YouTube‌検‌索‌で‌上‌位‌化‌す‌る‌た‌め‌の‌ポ‌イ‌ン‌ト‌|‌評‌価‌の‌要‌素‌も‌解‌説

SEO

YouTube‌検‌索‌で‌上‌位‌化‌す‌る‌た‌め‌の‌ポ‌イ‌ン‌ト‌|‌評‌価‌の‌要‌素‌も‌解‌説

動画コンテンツの重要性が高まっている現在、YouTubeはコンテンツマーケティングに欠かせない存在です。コンテンツマーケティングで結果を出すためには、YouTube検索で動画コンテンツを上位化させる必要があります。

当記事では、YouTube検索で上位化するためのポイントを解説します。また、どのような要素が検索で評価されているか、実際に動画を制作する際のコツも紹介するため、YouTube検索の上位化に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

1.コンテンツマーケティングの重要な要素となるYouTube

従来のコンテンツマーケティングでは、文章や画像がメインコンテンツとして重視されてきました。しかし、近年では動画の重要性がアップし、コンテンツマーケティングに欠かせない存在となっています。

動画コンテンツがYouTuberやインフルエンサーのものというイメージは、既に過去のものです。これからは、一般企業もYouTubeチャンネルを利用したコンテンツマーケティングに力を入れていく必要があります。

SimilarWeb「上位ウェブサイトランキング」によると、世界でもっとも閲覧されているWebサイトはGoogleですが、第2位はYouTubeです。YouTubeは全世界に20億人以上のユーザー数を誇り、全インターネット人口の3分の1を占めています。

出典:SimilarWeb「上位ウェブサイトランキング」

また、YouTubeはGoogle傘下のサービスのため、検索画面で上位表示される傾向があります。YouTube検索で上位表示されるコンテンツはGoogleでも検索順位が上位になることが多く、SEOへの影響は見逃せません。Googleだけでなく、Yahoo!やBeingなどの大手検索エンジンでも動画コンテンツが検索結果に表示されます。

これからコンテンツマーケティングを行う企業にとって、YouTubeに注目することは非常に有用です。YouTubeで自社の動画コンテンツの注目を集めるために、YouTube検索で上位化することに力を入れましょう。

2.YouTube検索の3つの評価要素

YouTube検索で上位化を目指すためには、YouTubeの検索アルゴリズムを知っておくことが大切です。GoogleはYouTubeの検索アルゴリズムを公式に発表しており、主に下記の3つの要素を重視しています。

YouTube検索の3つの評価要素
関連性 検索時のキーワードと動画コンテンツの関連性の高さを評価します。タイトルやタグだけでなく、動画の概要欄の文章やコンテンツ内容など、さまざまな要素が影響します。
エンゲージメント ユーザーごとにカスタマイズされた情報をもとに、ユーザーが好む内容や類似コンテンツを評価します。ユーザーの視聴時間や登録チャンネル、高評価動画などの要素が影響します。
品質 Googleの品質評価ガイドラインで重要視されている「E-A-T」をもとに評価します。専門性・権威性・信頼性の高さが影響し、特定のジャンルにおいて非常に重視されています。

YouTubeはGoogle検索に比べ、よりユーザー行動に最適化された検索アルゴリズムを採用しているといわれています。YouTubeで上位表示を目指すためには、これらの評価要素を取り入れ、視聴者ニーズに沿ったわかりやすいコンテンツ作りを目指しましょう。

3.YouTube検索で評価される動画を制作する3つのポイント

YouTube検索で評価される動画を作るためにはコツが必要です。どれだけ面白い動画を制作しても、YouTube検索で評価されなくてはランキングに上位表示されません。

ここでは、YouTube検索で評価される動画を制作するためのポイントを3つ解説します。

3-1.バズりやすい動画内容を選ぶ

動画コンテンツを効率よく上位表示させるためにはバズることが近道です。「バズる」とはSNSなどの口コミで情報が拡散され、爆発的に広がることを意味します。YouTube動画はSNSとの親和性が高く、人気や話題の動画は瞬時に拡散してバズります。

一度バズった動画は再生回数と総再生数時間が伸び、注目動画として上位表示されることがほとんどです。バズりやすい動画のジャンルには、下記のようなものがあります。

  • 面白系
  • ハウツー
  • レビュー
  • 実験
  • スポーツ
  • チュートリアル
  • フィットネス

バズる動画を作ることは非常に難しいため、バズりやすい動画カテゴリを選ぶことで、ヒットの打率を上げていきましょう。

3-2.キーワードを設定して動画を制作する

YouTubeでも、GoogleのSEO対策と同様にキーワード選定が重要です。狙いたいキーワードは、動画を制作する前に設定します。動画コンテンツは、記事コンテンツと違って完成後の修正が困難です。企画段階で設定したキーワードをもとに、コンテンツを作成するようにしましょう。

YouTubeの検索窓にキーワードを入力すると、サジェストキーワードが表示されます。メインキーワードとサジェストキーワードを参考にして、ユーザーのニーズが高いキーワードを見つけてください。YouTubeアナリティクスや各キーワードの月間検索ボリュームを参考にすると、キーワードの競争率がわかります。

キーワードが決まったら、同じキーワードで上位表示されている関連動画を徹底的に調査しましょう。上位の動画を分析することで、ユーザーに求められている内容を知ることができます。

3-3.ユーザーニーズを最優先して動画を制作する

動画制作の際は、ユーザーニーズを最優先しましょう。視聴者は動画視聴に慣れていることが多く、自分に関係ないと判断された動画はすぐにページ離脱されてしまいます。

ユーザーの求める情報をすばやく表示するために、前置きの長い動画は避けましょう。理想は、開始から10数秒以内にユーザーの心をつかむ動画作りです。これから始まる内容を端的に解説して、ユーザーの興味を引いてください。

動画企画は、キーワードをもとに「ユーザーが何を求めているか」を考えて作ります。サジェストキーワードの内容も考慮し、検索意図を網羅しましょう。競合動画にはない要素を取り入れることで、さらに上位表示が期待できます。積極的に上位表示を取って登録者数を増やし、さらなる収益化を目指しましょう。

4.YouTube検索で上位表示させるための2つのテクニック

YouTube検索で上位表示させるためには、コンテンツの内容だけでなく、投稿する動画の設定にもコツがあります。YouTube動画のSEO対策は、上位表示に欠かせません。

ここからは、YouTube検索で上位表示させるための基本的な方法を2つ解説します。

4-1.メタデータの最適化

メタデータとは、データの説明書のようなものです。YouTube動画の場合、タイトルや説明欄などを指します。メタデータを最適化することで、YouTubeやGoogleの検索結果で上位表示される可能性がアップします。

YouTube動画のメタデータを最適化するためには、下記の要素が重要です。

  • タイトル文
  • 説明文
  • カテゴリ
  • タグ

すべての要素にキーワードを含めることで、検索での評価が高まります。特にタイトルはユーザーにとって視聴を決める大切な要素のひとつです。タイトルの長さは全角で30文字前後にし、キャッチーでわかりやすいタイトルをつけましょう。

また、動画のファイル名にキーワードを入れることもポイントです。

4-2.サムネイル画像の工夫

サムネイル画像とは、動画の検索結果に表示される画像のことです。タイトルと同様に重要なポイントで、動画のクリック数や視聴回数を大きく左右します。サムネイル画像に魅力がないと、ユーザーは動画を再生してくれません。検索上位を取るためにも、ユーザーがクリックしたくなるようなサムネイル画像を工夫しましょう。

サムネイル画像は自動生成できますが、独自の画像を作成することがおすすめです。YouTubeで高い評価を得ているアカウントの多くは自作のサムネイル画像を使用しています。競合動画や人気の動画投稿者の動画を参考にして、魅力的なサムネイル動画にしてください。

まとめ

これからの時代は、記事コンテンツだけでなく動画コンテンツが重視される時代です。動画コンテンツで評価されるためには、YouTube検索で上位を狙う必要があります。

YouTube検索では、Googleとは異なる検索アルゴリズムが適用されており、独自のSEOテクニックが必要です。

動画コンテンツを上位表示させるためには、キーワード選定をしっかり行い、ユーザーニーズにあった動画を作りましょう。

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY