ローカルビジネスとは?タイプ別のマーケティング手法を全6つ紹介

Webマーケティング

ローカルビジネスとは?タイプ別のマーケティング手法を全6つ紹介

ローカルビジネスという用語を知り、具体的な意味・自社のビジネスがあてはまるか気になった経営者の方も多いのではないでしょうか。地域密着型の事業を行っている場合、ローカルビジネスについて理解することが、業績の向上に有用です。

この記事では、ローカルビジネスの概要やローカルビジネスマーケティングの重要性、具体的なマーケティング手法について解説します。より多くの顧客を獲得し、売上を伸ばす方法を知りたい企業経営者の方や、マーケティング部門担当者の方はぜひ参考にしてください。

1.ローカルビジネスとは?

ローカルビジネスとは、実店舗を構え、商圏エリアに根差した商品やサービスを提供する事業のことです。ローカルビジネスに含まれる主な事業として、次のようなビジネスが挙げられます。

  • 青果店や精肉店、スーパーなどの小売業
  • カフェやレストランなどの飲食業
  • 美容室やエステサロンなどのサービス業
  • カラオケや漫画喫茶、テーマパークなどのアミューズメント施設
  • 司法書士や弁護士、税理士などの士業
  • マッサージ店や整骨院、鍼灸院など

ローカルビジネスを運営する際は、効果的な集客のためにマーケティングが重要です。なお、マーケティングとは、自社がターゲットとする顧客にビジネスの存在を認知してもらい、購買につなげるための活動全般を指します。

近年では、人口減少の影響・感染症拡大の影響で実店舗への集客が難しくなってきているため、マーケティングの必要性が日に日に高まっています。

2.【オフライン】ローカルビジネスマーケティング手法3つ

オフラインでできるローカルビジネスマーケティングは、商圏内の居住者・勤務者、店舗の近くを通りかかった通行人などを対象とした集客に向いています。店舗の近辺で実施するマーケティングは、限られた地域を対象としたローカルビジネスの集客に有用です。

ここでは、オフラインのローカルビジネスマーケティング手法を3つ紹介します。

2-1.看板・のぼりを設置する

店舗の名称やサービス内容、所在地などを記載した看板・のぼりにより、自社がターゲットとする顧客を来店に結び付けることが可能です。特に、最寄り駅の周辺など人通りの多いエリアでは、看板・のぼりによる集客方法が効果を発揮します。

看板・のぼりのメリットとデメリットは次の通りです。

メリット デメリット
  • 商圏内のターゲット顧客に直接見てもらえる
  • 店舗の場所をわかりやすく伝えられる
  • 知名度を高め、信頼性が得られる
  • 掲載できる情報量が限られる
  • 効果的なデザインを行うための知識が必要になる
  • 高額な広告費が必要となる場合がある

看板・のぼりは顧客に興味を持ってもらえるだけでなく、ブランディング効果や店舗までの経路を案内できることもメリットとなります。ただし、限られた面積で効果的にメッセージを伝えるためには、デザインやキャッチコピーの工夫が必要です。

2-2.チラシを配布する

人通りの多い街頭や駅前などでチラシを配布することにより、自社で扱う商品やサービスの認知が広げられます。

チラシを配布することのメリットとデメリットは次の通りです。

メリット デメリット
  • 商圏内の居住者や勤務者に効果的に配布できる
  • 年齢や性別など自社のターゲット層に絞って訴求できる
  • 商品サンプルなどをつけて試してもらうことができる
  • 配布に労力や人件費がかかる
  • 天気が悪い日の屋外では配布が難しい
  • 配布できる数に限りがある

チラシは地域だけでなく、ターゲットとなる顧客の属性も絞って配布できる点がメリットとなります。また、商品サンプルなどを同梱したチラシにより、集客効果を高めることが可能です。ただし、配布するスタッフが必要となる点や、天気による影響を受けやすい点がデメリットとなります。

2-3.地域情報誌に掲載してもらう

地域情報誌に自社の情報を掲載してもらうことは、商圏内の居住者を対象としたマーケティングに有用です。各地域の自治体が発行する情報誌や、フリーペーパーなどの広告枠を活用することで、自社の情報発信ができます。

地域情報誌のメリットとデメリットは次の通りです。

メリット デメリット
  • 地域やターゲットの属性を絞って訴求できる
  • 自治体発行の情報誌は信頼が得やすい
  • 広告を配布する手間がかからない
  • 広告費がかかる
  • 情報誌の規定に従って広告案を作る必要がある

