogle広告の上部に表示される情報欄のことです。ローカルパックには、検索対象となっている地域周辺の地図と、エリア内にある店舗情報がセットで表示されます。検索ユーザーは、地図上に表示される複数の店舗の名称や概要、住所、ユーザーからの評価などを見ることが可能です。

ローカルパックをクリックすると、拡大された地図と各店舗の詳細情報が表示されます。ユーザーが各店舗のWebサイトにアクセスしたい場合は、ローカルパックに表示されたボタンをクリックする必要があります。ローカルパックの表示内容は、ナレッジパネルと同様Googleによって自動的に生成された情報です。

3.ローカルSEOで意識すべき3要素

ローカル検索で上位表示を目指す際は、次の3点を意識してローカルSEOを行いましょう。

  • 検索キーワードとの関連性
    自社・自店に関する情報と、ターゲットユーザーが検索するキーワードの関連性が高いほど、ローカル検索で上位表示されやすくなる傾向です。そのため、ユーザーが検索しそうなキーワードを考慮し、Webサイトなどに自社・自店に関する情報として含めることが重要となります。飲食店であれば料理のジャンル名や業態を表すキーワード、ヘアサロンであれば「カット」や「パーマ」などの言葉をWebサイトに含めましょう。
  • 検索場所と店舗・施設の距離
    ユーザーの検索地点と、店舗・施設の所在地が近いほど、ローカル検索で上位表示される可能性が高まります。そのため、店舗・施設の住所は正確に入力する必要があります。
  • 店舗・施設の知名度
    店舗・施設の知名度が高まると、ローカル検索で有利となる傾向です。店舗・施設の知名度は、Web上に掲載されている情報量や、SNSで言及された回数などによって評価されます。

4.【今すぐできる】ローカルSEO対策4選

ローカルSEO対策では、店舗ビジネスに関する正確な情報を充実させることが重要です。Googleが提供するローカルビジネス向けサービス「Googleマイビジネス」や、各業界のポータルサイトを利用し、自社・自店に関する情報をWeb上に掲載しましょう。

最後に、今すぐ実践できるローカルSEO対策として有効な施策を4つ解説します。

4-1.Googleマイビジネスに登録する

まず、Googleマイビジネスに登録しましょう。ナレッジパネルやローカルパックなどに掲載されるビジネス情報は、Googleマイビジネスの登録内容に基づいて生成されます。Googleマイビジネスは無料で利用できます。

Googleマイビジネスの登録には、Googleアカウントの作成が必要です。Googleアカウント登録後にGoogleマイビジネスの管理画面にアクセスし、店舗名や住所、ビジネス形態、店舗の写真などをアップしてください。
なお、ローカルSEOの検索結果で表示される写真は自分で選べません。そのため、店舗の外観や内観、メニューなどがわかる複数の写真を登録しておくことがポイントです。

4-2.名称・住所・電話番号の表記を統一する

Web上に存在する自社・自店の情報を統一することも、今すぐできるローカルSEO対策のひとつです。Googleの検索エンジンでは、1文字でも異なる文字列は別の情報として認識します。そのため、店舗の名称や住所、電話番号の表記は完全に一致させることが大切です。

店舗の名称に外来語が含まれる場合、カタカナまたはアルファベットのいずれかに表記を揃えましょう。また、住所では「丁目」「番地」の表記や、建物名の表記などが注意すべきポイントです。電話番号については、ハイフンの有無や市外局番の表記などを統一してください。

4-3.テキストやリンクに地域名を入れる

Googleの検索エンジンは、Webサイトに含まれる地域キーワードを参考に、ローカル検索における評価を行っています。そのため、自社・自店の商圏地域を表すキーワードをWebサイトのテキストやリンクに含めることは、ローカルSEOで重要です。

たとえば、店舗を紹介する文章には「新宿駅から近いネイルサロン」「横浜で創業20年のラーメン店」など、地域名を含めましょう。また、Webサイト内のリンクに「大阪のホテル空室状況はこちら」などの形で地域名を含めることも効果的です。

4-4.ポータルサイトに情報を登録する

飲食業界や美容業界、宿泊業界など、各業界の店舗情報をまとめたポータルサイトが存在します。ポータルサイトに登録すると、Web上に存在する自店の情報が増えるため、ローカルSEOに効果的です。

また、ポータルサイトにユーザーからの口コミやレビューが投稿されれば、自店の知名度はさらに高まります。ポータルサイトに情報を登録する際は、Googleマイビジネスの登録情報や、公式Webサイトと表記を統一することに注意しましょう。

まとめ

ローカルSEOとは、地域情報に特化した検索キーワードにおいて、高い検索順位に自社・自店の情報を表示させる対策のことです。飲食店や美容室、宿泊施設などのオンライン集客施策として、ローカルSEOは高い重要性を持ちます。

Googleの検索エンジンにおけるローカル検索結果は、ナレッジパネルとローカルパックの2種類です。いずれの検索結果においても、検索キーワードとWebサイトの関連性や、検索ユーザーとビジネス所在地の距離、店舗・施設の知名度が重要となります。店舗ビジネスを運営している方は、ローカルSEO対策にぜひ取り組んでみましょう。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY