【有料・無料】SEO対策に最適なWordPressのテーマ8選と選び方

SEO

【有料・無料】SEO対策に最適なWordPressのテーマ8選と選び方

WordPressでWebサイトを作成するにあたって、どのようなテーマを導入するべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。WordPressはテーマによってSEO対策のしやすさが異なるため、テーマの特徴を理解したうえで導入することが大切です。

当記事では、WordPressのテーマを導入するメリットや、SEO対策に強いテーマ選びのポイント、SEO対策に適したWordPressテーマについて解説します。検索順位を高め、アクセス数を増やしたいWebサイトを運営している方は、ぜひ参考にしてください。

1.WordPressのテーマを導入するメリット

WordPressには標準で設定されているテーマのほかにも、複数のテーマが存在します。標準のテーマ以外を導入する主なメリットは次の2つです。

●サイトのデザインを簡単に整えられる

WordPressに導入するテーマを変更すると、Webサイトのデザインを簡単に整えられます。Webサイトのジャンルや内容に合わせてテーマを選ぶことで、イメージ通りのデザインを実現することが可能です。

●SEO対策がしやすくなる

WordPressにテーマを導入する2つ目のメリットとして、SEO対策に有利な点が挙げられます。WordPressのテーマは見た目だけではなく、内部リンクの構造なども設定できるため、検索エンジンのアルゴリズムから評価されやすいWebサイト作りが可能です。

2.SEO対策に強いWordPressのテーマ選びのポイント4つ

WordPressはテーマによってサイト構造が異なるため、使用するテーマ選びはSEO対策に取り組むうえで重要な項目となります。ページの表示速度やスマホ対応の可否などが、SEO対策に強いテーマ選びのポイントです。

以下では、WordPressのテーマを選ぶ際に重視するべき4つのポイントについて、詳しく解説します。

2-1.ページの表示速度が速い

SEO対策において、Webページが表示される速度は重要なポイントです。Webページに掲載するテキストや画像のボリュームが同じであっても、WordPressのテーマによって表示速度は異なります。

ユーザーがWebページにアクセスしてから、ブラウザにコンテンツが表示されるまでの時間が短いほど、検索エンジンに高く評価される傾向です。そのため、ページの表示速度にこだわって作られたWordPressテーマを選ぶことで、SEO対策に強いWebサイトが作成できます。

2-2.パンくずリストが正しく表示される

「パンくずリスト」はWebサイトの上部などに表示されるリンクです。トップページから現在のページにいたるまでの階層構造が、パンくずリストに表示されます。

パンくずリストが表示されている場合、ユーザーは閲覧中のページを把握しやすく、Webサイト内にある別のページにもアクセスしやすい傾向です。また、検索結果画面にパンくずリストの内容が表示され、流入数が増えるケースもあります。

2-3.構造化データを設定できる

構造化データとは、Webサイトのコンテンツを、検索エンジンのクローラーに対して読み取りやすくするための仕組みを指します。単にHTMLで記述されたページと比較して、構造化データが設定されたページは検索エンジンから高く評価される傾向です。

また、構造化データが設定されているWebサイトは、リッチスニペットと呼ばれる形式で検索結果画面に表示される場合があります。リッチスニペットが表示されると検索結果画面で目立ちやすくなるため、検索ユーザーからの注目を集めることが可能です。

WordPressテーマによっては、構造化データの設定機能が付いています。構造化データの設定に対応したテーマを導入することで、WordPress初心者やHTMLの詳しい知識がない方であっても、SEO対策に強い設定が可能です。

2-4.スマホ対応ができる

スマホ対応の可否も、WordPressテーマを選ぶ際のポイントとなります。スマホ対応ができるWordPressテーマが導入されたWebサイトは、画面サイズが小さいデバイスからも快適に閲覧することが可能です。

スマホに対応したWordPressテーマを導入した場合、スマホ向けに最適化したページを新たに作成する必要はありません。テーマを導入することにより、利便性の高いWebサイトを自動的に構築できます。

スマホからの閲覧を最適化している利便性の高いページは、検索エンジンからも高く評価される傾向です。

3.【無料】SEO対策に適したWordPressのテーマ4選

無料で使用できるWordPressテーマには、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • コストがかからない
  • 種類が豊富
デメリット
  • カスタマイズ性が低い
  • サポートが受けられない

SEO対策に適した主な無料WordPressテーマは、次の4つです。

●COCOON

COCOON(コクーン)は無料テーマでありながら、シンプルで洗練されたデザインや、SEO対策向けの豊富な機能が特徴となっています。COCOONの主な機能は次の通りです。

  • ページ表示速度の高速化機能
  • スマホ対応、レスポンシブ対応
  • 切り替え可能な複数のデザインテンプレート
  • W3C準拠のHTML、CSS
  • ランキングや吹き出しなどの編集機能
  • SNSのシェアボタン、フォローボタンの追加機能

●Luxeritas

Luxeritas(ルクセリタス)は、ページの表示速度が高速である点が特徴となっています。Luxeritasの主な機能は次の通りです。

  • ページ表示速度の高速化機能
  • レスポンシブ対応
  • SNSとの連携機能
  • 通常ページに近い見た目のAMPページ作成機能

AMPとは、モバイル向けにページの表示速度を高める仕組みを表します。Luxeritasを使用すると、通常ページに近いデザインのAMPページを簡単に作ることが可能です。

●STINGER

STINGER(スティンガー)はSEOに強く、豊富な機能が簡単に使用できる点が特徴となっています。STINGERの主な機能は次の通りです。

  • シンプルかつカスタマイズしやすいテンプレート
  • トップ画像のアニメーション機能
  • 関連記事リストの作成機能
  • アドセンス向けのウィジェット

●LION BLOG

LION BLOG(ライオンブログ)はサイトデザインのカスタマイズ性が高く、ページの表示スピードが速い点が特徴となっています。LION BLOGの主な機能は次の通りです。

  • タグによる細かなデザイン設定
  • レスポンシブ対応
  • ページ表示速度の高速化機能
  • AMPページ作成機能

4.【有料】SEO対策に適したWordPressのテーマ4選

有料のWordPressテーマには、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
  • デザイン性が高い
  • 投稿内容の編集機能やSEO機能が豊富
  • 管理画面が使いやすい
  • カスタマイズしやすい
デメリット
  • コストがかかる
  • 種類が少ないためデフォルトのデザインでは他社サイトと似てしまう場合がある

SEO対策に適した主な有料WordPressテーマは、次の4つです。

●THE THOR

THE THOR(ザ・トール)はSEO対策向けの機能だけではなく、マーケティング向けの機能や操作性にも優れている点が特徴となっています。THE THORの主な機能は次の通りです。

  • ページ表示速度の高速化機能
  • レスポンシブ対応
  • モバイル向けの操作性を高めるPWA機能
  • CTAボタンの設置機能

THE THORには2つの料金プランがあります。各プランの内容と料金は次の通りです。

プラン名 料金 内容
テーマ&サポートプラン 16,280円(税込)
  • WordPressテーマ
  • 会員限定サイト利用権
  • 無料バージョンアップ
  • インストール時のメールサポート
らくらくサーバーセットプラン 30,140円(税込)
  • WordPressテーマ
  • 会員限定サイト利用権
  • 無料バージョンアップ
  • 高速SSDサーバー1年間分
  • ドメイン1年間分
  • テーマのインストールと初期設定代行

●AFFINGER5

AFFINGER5(アフィンガーファイブ)は、豊富なデザインテンプレートと充実したSEO対策機能が特徴となっています。AFFINGER5の主な機能は次の通りです。

  • デザイン性の高い豊富なテンプレート
  • SEO内部対策機能
  • レスポンシブ対応
  • ヘッダー部分の動画やスライドショー表示機能
  • 複数サイトでの利用が可能

AFFINGER5の料金プランは1種類のみとなっています。料金設定は次の通りです。

料金 内容
14,800円(税込) テーマのダウンロード
※商品ダウンロード期限…購入から7日間
※ダウンロード回数…7回

●SANGO

SANGO(サンゴ)は、内部SEO対策やカスタマイズ性の高いおしゃれなデザインテンプレートが特徴となっています。SANGOの主な機能は次の通りです。

  • SEO向けの内部構造
  • デザイン性とカスタマイズ性の高いテンプレート
  • 豊富なアニメーション機能
  • レスポンシブ対応

SANGOには2種類の料金プランがあります。各プランの内容と料金は次の通りです。

プラン名 料金 内容
通常契約 11,000円(税込) WordPressテーマ
WINGパック 9,900円(税込)
  • WordPressテーマ
  • ConoHa WINGのサーバー(※)
    ※3か月以上の契約が条件
    ※サーバー料金が別途必要

●JIN

JIN(ジン)は、アフィリエイトやWeb集客に役立つ収益化機能が特徴となっています。JINの主な機能は次の通りです。

  • SEO向けの内部対策
  • ページ表示速度の高速化機能
  • コンバージョンの獲得を意識したCTAエリアの作成機能
  • 使いやすい記事エディター機能
  • 豊富なデザインテンプレート
  • 複数サイトで利用可能

JINの料金プランは1種類のみとなっています。料金設定は次の通りです。

料金 内容
14,800円(税込) テーマのダウンロード

まとめ

WordPressのテーマには、初心者でもデザインを整えられることや、SEO対策のしやすいことなど、さまざまなメリットがあります。SEO効果の高いWordPressテーマを選ぶ際は、ページの表示速度やパンくずリストの表示などのポイントを押さえることが大切です。

WordPressのテーマには無料版と有料版があり、機能性やメリットが異なります。コストをかけずに最低限の対策を行いたい場合は、無料のテーマが有用です。一方、機能面を重視する場合や、カスタマイズを行いたい場合は有料のテーマが適しています。

Webサイトを上位表示させたい方は、テーマの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH