目標設定の意義とは|結果にコミットした目標を立てる4つのコツ

Webマーケティング

目標設定の意義とは|結果にコミットした目標を立てる4つのコツ
どのような分野においても、パフォーマンスを発揮して結果に繋げるためには、目標設定を行うことが必要不可欠です。また、目標設定の方法次第で、目標達成率・マインドセット・日々の行動も大きく変わるため、適切な目標設定を行いたいと考える方は多いでしょう。 当記事では、目標設定を行う意義から、目標設定の方法、コツまでを紹介します。自分に合った目標設定を行いたい方や、目標設定で従業員のパフォーマンス向上を実現したい方は参考にしてください。

1.目標設定を行う意義

あらゆる分野において優れた成果を出すためには、適切な目標設定を行うことが非常に重要です。偉業を達成した方は例外なく目標設定を上手に活用しています。 ここでは、目標設定を行う意義について解説します。

●モチベーションの維持・向上

目標設定が適切でないと、向かうべき方向性がわからずモチベーションも上がらないため、結果に繋げることができません。モチベーションを高めて積極的に物事に取り組むためには、適切な目標設定を行うことが大切です。

●課題の明確化

目標設定を行うことで、取り組むべき課題を明確化できます。限られた時間・コスト・リソースを有効活用するためにも、初めに適切な目標設定を行ってから物事に取り組むことが重要です。

●ポジティブな思考

目標設定は、目標に到達するまでの行動だけでなく、思考にも大きな影響を及ぼします。達成に意義を見いだせる目標を設定すれば、日々ポジティブな思考で達成に向けて積極的に活動することができるでしょう。

2.目標設定の方法

目標設定の手法・テクニックはたくさんありますが、あらゆる目標設定の方法に共通して盛り込まれている要素が、「What(何を)」「When(いつ)」「Why(なぜ)」の3点です。 上記3つの要素を目標設定に盛り込むことで、有用性の高い目標設定を行うことができます。ここでは、目標設定において重要な3つの要素について紹介しながら、目標設定の方法を解説します。

2-1.【What】何を目標とするのか

目標の内容によって到達できるゴールや得られる成果は変わるため、「何を目標とするか」は最も重要な項目と言えます。しかし、「何を目標にするか決められなくて困っている」という方は少なくないでしょう。 何を目標とするか考える際には、以下で紹介する目標の種類について把握しておくことが大切です。

1.発生型の目標

現に発生している問題や課題を取り上げ、それをなくすことを目標とします。明確な基準が既に存在しているため、到達すべきゴールとそこに至るまでのプロセスを考えることは比較的容易です。

2.設定型の目標

将来のあるべき姿・理想像を自ら見いだして設定する目標のことです。明確な基準がないため、難しくても頑張れば手の届く難易度の目標と計画を、うまく設定する必要があります。
実際に目標を何にするか考える際には、現状と照らし合わせて上記のどちらが適切か判別することがポイントとなります。 また、状況が許すなら、発生型の目標から優先的に取り組むことをおすすめします。

2-2.【When】いつ目標を達成するのか

目標設定を行う際には、いつまでに目標を達成するのかという目標達成期限を設けることが非常に重要です。いかにすばらしい目標を立てたとしても、期限がなければ緊張感も感じられずいつまでもメリハリのない行動を取ってしまうためです。 明確な目標達成期限を設定しておけば、現在の進捗状況・達成状況や目標達成までの見通しも把握できるため、日々の前進を実感できます。また、モチベーションも上がるため、目標達成の確率も高くなるでしょう。 目標達成期限を設定する際には、最終的に達成すべき中長期的な目標の期限だけでなく、1ヶ月・1週間単位での細分化した目標達成期限も設定することがポイントです。細分化した目標達成期限の設定によって、進捗の把握だけでなく、状況に合わせた細かい軌道修正も容易に行うことができます。

2-3.【Why】なぜ目標を立てるのか

機械的に目標を設定してしまうと、目標達成に意義を見いだせずモチベーションが下がる可能性が高まります。そのため、目標設定を行う際には、「なぜ目標を立てるのか」という理由付けが非常に重要となります。 ポイントは目標設定の背景を自分で想像し、自分の役割や目標達成のための行動に意味付けを行うことです。
例:営業成績を20%アップさせて、営業チーム内で一人前のポジションを担う
上記の例では、単に会社のために成績をアップさせるだけではなく、自分がなりたい将来の姿を目標設定に繋げています。仕事を通じて自己実現を行う目標設定となっているため、高いモチベーションを維持しながら目標達成へ向かうことができるでしょう。

3.効果的な目標設定の4つのコツ

前述の通り、目標は設定するだけで達成できるわけではなく、取り組む人が目標に意義を見いだし、モチベーションやポジティブな思考を維持しなければなりません。 ここでは、目標達成への行動を促し、達成率を上げる、効果的な目標設定のコツを4つ紹介します。

3-1.小さい目標から設定する

大きな目標を持つことは素晴らしいですが、モチベーションの低下や計画の頓挫により失敗に終わるリスクもあります。 最初は達成可能な小さい目標を設定して、段階的に難易度を上げることが上手な目標設定の方法です。大きな目標を達成したい場合においても同様で、目標を細分化し、「小さい目標→大きい目標」の順で取り組むとよいでしょう。 目標は達成してこそ意義があるため、手堅く小さい目標から始めることがおすすめです。

3-2.モチベーションアップに繋がる目標を設定する

モチベーションは、目標達成に大きく影響する要素です。高いモチベーションを保ち続けることができれば、多少の困難や苦労があっても、それを乗り越えて目標達成へと向かうことができます。 そのため、目標設定を行う際には、意識的にモチベーションアップに繋がるように設定することが重要なポイントとなります。「自分にとって重要」「強い興味・関心がある」「優先順位が高い」ことを意識することがコツです。 目標設定を行っても、肝心のモチベーションがなければ達成率は大きく落ち込みます。モチベーションは想像以上に重要であるため、目標設定の際には必ず意識しておきましょう。

3-3.具体的な目標を設定する

目標設定において重要なポイントのひとつが、目標に具体性を持たせることです。目標が曖昧だと、目指すべきゴールや道筋も見えてこないため、結果に繋げることが難しくなります。 具体的な目標を設定するコツは、具体的な数値を設定することです。数値を目標とすることで、目指すべきゴールが明確になり、達成度合いも計測できます。 目標を数値で設定することは、多くの成功者が実際に行ってきた方法であり、ビジネスにおいては特に重要な考え方であるため、ぜひ実践してみてください。

3-4.設定した目標は紙に書き出す

設定した目標を紙に書き出すことは非常におすすめです。実際に手を動かして書き出す動作を行うことで目標を強く意識するため、潜在意識にもインプットされやすくなります。 目標を紙に書いた人と書かなかった人では、書いた人のほうが目標達成の可能性が高まるとする研究発表もあります。 目標を紙に書き出す際のポイントは、「○○を達成したい」などの願望ではなく、「○○を達成する」という言い切りのフレーズで具体的な内容を書き出すようにしましょう。

まとめ

目標設定を行うことは、あらゆる分野でのパフォーマンスや成果の向上に効果的です。適切に目標設定を行う術を身に付ければ、これまでよりも高い成果をスムーズに得ることが期待できます。 当記事で紹介した目標設定の方法やコツは、すぐに取り入れられるものばかりです。現在、仕事や勉強で伸び悩んでいる方や、成果が出なくて悩んでいる方は、目標設定の方法を見直し、改めて自分に合った目標設定を行ってみてはいかがでしょうか。
【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
【2024年6月最新版】Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH