3C分析とは?SWOT分析との違いからやり方・事例まで紹介

Webマーケティング

3C分析とは?SWOT分析との違いからやり方・事例まで紹介

マーケティングについて調べる中で「3C分析」と呼ばれる手法を見聞きしたものの、具体的な方法がわからず気になった方も多いのではないでしょうか。3C分析には効果的な進め方があり、正しく実行することで業績を上げるためのヒントを得ることが可能です。

当記事では、3C分析に含まれる分析項目や「SWOT分析」との違い、3C分析のやり方、有名企業をテーマとした具体例について解説します。3C分析を正しく理解し、マーケティング戦略に活かしましょう。

1.3C分析とは?3つの環境別に把握すべき項目も

3C分析とは、企業の業績を高める際に有用な分析手法です。市場環境と顧客を表す「Customer」、競合を表す「Competitor」、自社を表す「Company」の頭文字にある3つのCにちなんで3C分析と呼ばれます。

企業の業績を高める際は、事業の課題や外部環境など、複数の要因について考えることが重要です。3C分析を行うことで、商品開発やマーケティングに必要な項目に関して抜け漏れなく考慮できます。

1つ目のCである「市場環境・顧客」は、商品やサービスの購入者について分析する視点です。市場環境・顧客に含まれる主な要素として、次の項目が挙げられます。

市場環境・顧客

  • 市場の規模や成長段階
  • 市場の将来性
  • 顧客の悩みや求めていること
  • 顧客のライフスタイルや消費の動向
  • 顧客の購買能力

2つ目のCである「競合環境」は、自社と同じ顧客を対象とした商品やサービスを販売する他社について分析する視点です。競合環境に含まれる主な要素として、次の項目が挙げられます。

競合環境

  • 競合他社の市場シェア
  • 競合他社の商品・サービスが持つ強み
  • 自社と異なる業界で競合する可能性がある代替商品や事業
  • 競合他社が今後取り得る事業戦略

3つ目のCである「自社環境」は、自社のリソースや経営状態について分析する視点です。自社環境に含まれる主な要素として、次の項目が挙げられます。

自社環境

  • 商品やサービスごとの売上、利益、販売件数
  • 自社の商品・サービスが持つ強み
  • 積極的に注力すべき事業や部門
  • 自社の掲げる理念やビジョン

1-1.「3C分析」と「SWOT分析」の違い

事業経営で活用されるフレームワークである「SWOT分析」は、3C分析と似ているため、混同されやすい手法です。しかし、SWOT分析と3C分析では、分析する際に注目するポイントや利用目的が異なります。

そもそもSWOT分析のSWOTとは、次の4つの頭文字を取った略称です。

  • Strengths(強み)
  • Weaknesses(弱み)
  • Opportunities(機会)
  • Threats(脅威)

SWOT分析では、上記の4つの視点に基づいて自社のリソースや内部環境を整理します。3C分析が顧客や競合など社外の要素を加味することに対して、SWOT分析は主に社内の要素を分析する点が大きな違いです。

また、3C分析は事業の方針や商品企画、販売戦略などを具体的に決めることを目的としています。一方、SWOT分析は自社の状況を客観的に把握し、目標達成のための準備を整えることが主な目的です。

2.3C分析の必要性

3C分析によって社内外の状況を客観的に把握すべき理由として、次のような項目が挙げられます。

・情報の見落としを防ぎ、リスクを回避するため

3C分析のフレームワークを利用せずに情報収集を行った場合、視点が偏ってしまう傾向です。競合の商品や市場などの外部要因について分析したものの、社内で生じているリソースの不足に気づかないなど、情報を見落としてしまう可能性があります。情報の見落としによって生じるリスクを回避するためには、3C分析が必要です。

・活用できていないリソースを見つけ、有効利用するため

事業改善や課題の解決に役立つリソースやデータがすでに社内にあったとしても、社内の誰かがそのことに気づかなければ活用されません。3C分析によって社内外の状況を漏れなくチェックすることで、経営資源の有効活用が可能です。

・事業に対する認識を社内で共有するため

部門や立場が異なると、事業やビジネス戦略に対する認識にずれが生じる場合があります。3C分析によって社内外の状況を具体的に明文化することで、事業に対する認識を社内で共有し、よりスムーズな連携が可能です。

3.【3つの環境別】3C分析のやり方

3C分析では、3つの環境別に分析のやり方が異なります。また、3つの環境を分析する順番も重要です。最初に市場環境・顧客について分析したうえで、競合環境と自社環境について分析すると効率的に作業を進められます。

3つの環境について3C分析を行う際のやり方は次の通りです。

3-1.市場環境・顧客

市場環境を分析する際は、市場全体をさまざまな視点で捉えることが重要となります。市場全体を捉える際の考え方は、「PEST分析」と呼ばれる手法が有用です。PESTは「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」を表します。政治動向や法改正、経済の動向、社会的なトレンド、最新技術について分析しましょう。

顧客について分析する際は、自社がターゲットとする顧客層についてリサーチします。自社の顧客層が利用している商品やサービス、購買行動に至る理由などを分析しましょう。顧客分析では、購買履歴や年齢層、ライフスタイルなどのリサーチのほか、アンケート調査も効果的です。

3-2.競合環境

競合環境を分析する際は、自社と競合する他社が出している結果と、結果を出すに至った成功要因について分析することが重要となります。競合企業が出した結果として分析すべき主な項目は次の通りです。

  • 売上、利益
  • 顧客数、商品販売数

上記の項目について、調査が可能な範囲で情報を集めましょう。また、結果を出すに至った要因では次の項目を分析する必要があります。

  • 競合他社の商品が持つ強み
  • 販促に用いた手法や販促費
  • ビジネスモデルや社内リソース

競合企業の強みをリサーチする際は、競合他社の商品を購入したユーザーからの口コミや評判なども有益な情報源です。

3-3.自社環境

自社環境を分析する際は、すでに調べた市場や顧客、競合に関する情報と自社のリソースを比較することが重要となります。市場の変化や顧客のニーズ、競合に対して自社がどのように対応しているかを分析しましょう。

自社環境について分析する際は、「VRIO分析」と呼ばれる手法が有用です。VRIOは次の4つの項目を表します。

  • Value(経済的な価値)
  • Rarity(希少性の高さ)
  • nimitability(真似されにくさ)
  • Organization(組織)

これら4つの視点に基づいて分析すると、自社の特徴を客観的に評価することが可能です。顧客のニーズに対してどのような価値を与えるか、自社の戦略が他社から真似されるリスクはどの程度かなどを分析しましょう。

4.有名企業をテーマにした3C分析の事例

最後に、有名企業をテーマとして3C分析の具体例を紹介します。カフェ業界で成功を収めているスターバックスコーヒーを3C分析した例は次の通りです。

3C分析 解析結果
市場環境・顧客
  • カフェ業界の市場規模は安定傾向、直近20年間は約10億~12億円で横ばい
  • カフェの件数は2008年度ごろをピークに減少傾向
  • コンビニでのコーヒー販売など、新規参入する競争相手が多様化
  • 1世帯あたりの喫茶代の支出は増加傾向
  • 従来のカフェではメニューの少なさや、くつろげない点に不満を持つ消費者が存在
競合環境
  • ・一般的なカフェでは店舗面積あたりの座席数が多い傾向
  • ・フランチャイズ形式のカフェは店舗による品質の差がある
  • ・一般的なカフェ店は商品の種類が少ない
  • ・低価格の競合他社は1杯200円以下、ホテルなどでは1杯600円以上が主流
自社環境
  • スペシャリティコーヒーストアとして品質にこだわった豊富な商品を提供
  • 直営店のため品質のばらつきが小さい
  • スタッフのサービス品質にも注力
  • 内装のおしゃれさや席のゆとりに配慮

出典:厚生労働省「生活衛生関係営業の生産性向上を図るためのマニュアル」

上記のような3C分析を行うことで、市場における自社の位置づけや差別化戦略、顧客ニーズなどが明らかとなります。

まとめ

3C分析は、事業を成功に導くために役立つ分析手法です。市場環境・顧客と競合環境、自社環境の3つを分析することで、マーケティング施策や経営戦略を効果的に立案できます。

3C分析は環境別に分析のやり方が異なるため、各環境に対する適切な分析方法を知ることが大切です。PEST分析やVRIO分析など、複数のフレームワークを活用して3C分析を実行しましょう。マーケティングや商品企画、事業経営に携わる方は、ぜひ3C分析で社内外の状況を整理してみてはいかがでしょうか。

KEYWORD

初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールCANALY

RANKING

TOTAL
WEEKLY
上部へ戻る
CANALY

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
CANALYを無料で試す
CANALY