キーワードマップの作成に役立つツール4選|マップの活用方法も解説

SEO

キーワードマップの作成に役立つツール4選|マップの活用方法も解説

自社サイトのSEO対策に取り組むなかでキーワードマップという用語を見聞きしたものの、活用方法や効果がわからず気になった人も多いのではないでしょうか。キーワードマップを作成すると、従来の方法と比べて効率的にキーワードリストを扱い、コンテンツ作りに活かすことが可能です。

この記事では、「キーワードマップの概要」や「活用目的」「人気のキーワードマップツール」「効果的な活用方法」について解説します。キーワードマップについて詳しく知り、Webサイト運営やコンテンツマーケティングに活用したい人はぜひ参考にしてください。

1. キーワードマップとは?

キーワードマップとは、検索エンジンのユーザーが過去に調べたキーワードを、関連性の高さでまとめたマップのことです。キーワードマップには複数のキーワードが表示され、関連性の高いキーワード同士は線で結ばれています。

また、キーワードマップを作成するツールもキーワードマップと呼ぶことが一般的です。ツールの種類によっては、キーワードの検索ボリュームや競合性などの情報を表示できる場合もあります。

1-1. キーワードマップの活用目的

キーワードマップを活用する主な目的は、下記の通りです。

・関連性の高いキーワード群を視覚的に捉えられる

キーワードマップを使用すると、関連性の高いキーワード群を視覚的・直感的に捉えられます。キーワードマップが登場する以前のツールでは、単にキーワードの一覧をリストアップすることしかできませんでした。一方、キーワードツールを使用すると、放射状に延びた線によって関連キーワードのまとまりを可視化することが可能です

・ユーザーの検索意図を把握できる

キーワードマップに表示されたキーワード群に目を通すことで、ユーザーが検索エンジンを使用した目的を把握できます。関連性の高いキーワード同士がまとまって表示されるため、ユーザーの検索意図を知ることが可能です。

・SEO対策につながるキーワードの取りこぼしや重複を防げる

キーワードマップでは、ユーザーが実際に検索したキーワードが網羅的に表示されます。SEO対策において重要なキーワードをリストアップできるため、施策時にキーワードの取りこぼしや重複を防ぐことが可能です

2. 【比較】人気キーワードマップツール4選

キーワードマップの機能は、ツールの種類によってさまざまです。また、キーワードマップには無料のツールと有料のツールがあります。

キーワードマップを導入する際は、利用目的や予算を考慮して自社に合うツールを選ぶことがポイントです。ここでは、人気の高いキーワードマップツールを4つ紹介します。

2-1. keysearch Beta

keysearch Betaは、無料で利用できるキーワードマップツールです。keysearch BetaのURLにアクセスし、入力欄にキーワードを入れることで簡単にキーワードマップを出力できます。

keysearch Betaのメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット

・コストがかからない

・登録不要で使える

・操作画面がシンプルで使いやすい

・キーワードマップを出力するスピードが速い

デメリット

・3階層までしか表示できない

・表示される関連キーワード数が比較的少ない

keysearch Betaはシンプルで使いやすく、入力したキーワードの関連語を手軽に調べられるメリットがあります。ただし、キーワードマップが3階層までしか表示できず、キーワード数も少ない点がデメリットです。

キーワードマップを簡易的にチェックしたい場合は、keysearch Betaが適しています。

2-2. KEYWORD FINDER・キーワードマップ

KEYWORD FINDER・キーワードマップは、有料のキーワードマップツールです。有料版ならではの充実した機能で、SEOに役立つキーワードマップを自動取得できます。

KEYWORD FINDER・キーワードマップのメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

・検索ボリュームやSEO難易度まで含めたキーワードマップが出力できる

・初期設定を行うと自動でデータを取得できる

・キーワードマップをPDFで出力できる

・自社サイトの順位変動も調査できる

デメリット

・利用時に月額コストがかかる

・最低契約期間が3ヶ月間からとなっている

KEYWORD FINDER・キーワードマップは、単に関連キーワードを取得するだけではなく、SEO難易度や検索ボリュームまで含めたデータを取得できるメリットがあります。ただし、利用に月額コストが発生する点や、契約は最低3ヶ月間からとなっている点がデメリットです。

KEYWORD FINDER・キーワードマップには、3つの料金プランがあります。

プラン名 料金 内容
スタンダード 月額50,000円(税抜)

・3サイトまで登録可能

・管理キーワード数2,000件

・導入コンサルティング

・電話、メールサポート

プロフェッショナル 月額100,000円(税抜)

・10サイトまで登録可能

・管理キーワード数5,000件

・導入コンサルティング

・電話、メールサポート

エンタープライズ 月額200,000円(税抜)

・30サイトまで登録可能

・管理キーワード数15,000件

・導入コンサルティング

・電話、メールサポート

キーワードマップを本格的に活用したい場合は、KEYWORD FINDER・キーワードマップの導入を検討しましょう。

2-3. OMUSUBI

OMUSUBIは、無料で利用できるキーワードマップツールです。OMUSUBIのURLにアクセスし、入力欄にキーワードを入れるとキーワードマップが出力されます。

OMUSUBIのメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット

・コストがかからない

・登録不要で使える

・複合語のキーワードマップも作成できる

デメリット

・検索ボリュームが表示されない

・キーワードマップの出力スピードが比較的遅い

OMUSUBIはコストをかけずに、複合語のキーワードマップを手軽に出力できるメリットがあります。ただし、検索ボリュームが表示されない点や、出力スピードの遅さがデメリットです。

複合語のキーワードマップを手軽にチェックしたい場合は、OMUSUBIが適しています。

2-4. Keywordmap

Keywordmapは、有料のキーワードマップツールです。キーワードマップの出力のみならず、競合調査など総合的な情報分析に活用できます。

Keywordmapのメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット

・充実したキーワードマップが作成できる

・競合サイトの広告やユーザーのトレンドまで分析できる

・操作画面が使いやすい

・レポートの出力機能も充実している

デメリット

・利用時にコストがかかる

・年間契約となっている

Keywordmapは、SEO対策に役立つ総合的なデータを抽出できるメリットがあります。ただし、利用コストが発生する点や、年間契約となっている点がデメリットです。

Keywordmapの利用料金は、公式ページのお問い合わせフォームから資料請求することで確認できます。導入を検討したい人は、資料請求を行いましょう。

3. キーワードマップの効果的な活用方法

キーワードマップを作成すると、単に関連性の高いキーワードを把握できるだけではなく、SEOに強いコンテンツを作る際にも活用できます。キーワードマップをもとにWebサイト全体の構成や各ページの内容を考えることで、ユーザーのニーズに応じたコンテンツの作成が可能です。

ここでは、キーワードマップを活用してSEO効果の高いコンテンツを作るポイントについて解説します。

3-1. キーワードからコンテンツの方向性を考える

Webサイトのコンセプトや全体構成など、コンテンツの方向性を考える際は、キーワードマップに表示されたキーワード群を参考としましょう。

関連語の数が特に多いキーワードは、ユーザーからの検索ニーズが高いと考えられます。そのため、キーワードマップ上で目立つキーワードを選ぶと、より多くのユーザーを満足させられるコンテンツ制作につながります。

また、キーワードマップからはターゲットとなるユーザーの属性も絞り込めます。たとえば、英語学習に関するサイトを作る場合は、「社会人 英語学習」「ビジネス英語」などのキーワード群が見つかった際には、社会人向けのコンテンツでSEOが可能です。

キーワードマップから読み取れるユーザーの属性やニーズを考慮して、コンテンツ設計を行いましょう。

3-2. キーワード間の関連性を意識してコンテンツを作る

SEO対策を行う際は、関連性の高いWebページ同士をリンクで結びつける内部対策が効果的です。キーワードマップによってキーワード間の関連性を意識すると、結びつけるべき関連コンテンツが把握できます。

キーワードの検索数や関連性は徐々に変化するため、キーワードマップを定期的に見直してWebサイトのコンテンツに反映することが大切です。キーワードマップによって確認される変化に基づき、ユーザーのニーズに応えられるWebサイトを構築しましょう。

まとめ

キーワードマップとは、関連性の高いキーワードをまとめて表示したマップのことです。キーワードマップを作成することにより、SEO対策に有用なキーワードを網羅的に把握できます。

キーワードマップを作成するツールは複数あり、無料ツールではkeysearch BetaやOMUSUBIなどが人気です。有料ツールには、KEYWORD FINDER・キーワードマップやKeywordmapなどがあります。

キーワードマップを活用する際は、キーワードからコンテンツの方向性を考えることや、キーワード間の関連性を意識することが重要です。Webサイトを上位表示させたい人は、ぜひキーワードマップを使ってみてはいかがでしょうか。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY