コンテンツマーケティングの導線で成果を出す分析や改善方法とは?

SEO

コンテンツマーケティングの導線で成果を出すためには?

企業でWebサイトやブログなどを運営するなかで、導線設計というキーワードを知ったものの、具体的な方法がわからず困っている方も多いのではないでしょうか。Webサイトやブログへのアクセスを効果的に集客へ結びつけるためには、訪問者がスムーズに回遊できるような導線設計が重要です。

当記事では、コンテンツマーケティングの概要や導線設計が重要な理由、導線の具体的な改善策について解説します。Webマーケティングの担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

1.コンテンツマーケティングとは?

まずは、コンテンツマーケティングという用語自体を詳しく知らない方向けに、概要を解説します。

コンテンツマーケティングは、インターネットを通じて集客を行う手法の1つです。検索エンジンを利用して何らかの情報を探しているユーザーが、コンテンツマーケティングの対象となります。

検索ユーザーの悩みや疑問に答える良質なコンテンツをWebサイトにアップすると、検索エンジン上で上位に表示される傾向です。そのため、自社がターゲットとするユーザー層に役立つブログを運営することで、見込み度の高いユーザーからのアクセスを集めることができます。

コンテンツマーケティングはWeb広告と異なり、アクセスを集める際に広告料金がかかりません。そのため、検索エンジンからの流入が多い自社サイトを構築できれば、コストパフォーマンスの高い集客をすることが可能です。

2.コンテンツマーケティングで導線が重要な理由

検索エンジンから自社サイトへのアクセスが数多く集まっても、最終的に商品やサービスの購入に結びつかなければ集客効果は得られません。コンテンツマーケティングで集客効果を得るためには、自社サイトにアクセスしたユーザーがストレスなく情報を取得し、自社の商品やサービスに興味を持ってもらうための導線づくりが重要となります。

導線設計が適切ではなかった場合、自社サイトにアクセスしたユーザーは必要な情報を見つけられず、すぐに離脱してしまう傾向です。どのような情報がWebサイトのどこに書かれているか、どのような順番でページを閲覧すればよいかを明らかにしておく必要があります。

また、ユーザーが有益な情報を得ただけで満足してしまっても、コンテンツマーケティングによる集客は見込めません。資料請求や商品の購入、お問い合わせなど、なんらかのコンバージョンに結びつけることが重要です。ユーザーの心理状態や行動を踏まえてWebサイトの導線設計を設計すれば、集客効果が高まります。

3.コンテンツマーケティングの導線を分析するポイント

コンテンツマーケティングを実施していても、期待通りの成果があがっていない場合、Webサイトの導線を分析することが重要です。現状のデータを分析すれば、ユーザーが離脱してしまっている箇所や、改善すべき箇所が把握できます。

コンテンツマーケティングの導線を分析する際のポイントは、次の通りです。

3-1.ユーザーが最初に見るページを把握する

Webサイトに含まれるページのなかで、ユーザーが最初に見るページを把握することが、導線を分析するポイントです。ユーザーが最初に見るページは「ランディングページ」ともよばれ、アクセス解析ツールで確認することができます。

ユーザーが最初に見るページは、必ずしもWebサイトのトップページとは限りません。商品やサービスの詳細が書かれているページや、お役立ち情報が書かれているページから閲覧が開始される場合もあります。

ユーザーが最初に見るページは導線におけるスタート地点にあたるため、改善するべき最初のコンテンツを把握することが可能です。

3-2.閲覧数の多いページを特定する

ランディングページだけではなく、閲覧数の多いページを特定することも、導線の改善に役立ちます。閲覧数の多いページは、ページの内容に興味・関心を持っているユーザーが多いページと捉えることが可能です。

閲覧数の多いページは、ほかのページと比較して導線を改善した際の成果が大きく現れます。そのため、閲覧数の多いページから優先的に導線を改善することが重要です。閲覧数の多いページの導線が滞っていると、Webサイト全体の回遊に支障をきたすため、早めに改善することがポイントとなります。

3-3.サイト内のユーザー行動を確認する

アクセス解析ツールを使用すれば、ユーザーがページをどこまでスクロールしたか、どのぐらいの時間ページに滞在したかなどの行動を確認することが可能です。また、最初に閲覧したページから、離脱したページまでにどのような順番でサイト内を回遊したかも把握できます。

Webサイトを作成した時点で意図していた導線と、実際の行動パターンが異なっていた場合、導線設計の見直しが必要です。サイト内のユーザー行動を確認すれば、リンクやボタンが適切に使用されていない箇所や、予想以上によくアクセスされているページなどが見つかります。

4.コンテンツマーケティングの導線を改善する方法

コンテンツマーケティングにおいて成果を得るためには、対象サイトを分析した結果を踏まえて導線設計を見直すことが大切です。導線が意図した通りに機能していない箇所は、次のいずれかにあてはまる可能性があります。

  • 関連情報にアクセスするためのリンクがわかりにくい
  • コンバージョンを促すための構成ができていない

上記の2つを解決するため、次のような方法で導線を改善しましょう。

4-1.コンテンツ内に関連記事・ページのリンクを張る

導線設計が意図通りに機能していないページで、コンテンツと関連する記事やページへのリンクを張ることが有効です。

ページのコンテンツを閲覧したユーザーが、さらに知りたくなるような情報をリンクとして提示すれば、興味を持ってクリックしてもらえる可能性が高まります。また、コンテンツと関連性が高い自社の商品・サービスの紹介ページへリンクを張ることも、導線の改善施策として効果的です

Webサイト内での内部リンクのほか、自社が運営する別のサイトへの外部リンクなども張り、ユーザーの興味を引く情報を提供しましょう。

リンクはテキストとして表示するだけではなく、バナーやサムネイル画像をアイキャッチとして活用すると、より効果が高まります。

4-2.コンテンツをCVにつながりやすい構成で作る

Webページで伝えるコンテンツを、コンバージョンにつながりやすい構成で制作するためには、自然な流れで誘導することが大切です。

ページの冒頭で最初から商品説明をしても、サイト訪問者の興味を引くことはできません。先にユーザーが求めている情報を提供し、文章の流れのなかで話題を変えて、商品やサービスを紹介すると、離脱されずにコンバージョンが促せます。

また、ページの内容によっては、商品やサービスの紹介に直接つなげることが難しい傾向です。その場合は、無理にコンバージョンへの導線を作らず、関連する別の既存記事ページへのアクセスを促し、購買意欲を高めるような導線設計が効果を発揮します

さらに、資料請求や商品購入などがスムーズにできるよう、行動によってユーザーが得られるメリットを明示しておくことも導線設計のポイントです。情報収集をしているユーザーの検索ニーズや目的を考え、メリットをわかりやすく提示するような形となっているかを踏まえたうえで、構成を最適化しましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングは、自社で運営するブログなどを用いてアクセスを集め、集客につなげるマーケティング手法です。コンテンツマーケティングでは、ユーザーが必要な情報にたどり着きやすいように、導線設計を行うことが重要となります。

導線を改善する際は、現状を分析して問題点を把握することが最初の一歩です。そして、コンテンツ内に適切なリンクを張ったり、コンテンツ自体をコンバージョンにつながりやすい構成に作り替えたりすることで、導線が改善できます。

自社サイトを運営している方は、ぜひ導線を見直してサイト改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
中小企業の採用成功モデル!2024年に中小企業がすべき「採用」と「定着」の人事戦略
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY