MEO対策のアルゴリズムを徹底解説!上位表示させるコツ

Webマーケティング

MEOアルゴリズムを徹底解説!店舗情報を上位表示させるコツ

自店舗の情報をGoogleマップなどの検索結果に表示するために、どのような取り組みをすれば良いか気になる方も多いのではないでしょうか。

ローカル検索の検索エンジン上で検索順位を上げるための施策は、「MEO(Map Engine Optimization/マップエンジン最適化)」と呼ばれます。MEOが順位を決定する仕組みを理解すれば、適切な施策を行うことが可能です。

そこで今回は、MEOで重視される3つの要素や、MEO対策で上位表示を狙うコツについて解説します。店舗ビジネスのWebマーケティングを担当している方や、Webサイトのアクセス数と店舗集客数を増やしたい経営者の方はぜひ参考にしてください。

1.MEOとは?

1-1.MEOとSEOの違い

検索エンジン上で検索順位を上げるためのSEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)との違いを簡単にまとめると下記のようになります。

  • SEO:検索エンジン上でサイトを上位表示すること
  • MEO:Googleマップ上で店舗を上位表示すること

SEOはユーザーが検索したキーワードに対し、ニーズを満たすコンテンツを作成することで上位表示されます。それに対し、MEOは位置情報に紐づいたGoogleマップで地域名や店舗名で検索することで上位表示されます。

1-2.MEOのメリット

Googleマップで上位表示させるためにMEOは大切です。MEOを行うことによるメリットを3つ紹介します。

1-2-1. ユーザーの目に留まりやすい

ユーザーが検索すると、ファーストビューにマップと店舗情報が表示されるため目に留まりやすいです。また、視認性が高いことでクリックされやすくなり、来店してもらえる可能性が高くなります。

Googleマップだけでなく、自然検索でも表示されるので効果は大きいです。

1-2-2. 見込みユーザーに訴求できる

外出先でスマートフォンを使い「地域+サービス」で検索するような、ニーズが明確で購買意欲の高いユーザーに対して情報を提供できるため高い集客効果が見込めます。

電話番号や位置情報などの店舗情報が分かることで、ユーザーアクションに繋げやすく見込みユーザーに訴求することができます。

1-2-3. 競合が少なく成果が出やすい

SEOは現在地に関係なくキーワードに対し多くの競合がいますが、MEOは位置情報に紐づいているため競合が少なくなります。

また、検索結果もSEOは10件表示されるのに対し、MEOは3件しか表示されないため比較対象が少なく選ばれやすいです。

1-3.MEOのデメリット

さまざまなメリットがあるMEOにも、デメリットが2つあるので紹介します。

1-3-1. ネガティブな口コミが投稿されることがある

口コミは店舗の集客や信頼獲得に効果がありますが、ネガティブな口コミは逆効果となってしまう場合があります。

ネガティブな口コミに対しては、お詫びや改善していくことを返信することで真摯に受け止めている姿勢を見せることができます。また、スパムや虚偽の口コミなどのGoogleのポリシー違反の口コミは申請することで削除できる場合があります。

もし、ネガティブな口コミが投稿されても誠実な対応をこころがけ、他のユーザーが安心して来店できるようにしましょう。ネガティブな口コミが投稿されないために、MEOだけでなく満足度の高いビジネスを行うことが重要です。

1-3-2. 実店舗がないと効果が薄い

MEOは地域性のあるビジネスを対象にする性質上、実店舗でサービスを提供する企業には効果的ですが、通販やオンラインのみのサービスを提供する企業には不向きです。

実店舗がない場合は、MEO以外の対策を行った方が効果的といえます。

2.MEOアルゴリズムとは?

地域名などを含むローカル検索が行われた際の掲載順位を決定する仕組みは、「MEOアルゴリズム」と呼ばれます。

2-1.アルゴリズムの理解が重要な理由

アルゴリズムの理解が重要な理由は、効果的な施策を行うために必要だからです。アルゴリズムを理解せずに対策を行っても、効果のない施策となってしまいます。

上位表示させるために、MEOアルゴリズムが重視する指標を正しく理解して改善をしていきましょう。

3.MEOアルゴリズムが重視する指標

Google検索エンジンのMEOアルゴリズムは、複数の条件によって構成されることが特徴です。中でも、次に挙げる3つの指標は特に重視される要素となっています。

3-1.(1)検索キーワードとの関連性

ユーザーが検索したキーワードと店舗情報の関連性が高いほど、より上位に表示されます。

実際に下記のように「地域名+〇〇」と検索すれば、その地域にある関連性の高い店舗がいくつか表示されるでしょう。

検索語句 表示されやすい店舗情報
「東京 フレンチレストラン」フレンチ料理を提供する東京のレストラン
「大阪 スイーツ」

スイーツを販売する大阪の洋菓子店

スイーツが有名な大阪のビュッフェ

MEOアルゴリズムは、検索ユーザーの探しているサービスを適切に表示するため、ユーザーが使用したキーワードや類似した内容を含む店舗の情報を高く評価します。

3-2.(2)検索した地名や現在地との距離

MEOアルゴリズムは、検索ユーザーが入力した地名や、ユーザーの現在地との距離が考慮される仕組みです。

たとえば、シンプルに「整骨院」というキーワードで検索が行われた場合であっても、東京にいるユーザーが検索すれば、東京周辺の整骨院に関する情報が表示されます。

このように、検索ユーザーが探している情報と店舗の所在地が近ければ近いほど、検索上位に表示されやすくなります。しかし、必ずしもユーザーの現在地から近い順に店舗情報が表示されるわけではないということを覚えておきましょう。

3-3.(3)リアルやネット上での知名度

MEOのアルゴリズムでは、リアルやネット上での知名度も重要な指標です。MEOのアルゴリズムでは、ネット上に存在する店舗に関する情報が多いほど、知名度が高いと評価されます。

自店舗のWebサイトだけに情報が載っている状態よりも、SNSや口コミサイト、ユーザーのブログなど複数の場所で自店舗に関する情報が掲載されている方が、MEOにおいては有利となります。

4.Googleマイビジネスで上位表示させるコツ

「Googleマイビジネス」とは、Googleマップに表示する自店舗の情報を登録するための無料サービスです。Googleマイビジネスに登録する内容は、自店舗の表示順位に影響を与えるため、正しい設定が重要となります。

ここからは、Googleマイビジネスを使って自店舗の情報を上位表示させるための方法を紹介します。

4-1.正しい店舗情報を登録する

Googleマイビジネスに登録するビジネス情報は、正しく管理することが重要です。Googleマイビジネスでは、店舗名・所在地・サービス内容・営業時間といった情報が登録できます。

店舗情報に明らかな誤字脱字があったり、実際と異なる登録情報が掲載されていたりした場合は、Googleからの評価が下がってしまいます。誤った情報の記載はGoogleからの評価が下がってしまうだけでなく、ユーザーからの評価も下がることもあり得るでしょう。

たとえば、土日や祝日の営業時間が平日と異なる場合は、その旨をしっかり記載しなければ、ユーザーが営業時間外に店舗へ訪れる可能性があります。Googleマイビジネスに記載されていた営業時間と実際の営業時間が異なることを知ったユーザーが、低評価の口コミを投稿するケースも少なくありません。

4-2.見栄えの良い画像を掲載する

Googleマイビジネスには、店舗の内観や外観、サービス内容などがわかる画像を掲載することが可能です。しかし、ユーザーによって検索が行われた際に、どの画像が自店舗の画像として表示されるかは選択できません。

そのため、なるべく見栄えの良い画像を複数掲載しておくことが重要です。料理店の情報を掲載する場合は、料理がおいしそうに見えるように工夫して撮った写真なども掲載しましょう。店内の設備や、スタッフの写真などを掲載することも有効です。

4-3.良い口コミ評価を集める

Googleマイビジネスには、口コミや評価の投稿機能があります。ユーザーからの口コミや評価が良い店舗情報ほど、MEOアルゴリズムで有利となる傾向です。

良い口コミや評価を集めるには、店舗で提供する商品やサービスの質を向上させることが重要となります。また、単純に良いサービスを行うだけでなく、ユーザーの予想や期待を上回るようなサービスを行うことが、良い口コミを書いてもらうためのポイントです。

たとえば、来店した方の誕生日にちなんだサプライズのメニューを用意するなどの工夫は、良い口コミや評価を集めることにつながります。

4-4.SNSで店舗のアカウントを運営する

自店舗の公式サイトだけでなく、SNSで店舗のアカウントを作って情報発信することも、Googleマイビジネスで上位表示させるコツです。

MEOアルゴリズムではネット上で数多く言及されている店舗ほど、知名度が高いと認識されます。SNSで店舗の情報を発信すると、ネット上に掲載される自店舗の情報が増えるため、上位表示されやすくなる傾向です。

主なSNSには、Facebook・Instagram・Twitterなどが挙げられます。SNSの種類によってメインのユーザー層や発信できる情報が異なるため、自店舗の業種やターゲットにあわせて適切なSNSを選択しましょう。

4-5.店舗サイトの被リンクを獲得する

店舗サイトへの良質な被リンクが増えると、GoogleのMEOアルゴリズムで有利に評価される傾向です。被リンクとは、他ドメインのサイトに記載された自社・自店舗サイトのリンクを指します。

個人ユーザーが運営しているブログやユーザーのSNS投稿に自店舗が紹介され、リンクが貼られるだけでも被リンク効果につながります。

ただし、自作自演の被リンクや、質の低いサイトからの被リンクは逆効果です。あたかもユーザーが書いたかのように装って作ったサイトなどから自店舗へリンクを貼るなどの施策は、スパムとみなされてしまうため避けましょう。

4-6.ネット上の店舗情報を統一する

ネット上に掲載されている店舗情報を、全角や半角などの表記まで含めて統一することが重要です。GoogleのMEOアルゴリズムでは、1文字でも異なる文字列を別の情報として認識します。

そのため、店舗名をカタカナで表記するか、アルファベットで表記するかなどまでしっかり統一しましょう。さらに、電話番号にハイフンを含めるか、住所の丁目や番地などをどのように表記するかなども注意すべきポイントです。

また、引っ越しなどにより店舗の所在地が変わった場合や、営業時間・サービス・メニューなどが変更となった場合も、情報の統一が必要となります。

4-7.検索キーワードを意識して盛り込む

Googleマイビジネスに登録する情報には、ユーザーが入力しそうな検索キーワードを意識して盛り込むことが重要です。

たとえば、東京で運営されている中華料理店であれば、「東京」や「中華料理」などのキーワードをGoogleマイビジネスの情報として登録しましょう。最寄り駅からのアクセス方法や、サービスや商品に関する具体的なキーワードを盛り込むことも、自店舗の情報を上位表示させるために有用です。

また、ユーザーの悩みや解決したい問題を表すキーワードも、上位表示させるために役立ちます。「自転車 パンク 修理」など、自店舗で解決できることを表す対策キーワードを考え、Googleマイビジネスの情報に含めましょう。

まとめ

Googleの地図検索で上位表示させるためのMEO対策では、検索キーワードとの関連性や検索ユーザーの位置情報、知名度などが重視されます。

MEO対策を行う際は、Googleマイビジネス上で正しい店舗情報と見栄えの良い画像を登録することや、良い口コミ評価を集めることがポイントです。また、SNSで店舗のアカウントを運営することや、被リンクの獲得、検索キーワードを意識的に盛り込むことも重要となります。

自店舗の情報を上位表示させ、ローカルビジネスの集客効果を高めたい方は、今回の内容を参考に、ぜひMEO対策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY