ペイドメディアとは?種類と成功事例3つ・アーンドメディアとの違い

広告

ペイドメディアとは?種類と成功事例3つ・アーンドメディアとの違い

「ペイドメディア」という用語を見聞きしたことがあっても、ほかの広告との違いや具体的な活用方法がわからない方もいるでしょう。自社の商品やサービスを効果的に宣伝するには、ペイドメディアの特徴やほかのメディアとの違いを知ることが重要です。

この記事では、ペイドメディアの概要やペイドメディアに含まれる3種類の広告、ペイドメディアの成功事例について解説します。ペイドメディアに対する理解を深めたいWebマーケティング担当者の方や、企業経営者の方はぜひ参考にしてください。

1.ペイドメディアとは

ペイドメディアとは、費用の支払いが発生するタイプの宣伝媒体のことです。自社の商品やサービス、ブランドなどの認知を広げる際には、さまざまな宣伝媒体を活用できます。宣伝媒体の種類によって、広告費の有無やターゲット層などは異なります。広告費がかかる宣伝媒体をほかと区別するために、ペイドメディアと呼ばれるようになりました。

ペイドメディア以外の主な宣伝媒体には、オウンドメディアとアーンドメディアがあります。

1-1.オウンドメディア・アーンドメディアとの違い

オウンドメディアはWebサイトやブログなど、自社が運営する媒体です。アーンドメディアは、SNSやブログサービスなど、ユーザーが情報発信するタイプの媒体を指します。

ペイドメディアとオウンドメディア、アーンドメディアの主な違いは次のとおりです。

ペイドメディア
広告費 必要
情報発信者 自社
ターゲットの数 予算により可変
情報の拡散スピード 遅い
オウンドメディア
広告費 不要
情報発信者 自社
ターゲットの数 限定的
情報の拡散スピード 遅い
アーンドメディア
広告費 不要
情報発信者 ユーザー
ターゲットの数 拡散された場合は多い
情報の拡散スピード 速い

ペイドメディアは広告費が必要であることに対して、オウンドメディアとアーンドメディアは広告費がかかりません。また、ペイドメディアで自社の商品やサービスを認知させられるターゲットの数は、広告予算によって異なります。一般的に、高い広告費を支払うほど、より多くのターゲットに広告を配信できることがペイドメディアの特徴です。

オウンドメディアのターゲット数は、自社メディアの利用者に限定されます。それに対してアーンドメディアはターゲットのコントロールが難しいものの、情報が拡散された場合は幅広いユーザーへの認知拡大を図ることが可能です。また、アーンドメディアはほかのメディアと比較して消費者からの信頼性が高いため、話題となった情報は速やかに拡散されます。

2.ペイドメディアの種類3つ|それぞれのメリット・デメリットも

ペイドメディアとオウンドメディア・アーンドメディアは「トリプルメディア」と呼ばれ、主要な媒体として重視されてきました。しかし、最近では情報共有機能を持つSNSの影響力が高まったため、アーンドメディアの一部が新たに「シェアドメディア」として捉えられています。

これらの4種類のメディアは、それぞれの頭文字をとって「PESOモデル」と呼ばれます。今後の販促やブランディング施策では、各メディアの特徴を活かして運用することが大切です。

ここでは、ペイドメディアに分類される3種類の広告について解説します。

2-1.インターネット広告

インターネット広告は、Webサイトやブログ上にある広告枠や、検索エンジンの結果画面などに掲載できる広告です。また、SNSが運営する広告配信サービスもインターネット広告に含まれます。

インターネット広告のメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
  • ターゲットの興味関心や年齢、地域などが細かく指定できる
  • 自社の広告予算に合わせて低コストから利用できる
  • クリック課金型広告の場合、広告がクリックされない限り広告費がかからない
  • 広告の表示回数やクリック数、成果につながった件数などを正確に把握できる
  • 広告出稿から掲載開始までの期間が短く、即効性が高い
デメリット
  • 広告運用のノウハウがないと正しく活用できない場合がある
  • SNSでは広告によるプロモーションが炎上する危険性がある

インターネット広告は、ターゲットや広告費を細かく設定できるため、見込み度の高いユーザーを狙って認知を広げられます。ただし、インターネット広告は反応のよい広告文やバナー広告の画像を作るノウハウが必須です。また、SNS広告ではユーザーからのネガティブな反応を避けるため、広告内容や表現に十分に注意する必要があります。

2-2.4マス広告

「4マス」とは、テレビとラジオ、新聞、雑誌の総称です。4マス広告では、テレビや新聞など主要なマスメディアから情報を得ているユーザーに対して自社の宣伝ができます。

4マス広告に含まれる各媒体のメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
テレビ
  • 多くのユーザーに認知されやすい
  • タレントなどを起用すると信頼を得やすい
  • 音と映像による効果で記憶に残りやすい
ラジオ
  • ターゲットユーザーを絞りやすい
  • 広告制作や放送のコストがテレビよりも安い
  • 地域密着型の宣伝に向いている
新聞
  • 社会的な信頼性が高い
  • 短期間で掲載を開始できる
雑誌
  • ターゲットユーザーを絞りやすい
  • 広告の効果が持続しやすい
  • 記事広告は読者からの信頼を獲得しやすい
デメリット
テレビ
  • 広告制作や放送に多額のコストがかかる
  • 制作から放送開始まで時間がかかる
  • 録画視聴の場合はCMを飛ばされる可能性がある
ラジオ
  • 音声だけのため伝えられる情報量が限られる
  • ほかのことをしながら聞いているユーザーが多い
新聞
  • 広告の効果が持続しにくい
  • 新聞を購読していない世代に届きにくい
雑誌
  • 広告の入稿から掲載までに比較的時間がかかる
  • 潜在顧客の発掘に向いていない

4マス広告では、信頼性の高い情報を多くのユーザーに広められます。ただし、広告コストやコンテンツ制作費がかかるため、予算に合う媒体を選ぶことが大切です。また、広告掲載開始までの日数や、広告効果が持続する期間も確認する必要があります。

2-3.セールスプロモーション広告

セールスプロモーション広告とは、販売促進を目的とした広告のうち、インターネット広告や4マス広告に含まれない広告の総称です。たとえば、デジタルサイネージやラッピングカー、チラシ、交通広告などがセールスプロモーション広告に含まれます。

セールスプロモーション広告のメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
  • 4マス広告と比較してコストが安い
  • 人通りのある場所では多くの認知が得られる
  • 地域を限定したプロモーションができる
  • イベントや展示会では潜在顧客を発掘しやすい
デメリット
  • 屋外広告は効果測定が難しい場合がある
  • 広告クリエイティブを作成するためのノウハウが必要となる

セールスプロモーション広告は比較的安いコストで、地域や属性を限定した販促ができます。ただし、セールスプロモーション広告を活用する際は、各媒体に合わせて反応のよい広告クリエイティブを作成するノウハウが必要です。

3.ペイドメディアの成功事例3つ

ペイドメディアを活用する際は、他社の成功事例が参考となります。具体的な成功事例と、ペイドメディアを活用する際のポイントは次のとおりです。

・VISA JAPAN(インターネット広告)

VISA JAPANでは、Instagram上で18歳から25歳の若年層向けの広告を展開しました。VISA JAPANが提供するVisaデビットの利便性を動画広告で効果的に伝えることで、興味を持ったターゲットユーザーをキャンペーンサイトへ誘導しています。Instagramストーリーズの縦長画面を活用するため、画面サイズに合わせた広告クリエイティブを作成したことがポイントです。

・Bookoff Online(インターネット広告)

Bookoff Onlineでは、Twitter上で継続的な広告を展開しています。スマートフォン向けサイトへの集客が、Bookoff OnlineがTwitter広告を使用する目的です。

Twitter広告の活用により、広告利用以前に1年間かかったフォロワーの増加数を、わずか1か月で達成しています。広告配信時のキーワード設定などを細かく管理している点がポイントです。

・パナソニック(4マス広告|新聞広告)

パナソニックでは、新聞広告を活用して自社のSDGs活動を広める施策を行っています。子どもや親を対象としたブランドイメージの向上と、SDGs自体の認知を広めることが広告の目的です。パナソニックの新聞広告では、子どもが楽しめるコンテンツとして塗り絵が掲載されました。

塗り絵のイラストや配色がSDGsに含まれる17のゴールに対応しているため、親子で楽しみながらSDGsへの理解を深めることが可能です。広告の目的に合わせて、適切な広告媒体やクリエイティブを選んだことがポイントとなっています。

このように、ターゲットとするユーザーの年齢・よく利用する媒体、広告の目的などにより、適切なペイドメディアの展開方法は異なります。ペイドメディアを活用する際は、まずターゲットユーザーをリサーチし、効果的な宣伝方法を考えるとよいでしょう。

まとめ

ペイドメディアとは、広告費を支払って掲載するタイプのメディアのことです。自社の商品やブランドの認知を高めるための媒体としては、ペイドメディアのほかにオウンドメディアやアーンドメディアなどがあります。

ペイドメディアに含まれる宣伝方法は、インターネット広告・4マス広告・セールスプロモーション広告の3種類です。種類によってコストやターゲット層が異なるため、各広告のメリットとデメリットを押さえて活用する必要があります。ペイドメディアに注力したい方は、今回紹介した成功事例も参考にしてください。

無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
無料のSEOツール「CANALY」を使うと何ができるの?製品デモオンラインセミナー
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY