403エラーとは?意味・表示される原因・解決策を解説!

サイト制作

403エラーとは?意味・表示される原因・解決策を解説!

Webサイトの閲覧や運営をしているとき、「403 Forbidden」という表示が出て困惑した経験を持つ方は多いのではないでしょうか。403エラーはユーザー側では解決できないことに加え、放置するとサイトが閲覧できない状態が続くため、早めの対処が肝心です。

当記事では、403エラーの基礎知識から原因と対策までを詳しく解説します。403エラーの意味を知りたい方、原因の見つけ方や対策方法が分からない方はぜひ参考にしてください。

1.403エラーとは?

403エラー(403 Forbidden エラー)とは、閲覧禁止を意味するHTTPステータスコードです。HTTPステータスコードは、サーバーからユーザーへ送信される3桁の数字で、正常な場合は200と返されます。403エラーになると、ユーザーはWebページにアクセスできず、内容を閲覧できません。

アクセスできない状態が続くと、検索エンジンから低評価を受ける可能性があります。SEO対策をしても効果が落ちるため、早急に対処することが重要です。

403エラーは運営者側のミスで起こることが多いため、まずはエラーの原因を突き止めましょう。Googleアナリティクスや監視ツールを活用すると、エラーの原因を特定できます。エラーを修正する際は、内容がきちんと反映されるようにキャッシュをクリアしてから更新しましょう。また、早期にエラーを発見できるように、Webサイトに問題がないかをこまめにチェックするのがおすすめです。

2.【サイト閲覧者向け】403エラーの原因と対策

403エラーの原因は、サーバー側の問題や運営者側の設定ミスで起こるため、サイト管理画面にアクセスできないユーザー側では解決できません。そのため、ユーザーはWebページが回復するのを待つか、リロードするなどの方法をとりましょう。いつまでも改善されない場合は、サイトの運営者に問い合わせることをおすすめします。

なお、社内向けのサイトに個人のスマホからアクセスしたことで403エラーが出た場合は、社内ネットワークを使用して接続することで、エラーが解消されることがあります。また、URLが間違っているケースもあるため、閲覧するWebページのURLが正しいかどうかを確認してください。

3.【サイト運営者向け】403エラーの原因と対策

403エラーが表示された際、Webサイト運営者側が対応しないと、いつまでもWebページにアクセスできない状態が続きます。403エラーを見つけたら、早急に原因を究明して問題を解決することが大切です。

ここでは、403エラーの原因を7つと、それぞれの対策について紹介します。

3-1.インデックスが存在しない

サイトのディレクトリにインデックスが存在しないと、403エラーが生じます。インデックスとは、「index.html」「index.php」といった記載があるファイルのことです。サイトにアクセスするときは最初にインデックスが読み込まれるため、インデックスファイルがないとWebページを正常に表示できません。

まずは、サーバーにインデックスがあるかどうか確認してみましょう。「index.html」または「index.php」、どちらか一方でもファイルがない場合は、作成してディレクトリにアップロードします。

また、Webサイトのトップページへインデックスファイルをリダイレクト(転送)する方法でも対処することが可能です。

3-2.アクセス権限・所有権にミスがある

サイトのアクセス権限・所有権(パーミッション)にミスがあり、拒否しなくてよいユーザーのアクセスを禁止していると403エラーが表示されます。アクセス権限・所有権は他者からの書き換えなどを防ぐために必要な設定ですが、設定が厳しすぎる場合は見直しが必要です。

また、「.htaccess」に記述ミスがあるケースも考えられます。「.htaccess」とは、Webサーバーの動作をディレクトリ単位で制御するファイルです。「.htaccess」に除外したいIPアドレスを記述することでアクセスを制御できますが、除外しなくてよいIPアドレスがあると403エラーが生じます。

3-3.アクセス負荷が大きい

Webサイトへアクセスが集中してサーバー負荷が大きくなると、403エラーが表示されることがあります。SNSでWebページの内容が多くの人に拡散されていたり、トレンドの波に乗ったコンテンツにアクセスが集中することも403エラーが出る原因になります。一時的にアクセスが集中する事象が出た場合は注意が必要です。

 

時間が経ってアクセス数が減少すれば解決することもありますが、頻繁に403エラーとなる場合はサーバーの見直しが必要です。サイト規模の拡大を予定している場合も、多数のアクセスに耐えられるサーバーに変更しておくことをおすすめします。

3-4.ファイルのアップロード場所が間違っている

サーバーにファイルをアップロードした際のディレクトリが間違っていると、403エラーが表示されます。ファイルのアップロード先が間違っていないか、一度確認しましょう。

また、ファイルのアップロードにはFTPクライアントというファイルを送受信するツールが使用されます。FTPクライアントの設定が誤っていると、別のディレクトリにファイルがアップロードされるため注意が必要です。

エラーを解消するには、FTPクライアントの設定を見直します。アップロード先のディレクトリを正しく設定し、ファイルを上げ直してエラーが解消されるか確認してみましょう。

3-5.DNSの問題

DNS(Domain Name System)の設定に誤りがあると、403エラーとなることがあります。DNSとは、IPアドレスとドメイン名を紐づけて管理するためのシステムです。ドメインを取得したら、DNSを必ず設定する必要があります。設定不備があったり、紐づけがうまくいっていなかったりすると、403エラーが生じます。

サーバーのコントロールパネルからDNS設定ができるため、誤りがないか確認してください。設定に問題がない場合は、IPアドレスとドメイン名が紐づくまで数時間から数日待ってみましょう。

3-6.WAF機能の誤作動

サーバーのWAF機能が誤作動して、403エラーが出ることがあります。WAF機能とは、IDSやIPS、従来のファイアウォールで防げない攻撃から守るためのセキュリティ対策です。セキュリティの設定が厳しいと正常なWebページもアクセス拒否されるため、エラーが生じます。

解決策として、サーバーの管理画面でWAFの設定を見直す方法があります。WAF機能をオフにして再度オンにしたり、WAFの除外設定で検閲を除外したいIPを設定したりすれば、解決できることがあります。なお、WAF機能をオフにしたままの状態では外部の攻撃に対応できないため、設定が反映された後は必ずオンに戻しておいてください。

詳細な設定方法はサーバーによって異なるため、利用中のサーバー会社に問い合わせましょう。

3-7.レンタルサーバーの問題

レンタルサーバーには、同時アクセス数の上限が設定されていることがほとんどです。アクセス過多によってサーバーダウンすると、403エラーが表示されることがあります。これまで問題なく表示できていたのに突然403エラーが出た場合は、レンタルサーバー側のキャパシティに問題がある可能性が高いです。

サイトへのアクセスが増加している場合は、現状のプランでは大量の同時アクセスに耐えられなくなります。アクセス数を確認し、上位のプランに変更するのがおすすめです。

まとめ

403エラーは、ユーザー側で解消することができません。見たいWebサイトが403エラーになっている場合は、Webサイトの管理者・運営者へ問い合わせましょう。

また、Webサイトの管理者・運営者は早めに原因を突き止め、問題を解消することが大切です。インデックスファイルが存在しているか、「.htaccess」に記述ミスがないかなどを確認してください。

 

403エラーを放置すると、ユーザーがWebサイトを閲覧できない状態が続きます。Webサイトの管理者や運営者は、日頃からWebサイトに403エラーが出ていないかを確認するのはもちろん、エラーを早期発見できる体制を整えておくことが重要です。

Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策 初心者でも使いこなせるSEO一元管理ツールGRAN SEARCH

RANKING

TOTAL
WEEKLY
Googleコアアルゴリズムアップデート~分析結果と対応策
上部へ戻る
GRAN SEARCH

300分かかる競合分析が1分で可能に無料で分析してみる

  • 分かりやすい操作で簡単に分析
  • SEOに必要な機能がAll in One
  • ずっと無料で使い続けられる
GRAN SEARCHを無料で試す
GRAN SEARCH