配布先が限定されている地域情報誌はターゲットが絞りやすく、広告を配布する手間をかけずに多くの対象者に訴求できる点がメリットとなります。一方で、掲載枠の場所や大きさに応じた広告費がかかることや、広告案を作成する際に情報誌の規定するフォーマットに合わせる必要があることなどがデメリットです。

3.【オンライン】ローカルビジネスマーケティング手法3つ

オンラインのマーケティング手法は、ターゲット顧客がインターネットで情報を探している場合や、専門性の高いローカルビジネスに適しています。

たとえば、貴金属買取店のようにオンラインで見積もりを受付け、サービスは実店舗で行う集客方法にもオンラインマーケティングが有用です。

ここでは、オンラインでできる主なローカルビジネスマーケティング手法を3つ紹介します。

3-1.MEO対策をする

MEO対策とは、Googleマップなどの地図検索エンジンで自社の情報を上位に表示させるための施策です。Googleが提供するローカルビジネス向けのサービスにデータを登録することで、地図アプリなどで検索を行うユーザーに自社を認知してもらえます。

MEO対策のメリットとデメリットは次の通りです。

メリット デメリット
  • 来店の見込みが高いユーザーに自社の情報を表示できる
  • ユーザーからの口コミや評価が得られる
  • 情報の掲載に広告費がかからない
  • ユーザーからのコメントに対応する必要がある
  • 営業時間やメニュー、会社所在地など最新情報の更新に手間がかかる

MEO対策は、見込み度の高いユーザーを無料で集客できる点がメリットになります。また、よい口コミ・評価が投稿された場合、ユーザーからの信頼を得ることが可能です。

ただし、ユーザーから批判的なコメントが投稿された際は、適切なコミュニケーションが必要となります。また、営業時間・サービス内容などの情報更新に手間がかかる点が、MEO対策のデメリットです。

3-2.リスティング広告を掲載する

リスティング広告とは、検索エンジンのユーザーに対して表示できるオンライン広告です。特定のキーワードを検索したユーザーに対して自社の広告を表示し、Webサイトへのアクセスを集められます。

リスティング広告のメリットとデメリットには次のような項目があります。

メリット デメリット
  • 配信先の地域や時間帯、キーワードなど対象を細かく指定できる
  • 広告がクリックされない限り広告費がかからない
  • 少額の広告費から運用できる
  • 競合性の高いキーワードは1クリックああたりの広告費が高騰している場合がある
  • 運用にノウハウが必要

リスティング広告は、広告の配信先を細かく指定できる点がメリットです。また、広告のクリックが発生するまで広告費がかからず、限られた予算を有効活用できます。

ただし、競合性の高いキーワードの場合は1クリックあたりの広告費が高くなることや、効果的なプロモーションには広告運用ノウハウが必要なことがデメリットです。

3-3.SNS運用をする

Facebook・Twitter・InstagramなどのSNSを運用することも、ローカルビジネスの集客に効果を発揮します。自社のアカウントで、自社の商品やブランドをアピールし、来店を促進することが可能です。

SNSには次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
  • 広告費をかけずに運用できる
  • 自社の情報をターゲット顧客に詳しく知ってもらえる
  • 情報が拡散された場合、多くの認知を獲得できる可能性がある
  • 批判的なコメントが寄せられる場合がある
  • ターゲット地域の絞り込みが難しい

SNSのメリットは、広告費がかからないことや、写真や動画が使えるため投稿できる情報量が多いことなどです。また、自社が投稿したコンテンツが拡散されると、多くのユーザーから認知が得られます。

一方で、情報を表示するターゲット地域の絞り込みが難しい点や、批判的なコメントが寄せられる場合がある点がデメリットです。SNSを運用する際は、ユーザーからのネガティブな反応をされないよう投稿内容に注意して、自社の情報をアピールしましょう。

まとめ

ローカルビジネスとは、実店舗で商圏内の顧客をターゲットとして展開するビジネスのことです。飲食店や美容室、地域密着型の士業などがローカルビジネスに含まれます。

ローカルビジネスで効果的に集客をするために、オフライン・オンライン両方のマーケティング施策が必要です。集客手法によって効果やメリット・デメリットが異なるため、活用方法を正しく理解したうえで取り組むことがポイントとなります。

ローカルビジネスを運営している方は、自社に合うマーケティング施策に取り組んでみてはいがでしょうか。

Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH