302リダイレクトとは?301との違い・言語別の設定方法も解説

SEO

302リダイレクトとは?301との違い・言語別の設定方法も解説

リダイレクトとは、アクセスしたユーザーを別ページへ自動的に転送する処理のことです。主に、Webサイトの移転やリニューアルを行う際に用いられます。

リダイレクトには「301リダイレクト」と「302リダイレクト」と、HTTPステータスコードの異なる2種類があり、それぞれ使用に適した場面が異なります。302リダイレクトは定期的に用いる可能性の高い方法であるため、設定方法までしっかり把握しておきましょう。

今回は、302リダイレクトについて深く知りたい方に向けて、302リダイレクトとの違い、気になるSEO面の影響、設定方法を徹底的に紹介します。サイトを運営するWeb担当者の方は、必見です。

1.302リダイレクトとは?使用するタイミングも

リダイレクトの種類の一つである302リダイレクトとは、一時的なリンク移転の際に用いられる転送方法です。

使用するタイミングは、主にサイトのリニューアルやA/Bテスト、サーバーエラーによる一時的なメンテナンス、短期間のみ他ページをメインページにする場合が考えられます。

また、302リダイレクトは一時的と言っても、具体的な転送期間が定められているわけではありません。リダイレクトの目的により、数日から1週間程度とそれぞれ期間は異なります。リダイレクトの目的を果たした際は、本来のURLに戻すことが基本です。そのため、検索結果に表示される内容は転送前のページ情報となります。

2.301リダイレクトと302リダイレクトの違い

前述のとおり、リダイレクトには302リダイレクトのほか、301リダイレクトも存在します。どちらもページを転送するという点に変わりはないものの、それぞれの違いを把握したうえで適切な方法を用いなければ、SEO面に何らかの影響を与えかねません。

ここからは、301リダイレクトと302リダイレクトの違いについて解説します。

2-1.URLの転送が「恒久的」か「一時的」か

302リダイレクトは、一時的にページを転送したい際に用いられる方法です。一方、301リダイレクトは恒久的、いわゆる半永久的にページを転送したい際に用いられます。

301リダイレクトの使用タイミング 302リダイレクトの使用タイミング
  • ドメイン変更をしてサイトの完全移転を行う場合
  • サイトのSSL化(https化)を行う場合
  • URLの正規化(wwwの有無・index/htmlの有無の統一など)を行う場合
  • サイトのリニューアルやA/Bテストを行う場合
  • サーバーエラーによる一時的なメンテナンスを行う場合
  • 短期間のみ他ページをメインページにする場合

上記のように、301リダイレクトは「本来のURLに戻すことのないケース」で用いることが基本です。301リダイレクトの場合、検索結果に表示される内容は移転先(転送先)のページ情報となります。

2-2.インデックスが変わるまでの期間が「長い」か「短い」か

301リダイレクト・302リダイレクトどちらも、表示されるページは設定した移転先に引き継がれることに変わりはありません。

しかし前述のとおり、302リダイレクトは検索結果画面に表示される内容が本来のページ情報である一方、301リダイレクトは移転先のページ情報です。このことから、検索エンジンが移転を認識するまでの期間は、301リダイレクトの方が早いことがわかります。そのため、「検索結果には移転元のページ情報から変更させたくない」という場合は、302リダイレクトの使用がおすすめです。

なお、302リダイレクトを用いた場合でも、検索エンジンが恒久的なリダイレクトであると認識した場合、検索結果には移転先の情報が反映されるケースもあります。

3.リダイレクトによってSEOに影響は出る?

リダイレクトによって、SEO面でどのような影響があるのか気になる方も多いでしょう。特に気になる点は、「移転元のページランクが、移転先に引き継がれるかどうか」です。ページランクとは、ページの評価指標のことで、ページランクが高ければ高いほど上位表示しやすくなるとされています。

かつてリダイレクトは、「移転元のページランクは引き継がれない」と言われていました。302リダイレクトは一時的なリダイレクトとなるため、SEO効果を左右する要素であっても懸念する必要はさほどないものの、積極的に行うべき方法ではありません。しかし2017年に、Googleのゲイリー・イリェーシュ氏は「301リダイレクト・302リダイレクトのどちらも、ページランクは移転先に引き継がれる」と名言しました。

これにより、現在ではページランクによるSEO評価への悪影響はなく、検索順位が大きく変動する可能性は低いことがわかります。とは言え、リダイレクト後は検索結果などインデックスの影響により、アクセスが一時的に落ちる恐れがある点に注意しておきましょう。

4.302リダイレクトの設定方法4つ

サイトのリニューアルやメンテナンスなどは、サイトの運営において定期的に必要となる作業です。常に適切な方法をとれるよう、代表的な302リダイレクトの設定方法を把握しておきましょう。

302リダイレクトは、主に下記の方法を用いて設定することが可能です。

  • .htaccess
  • PHP
  • HTML
  • JavaScript

最後に、302リダイレクトの設定方法を、上記に分けてそれぞれ詳しく解説します。

4-1..htaccessの場合

.htaccessを用いた302リダイレクトは、最も使用されることの多い方法です。移転元サーバーに.htaccessファイルを置くことで、サイトを一括でリダイレクトできます。

.htaccessを用いた302リダイレクトの設定手順は、下記の通りです。

1 テキストエディタ(メモ帳)を使用し、「.htaccess」ファイルを作成
2 「.htaccess」ファイルに適切なコードを入力
3 入力した「.htaccess」ファイルを、FTPソフトでサーバー上にアップロード

.htaccessを用いた302リダイレクトの具体的な記述例を、下記にケース別で紹介します。

〇ドメイン移転(サイト移転)を行う場合(「○○○.com」→「●●●.com」)

RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.○○○\.com$
  RewriteRule ^(.*)$ http://www.●●●.com/$1 [R=302,L]

〇ページ単位でリダイレクトする場合(「○○○.html」→「●●●.html」)

RewriteEngine on
    RewriteRule ^○○○\.html$ http://www.example/●●●.html [R=302,L]

4-2.PHPの場合

PHPを用いた302リダイレクトは、移転元HTMLファイルの先頭部分にPHPを記述して、ページを転送する方法です。.htaccessのアクセスや利用が制限されているサーバーの場合は、おすすめの設定方法と言えます。

PHPの記述例は、下記の通りです。

<?php
header('Location: http://●●●.com/');
exit();
?>

※「●●●.com」=移転先URL

作業自体は容易であるものの、条件分岐が複雑であり、一つひとつのファイルに記述する必要もあるため、作業量が多くなってしまう可能性がある点に注意してください。

4-3.HTMLの場合

HTMLを用いた302リダイレクトは、<head>内にmetaタグ(meta refresh)を記述してページを転送する方法です。「当サイトは移転しました。○秒後に自動的にジャンプします」という表示がされるページに見られる方法で、meta refreshリダイレクトとも言われます。

設定方法は簡単で、移転元HTMLファイルの<head>タグ内に、下記の移転指示の記述を入れるのみです。

<meta http-equiv=”refresh” content=”0;URL=’●●●.com'” />

※「●●●.com」=移転先URL

content部分の数字は、何秒後に転送させるかを指定する数値です。数が大きければ移転までの時間がかかるため、0秒に設定することをおすすめします。

また、HTMLを用いたリダイレクトは、Googleから推奨されていません。302リダイレクトの場合であっても、他のリダイレクト方法が使用できない際の最終手段として用いると良いでしょう。

4-4.JavaScriptの場合

JavaScriptを用いた302リダイレクトは、移転元HTMLファイルの<head>内にscriptタグを記述してページを転送する方法です。記述例は、下記の通りです。

<script type="text/javascript">
<!–-
setTimeout("link()", 0);
function link(){
location.href='●●●.com';
}
-->
</script>

※「●●●.com」=移転先URL

setTimeout部分の数字は、HTMLを用いた302リダイレクトのcontent部分の数字と同様、移転先に転送させるまでの秒数を示しています。

また、中にはJavaScriptを無効化にしているユーザーもいます。JavaScriptが無効化されているブラウザでは、リダイレクトが実行されません。そのため、Googleもサポートはしているものの、非推奨となっています。

HTMLリダイレクト(meta refreshリダイレクト)と同様、他の設定方法でリダイレクトが実行できない場合の最終手段として用いることがおすすめです。

まとめ

302リダイレクトは、一時的なリダイレクトの際に用いる方法です。かつては移転先にページランクが引き継がれないと言われていましたが、現在では完全に引き継がれるため、SEOによる大きな悪影響はないと言っても過言ではありません。

しかし、302リダイレクトにはさまざまな設定方法が存在します。適切な方法で設定しなければ、一部のユーザーにリダイレクトが実行されなかったり、作業の負担がかかってしまったりして、運営や管理に何らかの影響を与える可能性があります。

301リダイレクトと302リダイレクトの違いや、302リダイレクトの各設定方法などさまざまな知識を得たうえで、適切な方法でリダイレクトを実行してください。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY