ソフト404エラーとは?発生する原因から対処法までを紹介

SEO

ソフト404エラーとは?発生する原因から対処法までを紹介

ソフト404エラーは、コンテンツの情報がないにもかかわらず、クローラーにWebページの存在が誤認され、検索結果に反映されている状態です。通常の404エラーよりも気付きにくいため、見逃してしまうことも少なくありません。

ソフト404エラーは基本的にSEOへの大きな影響がないとはいえ、エラーの一つであるからには早めに対処したい問題です。

今回は、ソフト404エラーの意味や404エラーとの違い、発生する原因・調べ方・対処法について解説するためぜひ参考にしてください。

1.ソフト404エラーとは?

ソフト404エラーとは、本来HTTPステータスコードが「404」で送られるべき「情報が存在しないURLへのアクセス」に対し、「200」で送信される状態のことです。

「200」で送信される状態であっても、ユーザーのブラウザには通常の404ページと同じく、「ページが存在しません」などとエラーページが表示されます。

実際には指定のコンテンツが存在せず、ユーザーから閲覧できない状態であるものの、検索エンジンからは「閲覧可能なコンテンツ」として認識されている状態です。反対に、Webページ自体が存在していながら価値がないコンテンツと誤判定され、ソフト404エラーに分類されるパターンもあります。

1-1.404エラーとの違い

一般的なソフト404エラーと404エラーの違いは、下記のとおりです。

ソフト404エラー
実際のコンテンツ 存在しない
Webページ上の表示 404ページ
HTTPステータスコード 200 OK
検索エンジンからの認識 コンテンツがあると認識
404エラー
実際のコンテンツ 存在しない
Webページ上の表示 404ページ
HTTPステータスコード 404 Not Found
検索エンジンからの認識 コンテンツが存在しないと認識

ソフト404エラーと404エラーの違いは、返されるHTTPステータスコードの値、および検索エンジンからの認識にあります。

「アクセスされたWebページ(コンテンツ)が存在しない」状態にあることは、ソフト404エラーと404エラーのどちらも同じです。しかし、ソフト404エラーではコンテンツが正しく表示された場合の「200」コード、対して404エラーではコンテンツが存在しない「404」のコードが送られます。

また、検索エンジン(クローラー)は、HTTPステータスコードの情報を認識し、コンテンツの有無を判断します。そのため、実体のないURLを継続してクロールし、検索結果にも反映されてしまうという事態が起こりえます。

1-2.SEOに与える影響

ソフト404エラーは、SEOへの影響がほとんどないとされます。Webサイト内にソフト404エラーが存在しても、Googleからはペナルティが与えられないためです。

しかし、Google検索セントラルは、「検索順位などに対する大きな影響はないものの、ソフト404エラーの存在を無視することは推奨できない」と提唱しています。

出典:Google検索セントラル「ソフト 404 エラー」

ソフト404エラーがあると、本来必要ないページにもクロールのリソースが割かれるため、Webサイト全体に対するクロール効率が悪くなる傾向です。また、閲覧できないコンテンツが検索対象に入ることで、ユーザーの不満が高まります。

2.ソフト404エラーが発生する主な原因

ソフト404エラー発生の主な原因は、本来404エラーとしてHTTPステータスコードを送るべきWebページに対して、正しく404設定ができていないことにあります。ECサイトなど、Webページを自動的に生成する、データベース連動型のWebサイトで発生しやすい設定ミスです。

例えば、指定されたIDに該当する商品が存在しない場合に備えて、標準的な404ページではなくWebサイト独自の告知ページを用意するケースがあります。「その商品はありません」と宣言するWebページ自体は存在するものの、「商品のページ」自体は存在しないため、本来は404のコードが送信されるべきページです。

独自の404ページを表示する場合は、HTTPステータスコードにも404で返すシステムを組み込まなければなりません。しかし、プログラムの漏れ・ミスによって404設定ができていないと、ソフト404エラーの発生原因となります。

他にも、Apache・NginxなどのWebサーバーや.htaccessの設定・記述ミス、などが原因として挙げられるでしょう。また、コンテンツのクオリティが低い・量が少ないことが理由で、クローラーがうまくリソースを読み込めずに、ソフト404エラー扱いとなるケースもあります。

3.ソフト404エラーの出たコンテンツの調べ方

どのコンテンツにソフト404エラーが出ているかは、「Google Search Console」を使い、調べることが可能です。

ソフト404エラーの出たコンテンツを調べる手順

(1) 「Google Search Console」のメインメニューから、「インデックス」内の「カバレッジ」を選択する
(2) メイン画面の「エラー」もしくは「除外」項目にチェックを入れる
(3) メイン画面下段に表示される詳細に、「送信されたURLはソフト404エラーのようです」があればクリックする
(4) エラーが検出されたWebページのURLが一覧で表示される

「エラー」の項目で表示された場合はXMLサイトマップ送信時、「除外」の項目で表示された場合はクローラーによるソフト404エラーの発見です。検出されたURLをチェックしてエラーが生じている原因を特定し、対処しましょう。

4.ソフト404エラーの対処法3つ

Webページにソフト404エラーが発生している場合は、主に3つの方法で対処可能です。ここでは、ソフト404エラーに対処する方法と注意点を解説します。

なお、解決方法を実行した後は、必ず「Google Search Console」上で「修正を検証」を行い、エラー対象ページの問題修正に成功しているか確認することが大切です。

4-1.HTTPステータスコードを変更する

プログラムのミス・漏れによってソフト404エラーが生じている場合は、HTTPステータスコードを変更することで対処しましょう。

指定されたURLに対して表示できるWebページが存在しない場合は、「404(Not Found)」や、ページ消滅済みを意味する「410(Gone)」のコードを送るよう設定します。すでに移動済みのWebページにソフト404エラーが表示される場合は、該当するURLへのリダイレクトを示す「301(Moved Permanently)」設定が適切です。

また、.htaccessに設定を行う場合は、URLの記述ミスに注意しましょう。.htaccessへの記述を絶対パスで行うと、ソフト404エラーの原因となります。.htaccessへ404設定を行う際は、「ErrorDocument 404 /404.html」のように相対パスでの記述が必要です。

4-2.コンテンツの質やリソースを見直す

コンテンツに価値がない・適切に読み込めないと判断され、ソフト404エラーが生じている場合は、Webサイトの構成内容を見直しましょう。下記は、コンテンツの質やリソースが原因でエラーが生じた場合の原因と対処法です。

コンテンツの質が低い・少ない
対処法 コンテンツのオリジナル性を高めて量を増やす
画像やプログラムが重く、Webページの表示速度が遅い
対処法 読み込み速度の改善を図り不要なリソースを削除する
robots.txtなどによってクローラーの行動が阻害されている
対処法 Googleなど、検索エンジンがWebページにアクセスできるようにする

上記の原因でソフト404エラーが生じている場合は、本来インデックスさせたいページで起こっている可能性が高いです。該当ページがインデックスされず、検索結果にも表示されていない恐れがあるため、早急な対処がおすすめです。

4-3.インデックスが必要ない場合はnoindexを使う

ソフト404エラーと判断されたWebページが、インデックスや内容・コードの変更を必要としない場合は、noindexタグを設定しましょう。noindexタグは、Webページのhead要素へ下記のコードを記述します。

<meta name="robots" content="noindex">

HTMLサイトマップページ・404ページなど、「そのままで残す必要はあるが検索結果に表示される必要はない」ページにはnoindex設定が適切です。ただし、noindexを設定しても、クロール自体は行われます。

まとめ

ソフト404エラーは、「コンテンツが存在しない」はずのWebページが「コンテンツがある」とクローラーに誤認されることで起こるエラーです。基本的にSEOへの影響はないものの、クロールの効率が落ちたりユーザーの不満が高まったりするため、エラーの放置は推奨されていません。

ソフト404エラーを発見した際は、HTTPステータスコードの変更やリソースの見直しなどを行いましょう。Webページは残しつつインデックスを避けたい場合はnoindexを使うなど、エラー原因に合わせて対処することが大切です。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY